文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.4.8 「生活のスタイル」

2017/04/09

世界の中で古くから栄えた地域では、
その地域独自の歴史の積み重なりがあるように思われがちだが、
現代に至るまでの過程で、
途中で荒廃してしまった地域などいくらでもあるだろうし、
また過去から数千年をかけて連続的に発展してきた地域でも、
他の地域との絶え間ない交流を経ながら発展してきたわけで、
時代を下るに従って地域的な独自性は徐々に薄れて行って、
それ相応の平準化作用を被っているわけだから、
少なくとも現代において栄えている地域は、
どこも似たような現代文明の恩恵に与って栄えていて、
たとえ文化や言語が異なっているとしても、
大雑把な認識の中では、
世界中に広がった現代文明の一部を構成しているに過ぎず、
ある特定の地域が文化的な独自性を打ち出して、
他の地域との差別化を図ろうとしたところで、
交通網や情報網が世界中に張り巡らされて、
人や物や情報がひっきりなしに行き交っている現状を考えれば、
非現実的な空想の域を出ない話かも知れないが、
それでも実際に地域の文化や伝統に根ざした慣習を
頑なに守ろうとして、
そんな地域的な独自性を誇りたい人々もいくらでもいるわけで、
そういう面では
世界を一つにまとめようとする合理的な思考形態の方が、
非現実的な動作となってしまい、
そこで人々が保持している宗教や言語などを含む
文化的なアイデンティティを突き崩すのは困難かも知れないが、
たぶん意図して強引に改めさせるようなことはせずに、
自然の推移にまかせるなら、
長い年月をかけて文化的な平準化作用が働いて、
次第に様々な文化が融合して行き、
地域的な差異も
ほとんど解消されるような成り行きになるのかも知れず、
それを促しているのは
やはり世界的な交通網や情報網の発達なのだろうし、
それらを介しての様々な交流が維持される限りにおいて、
遅かれ早かれ世界は統一されてしまうのではないか。
もちろん統一されるといっても
文化的な差異がなくなる程度のことで、
国という政治的な行政区分を
簡単に取り払うことはできないだろうし、
将来において国がどうなるかは、
今の段階では何とも言えないところだろうか。

とりあえず文化的な差異の解消に関しては、
人の活動形態の中で
何が世界的な平準化作用を被っているのかとなると、
余暇の活用において娯楽の需要が
人々の関心の的となっているのは言うまでもないことで、
人々に欲望を抱かせてそれを充足させる過程で、
世界的な文化の平準化が図られている現実があるのだろうし、
その欲望を抱かせる対象として娯楽があるわけで、
人々が娯楽を中心として生活スタイルを構築するような成り行きが、
資本主義経済の世界的な浸透とともに促進されているならば、
やはりそれはブルジョア的な生活に
誰もが憧れを抱くように仕掛けられているわけで、
メディアを介して商品の宣伝とともに
スポーツやお祭りなどのイベントが大々的に報じられ、
それらのイベントに参加している人々の楽しい様子も伝えられ、
また余暇を活用するための様々な趣味も紹介されているだろうし、
ペットを飼ったり園芸や陶芸や料理に興じたり、
スポーツに汗を流したり各種のゲームを楽しんだり、
音楽やら読書やら映画鑑賞やら、
暇にまかせてありとあらゆる娯楽が提供されているわけで、
それらの娯楽を楽しめる人が多いほど、
娯楽に関連する商品も売れるわけだから、
それだけ資本主義経済も活況を呈するのかも知れず、
必要最低限の衣食住を満たすだけでは足りないわけで、
現代的な文化状況が成り立つには、
暇を持て余したブルジョア的な生活を送れる人たちが
必要なのだろうし、
余暇をあまり活用できない労働者階級も、
ブルジョア的な人々に反感を持つのではなく、
そのような生活に憧れを抱いている限りで従順になり、
結果として世の中の安寧を保っていられるわけで、
そのためにもメディアを介した娯楽の宣伝が欠かせず、
人々が娯楽に心を奪われている間は、
政治的にも経済的にも主導権を握っている勢力に刃向かう人たちも
限られてくるだろうし、
そんな世の中の犠牲になっている人たちの不満が
顕在化することもほとんどないのかも知れないが、
実際に体制に刃向かう人や不満を表明する人が、
メディアを通じて脚光を浴びるような状況が、
どれほど人々の関心を集めるかが、
社会変革の可能性を探る上で
重要となってきそうに思われるかも知れないが、
そもそも社会変革の中身が何なのかが
わかっていない現状もありそうだ。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。