文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.5.30 「政治に求められていること」

2017/05/30

 そもそも人々が政治に救いを求めるのが大
きな勘違いだとすれば、だからと言って絶望
するしかないわけでもないだろうが、別にそ
れがたわいないことではないのだとしたら、
一応はそこに真剣に検討せざるを得ない課題
があると思っても構わないだろうし、たとえ
それがすぐにどうなるわけでもないとしても、
実際にメディアを通して得られる印象として
は、現状でどうにかしなければならない課題
がいくらでもありそうに思われるのだから、
そのような課題に取り組むのが政治の使命だ
と単純に考えるしかないだろうし、どのよう
な課題に取り組むかで、様々な立場に応じて
見解の相違があるにしても、一応は政治家が
そんな政治的な課題に取り組んでいるらしい
ことは確かなのではないか。一方にどうにか
しなければならない課題があり、もう一方に
それをどうにかしようとする政治家がいるわ
けだ。そんな単純極まりない構図を示してみ
ても、何を述べていることにもならないかも
しれないが、そのどうにかしなければならな
い課題というのが、政治の力ではどうにもな
らないことだとしたらあきらめるしかないが、
実際に政治家は誰もあきらめてはいないのだ
ろうから、少なくとも政治の力でどうにかで
きると信じているのだろうし、そう信じるし
かない現状があるのではないか。しかしその
政治的な課題というのが、結果的に現状を維
持することだとすれば、しかも実際に現状を
維持しようとする政治勢力が世論の支持を得
ているのだとすれば、政治的な課題とは現状
を維持することであり、現状を維持するには
どうしたらいいのかということであり、それ
が政治が最優先に取り組むべき課題だとした
ら、いったい現状とは何なのだろうか。

 例えば現状に作用を及ぼしている様々な力
のせめぎあいの均衡を保てば、現状を維持で
きるだろうか。そこに力の不均衡が生じてい
るとすれば、現状は絶え間なく流動的に変化
しているともいえるだろうが、変化を食い止
めようとすることはできるのかもしれず、不
均衡をもたらすような兆候を察知して、変化
を及ぼす危険性のある芽を事前に摘み取って
おけば、そのような処置を施した部分では現
状を維持できるかもしれないが、それを察知
するには絶え間ない状況への監視が必要とな
ってくるだろうか。だがそうやって監視を強
めること自体が、社会への締め付けを強化す
ることにもなり、それも力を及ぼしているこ
とになるわけだから、一方的な強制措置は力
の均衡が崩れる要因ともなるわけで、結果的
に現状の変化を促してしまうことにもなるだ
ろうし、では現状を維持するには何もしなけ
ればいいのかといえば、放っておいてもそこ
に及ぼされる様々な力が自然に強まったり弱
まったりする傾向にあるのだろうから、それ
に対応して力の均衡を保つような努力が絶え
間なく求められているわけで、何もしなけれ
ば勝手に変動していってしまうだろうし、そ
うかと言って何かやればやっただけ変動する
可能性もあるわけで、そういう意味では現状
を維持するのは不可能なのかもしれず、不可
能なのになぜ現状を維持することが求められ
ているのかといえば、現状の変化をできるだ
け最少限度に抑えてほしいということなので
はないか。そのためには何をやればいいのか
といえば、やはり社会の秩序や治安を保つこ
となのだろうし、それが文字どおり保守政治
を推進することにもなるわけだが、具体的に
何をやっているのかとなると、現状でやって
いることがそれなのだろうし、果たしてそれ
がどのような効力を発揮しているのかといえ
ば、それは現状が示している通りのことでし
かなさそうだ。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。