文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.5.16 「欲望の原因」

2017/05/17

 そうなるのが至極当然のことのように思わ
れる成り行きも、そうなる理屈を考えると、
何やら興味深いことが見つかるのかもしれず、
中にはそうなる原因とそうなった結果の因果
関係からでは、うまく説明できないような成
り行きもあるだろうが、それ以前に結果良け
れば全て良しと思ってしまうだろうし、とり
あえずうまくいってしまうと、気分がいいか
らそれ以上は詮索する気がなくなってしまっ
て、それっきりとなってしまいがちだが、う
まくいかなかった場合は、あれこれとうまく
いかなかった原因を探ろうとしてしまい、後
からいくら考えても、過ぎてしまったことは
取り返しがつかないのだろうが、それでも今
後に向けて教訓を導き出したいのだろうし、
同じようなことを反復して行う場合は、次は
うまくやりたいと思うのだろうし、うまくや
るにはどうしたらいいのかと考えてしまうわ
けだが、そういった反省的な思考は、やって
いることを進歩させたいという欲望がそんな
考えを抱かせ、そういった欲望が何から生じ
ているのかといえば、そこに同じような行為
を繰り返しやれるような何らかの環境がある
からなのかもしれず、例えば何度でも同じこ
とを行える装置があり、そんな装置を利用す
ることで、何度も同じような行為を繰り返し
ている場合は、たぶん装置の使い方を上達さ
せようと思うだろうし、また装置自体を改良
して、うまくいった結果を恒常的にもたらす
ように工夫を凝らそうとするだろうし、要す
るに何が欲望を抱かせるのかといえば、過去
にやったことをまた繰り返せるような何らか
の制度がそこにあるということだろうか。そ
ういう制度の中にいれば、次はうまくやりた
いと思うだろうし、うまくいくようなことを
繰り返したいとも思うのではないか。そして
結果的にやっていることがうまくいったら、
それが自分にとって利益となったと思いたい
のだろうか。

 具体的に金銭的な利益を得られれば、そう
思うしかないだろうし、そうでなくとも欲望
に駆られた行為が、有形無形の利益を幻想さ
せるのだろうが、それが一度しか行えなけれ
ば、そんなことを思っている余裕などないだ
ろうし、前もって何が起こるかわからなけれ
ば、欲望など抱きようがないわけだが、やる
前から何かを連想させるような行為は、すで
に経験的にそれに関する何らかの情報がもた
らされているのかもしれず、今まで一度もや
ったことがないような行為であっても、周囲
からそれに関する情報が伝わっていて、そん
な情報から妄想を膨らませていたり、期待に
胸をときめかせていたりするのだろうが、す
でにそう思った時点で欲望を抱いていること
になるわけで、早くそれをやってみたいと思
うのではないか。要するに自分がまだやって
いなくても、すでに他の人がやっているわけ
で、他の人がやった結果が、自分が欲望を抱
く原因となっているのだろうが、そこで誰が
何をやろうと、他の誰かにそれが伝わるよう
な社会が形成されているとも言えるわけで、
そんな社会が人に欲望を抱かせるということ
になるだろうか。誰もが同じことがやれると
いうこと自体が、人が抱く欲望そのものなの
かもしれないが、同じことができるようにし
たいというのも欲望であり、それが誰もが同
じことができるような社会にしたいという欲
望へと発展するだろうし、もちろんそこで自
分が優先的に成功を繰り返して、そこからも
たらされる利益を蓄積したいという欲望が、
資本主義社会を発展させる原動力になってい
るのだろうが、自分や自分が所属する集団に
利益を優先的にもたらすような装置を作り出
したいのだろうし、そうなるには誰もが同じ
ことをやれるのではまずいわけで、自分や自
分が所属する集団だけが、それを行えるよう
な制度にしたいわけで、そのような制度を構
築する途上で、何らかの権力を行使するよう
な成り行きになるのかもしれず、それを今も
絶えず構築し続けている成り行きの中で、繰
り返し権力を行使しているとすれば、そこに
権力への欲望が生じていることになるのだろ
うか。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。