文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.5.23 「許容限度」

2017/05/23

 たとえそれが煩わしくも回りくどいことで
あっても、その回りくどく曲がりくねった成
り行きや過程を意識しておいた方が、途中を
省略して物事を単純化してしまうよりは、そ
う思われるような現象に対する認識がそれだ
け深まるだろうか。しかしなぜそれが回りく
どいことのように思われるのか。それが人為
的な操作を伴う場合だと、必ずしもうまくい
っていないということだろうし、途中の様々
な紆余曲折を経た末にしか、そこへは至れな
いということかもしれず、そして至ろうとし
てそこへ至ったのではなく、思いがけないよ
うな偶然が作用して至ってしまったのであり、
そうなってしまったことについては、全面的
に肯定できるようなことでもないのかもしれ
ず、そうなるのが必然だと思われる面もある
だろうが、そうなってしまった後からそう思
われるのだろうから、ただそうなってしまっ
た結果を事後的に認めているだけのようにも
思われるわけで、そうなる前からそう思って
いたわけではないのかもしれず、要するに結
果良ければ全て良しと思いたいだけなのかも
しれないし、それ以上にいくらそうなる必然
性を求めても、そんな心理的な思い込みに影
響されていることは否めず、客観的な確から
しさに近づいているわけでもないのかもしれ
ない。そこで何が行われているにしても、そ
こへ介入する人々の様々な思惑が交錯してい
るだろうし、介入されることが不快に感じら
れ、邪魔されているようにも思われるだろう
し、そう思われる限りで敵対しているとも感
じられるのだろうし、邪魔されているのだか
らうまくいっているわけがなく、それがうま
くいっていない理由だとも思われるだろうし、
そんな介入をはねのけないと、うまく事が運
ばないことは確かで、実際にその種の妨害工
作と戦いながら、世の中では様々なことが行
われているのだろうし、周りからの全面的な
支持を受けながら行われていることはあまり
ないのではないか。

 そうなってしまう必然性があるとしたら、
やっていることに対する反発や抵抗からそれ
が生じるのかもしれず、そこから必然的に不
快感が生じているともいえるだろうか。そう
いう成り行きが我慢ならないということだろ
うし、場合によっては不快な思いを生じさせ
ている対象に攻撃を加えなければならなくな
ってしまうのだろうが、全面対決するとなる
と双方に多大な損害をもたらすことにもなる
だろうし、そうならないための方策も一方で
は追求されているわけで、その一つが監視す
ることであり、反発や抵抗の兆しを事前に察
知して、事が大きくならないうちに適切な対
処を施せば、こちらの被害も最小限に抑え込
むことができるわけだ。また抵抗や反発を生
じさせないようにするには、事前の根回しが
欠かせない場合もあるだろうし、何らかの懐
柔工作が必要となってくる場合もあるのかも
しれず、そんな戦術や戦略が様々に試されて
いる現状もあるのだろうが、そんなことがや
られているうちに回りくどくなっていくのだ
ろうし、煩わしい事前の下準備がどんどん増
えていく傾向にもあるのかもしれず、中には
そういうことをやる専門職のような部門まで
形成されたりして、そんなことも含めて人や
集団の行為は多岐に別れて複雑化していく傾
向にあるのだろうし、そうである限りにおい
て、やっていることの効果がはっきりしなく
なるのだろうし、いくらやってもそれはやっ
ていることの総体の中の一部門に過ぎず、そ
れが全体に効果を及ぼすには至らずに、やっ
ていることの周囲のごく一部に有効範囲が限
定されしまい、そこから離れて位置する人や
集団にとっては、まったくの無関係なことで
しかなく、何の影響も被らなければ無関心で
いるのも当然なのかもしれない。そうなって
くると全ての人が守るべき規範というのが、
よくわからなくなってくるわけで、共通の価
値観がなくなっているかもしれないのだが、
果たしてそれが未だに必要とされているのだ
ろうか。建前上はそうかもしれないし、実際
にそんな規範や価値観が前提となっている限
りで、社会が成り立っている現状があるのか
もしれないが、人々が実際に許容できる限度
を逸脱するような行為が増えてくると、規範
や価値観もおのずから変容してくるのかもし
れず、実際にやっていることに応じて、その
範囲や程度が決まってくるのではないか。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。