文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.3.4 「運試し」

2017/03/05

目指すべき理想とは
現状の不具合を是正した先にあるのかも知れないが、
目指してもいないのに偶然の巡り合わせや成り行きから
実現してしまう状態が現状であるだろうし、
すでに現状自体が理想からかけ離れた状態であるなら、
現状の不具合をいくら是正しても、
理想状態にたどり着くのは至難のわざかも知れないが、
一方で人が思い描く理想というのは、
現に体験しつつある現状の延長上に想像する状態であり、
そうであるなら偶然の巡り合わせや
成り行きから生じている現状の状態も、
前提条件として織り込み済みであって、
現状が現状の延長上にある理想から
かけ離れているとは言えなくなるかも知れないが、
ならば現状の延長上に設定する理想が、
本当に理想状態なのかといえば、
そんなふうにしか理想を思い描けないのだから、
理想は理想であると同時に理想ではないのかも知れないし、
もっと範囲を幅広く考えるならば、
世の中には各人が思い描く様々な理想があって、
ある人や団体にとっての理想は、
他の人や団体にとっての理想からは
かけ離れた状態となるのではないか。
それに関して極端な例を挙げるなら、
キリスト教徒にとっての理想郷である神の国は、
どう考えても他の異教徒が思い描く理想郷からは
かけ離れているだろうし、
また日本の極右思想に染まった人たちが
思い描く理想を実現させようとすれば、
どう考えても北朝鮮のような政治体制に近づいてしまいそうだし、
それが冗談で済んでいるうちは
人畜無害でしかないのかも知れないが、
実際に彼らの理想を実現するための尖兵となる人たちを、
英才教育によって育成するプロジェクトが進行中だとすると、
そういう試みがどこまで成功するのか見ものだが、
もしそういう人が大人にまで成長して、
国家と国民を管理するエリート将校みたいになったら、
今や現状のネット上で大繁殖しているネトウヨと呼ばれる人たちとは
ひと味違う品格を体現しているだろうか。

各人の理想を目指して日々邁進するのは肯定されるべきことであり、
それが他の人に迷惑をかけない範囲で行われていれば、
文句をつける筋合いはないだろうが、
何かを目指す行為とは別に、
その場の成り行きに従うことにも、
人の行動や思考が反映されていて、
その場の成り行きというのが、
何かに従うだけではなく、
逆らうことになる場合もあるわけで、
しかも逆らうことによって不利な立場になったり、
多大な被害を被ることにもなるのなら、
普通は逆らわずに従う方を選ぶのだろうが、
なぜかその場では逆らう方が、
自然に思われるような成り行きもあるわけで、
そういう成り行きに直面したときに、
それまでの経験に裏打ちされた勘が働く場合があり、
その場では不利な立場になろうと、
長い目で見れば、
あるいは後から振り返れば、
そう判断しておいて正解だったように思われるのかも知れず、
それはとっさの判断であり、
一種の賭けなのかも知れないが、
無難な選択や損得勘定に惑わされて、
その場では事なきを得たが、
何か大事なものを失ったような気がするなら、
後悔することにもなるかも知れないし、
そんな自覚がなくても、
大魚を逃したことに気づかないだけかも知れないし、
そんなことを後から考えてもきりがないのだろうが、
どうも人は人生の岐路において、
そんな一見不利な選択を迫られる機会が何度かあって、
そこで勘が働くか否かがその後の人生を決めるのかも知れず、
それは結果論でしかないかも知れないが、
その場での自然な成り行きが、
何かに逆らうことを促しているように感じられるなら、
その瞬間がやってきたと思った方がいいのかも知れないが、
実際に逆らってひどい目にあっただけで、
そこからいくら経ってもひどい境遇のままなら、
勘違いだったことにもなるわけだから、
選択はあくまでも各人の自己責任で行うしかなく、
そういう時は一種の運試しの機会なのかも知れない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。