文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2015.6.21 「理性や感情を超えた動作」

2015/06/21

確かに現状を打開する方法はない。
というか多くの人を説得して、
納得させるだけの方法がないと言った方が正確だろうか。
そもそも社会全体としては打開する必要がないのかもしれず、
それは個人や企業などの各種団体が、
それぞれが直面している問題に、
個々に関係する人や団体が連携して対処することでしかなく、
現にそうやって対処しているわけだ。
そしてその中には国や地方自治体などの行政機関が、
それらの個人や団体の手助けをしなければならないことが
含まれるのだろうか。
税金を徴収してまた国債などを発行して資金を調達しているわけだから、
それを使って個人や団体などを助けるのが、
それらの行政機関の仕事となっているはずだが、
実際に行っている仕事がうまく社会の中で機能していないわけか。
メディア上で取りざたされている問題が、
うまくいっていないことを明かしているのだろうか。
それに関しては様々な意見があり、
行政の対応が色々と批判されているのだろうが、
根本的なところでどのように対応すればいいのか、
それがよくわらないというのが率直な認識だろうか。
そして抜本的な改革などできないわけで、
現状を根本的に変革する理由が見当たらない。
それどころか現状をより過去へと後退させようとする思惑まで
見え隠れしていて、
そのような勢力が政権内で暗躍している始末か。
そんなことが政権を批判するメディア上では
取りざたされているわけだが、
本当のところはよくわからない。
それに関しては同性婚や夫婦別姓を認めたり、
死刑制度を廃止したりすれば、
現状より進歩的な体裁を保てるだろうが、
政権を支持する人々の間でそれらに対する抵抗が根強くあり、
また数年前に未曾有の原発事故を起こし、
その事故処理にめどすら立っていないのだから、
原発を廃止すればいいのに、
むしろ原発を積極的に活用しようとしているわけで、
さらに在日米軍基地が沖縄に集中しすぎていて、
それを緩和するどころか
逆に新たに米軍のための滑走路を建設しようとして、
地元の住民たちの激しい反発を招いているのに、
強引に反対派を排除しながら工事を続行しているわけで、
結局至る所で人々の反感を買うようなことをやっているわけで、
なぜそういうことをやっているのか、
それに関して多くの人を説得して、
納得させるだけの説明ができないわけだ。
しかもそれどころか、
逆にそれらに反発したり反対したりしている人々を、
国の方針に逆らう反日勢力などと罵倒する勢力までいて、
国民の間で対立が深刻化しているように感じられるわけだが、
さらにそれに輪をかけるように、
派遣法を改正して、
非正規労働者たちの利益を損なうような法改正まで進んでいるわけで、
これからそれらの人々の反発もさらに増していくのかもしれず、
どうもそれらのやり方がスマートでないことは確かなのだが、
果たしてそのようなごり押しをすることで、
現状を打開できるのだろうか。
そして打開しようとしている現状が、
果たして打開するだけの理由がある現状なのだろうか。

たぶん彼らにとっては、
ごり押ししてでもやらなければならない理由があるのかもしれないが、
どうもその理由がなかなかうまく伝わってこないのかもしれず、
彼らの説明にも多くの人が納得しないから、
実際に反発が強まっているわけだが、
その反発の反映として、
国会周辺をはじめ各地でデモ活動や集会も頻繁に起こっているわけだが、
政府と癒着しているマスメディアはそれをなかなか伝えようとせず、
それらのマスメディアも人々から不信感を買っているようで、
ネット上では政府と共に
それらのマスメディアに対する反発も強まっているのではないか。
とにかくそれらをごり押しして現状を打開したい勢力が、
実際にごり押しがうまくいって、
彼らの思い通りに事が運んだ後になってみないと、
本当の理由などわからないのかもしれないが、
実際にごり押しがうまくいかなかったり、
うまくいったとしても現状を打開できなかったり、
さらに現状が悪化した場合、
では彼らはなんでそんなに強引に焦って事を進めようとしていたのか、
謎のままとなってしまうのかもしれない。
もしかしたら彼らにも
はっきりした理由など持ち合わせていないのかもしれず、
ただ関係する人々や各種支持団体や、
それらから影響を受けて
信じるようになった政治信条に基づいて行動していたら、
現にあるような状況となってしまったのかもしれず、
彼らのとっても現状は予想外の事態なのかもしれないが、
しかもさらにそれを
ごり押ししなければならない成り行きになっているわけで、
もはやそうやっていくところまで行って決着をつける気になっていて、
そのために必死で活動している最中なのだろうか。
実際にもう後戻りはできないような雰囲気を感じるわけで、
そんな状況の推移の中で、
それに関わる多くの人々がもがき苦しんでいるのだろう。
なぜそうなるのかといえば、
そこにいる全ての人々は歴史的な存在であって、
これまでの歴史の成り行きを反映した存在であって、
それがどういう歴史であったかといえば、
戦争や強制的な労働によって
不自由と理不尽な扱いを受けてきた危険と苦痛を伴う歴史であり、
それは今も続いていて、
全ての人がそれらの圧迫や強制によって
不快な思いをするたびに自由を望み、
国家権力や資本による束縛や強制を嫌い、
楽しく愉快に生きてゆくことを望んでいるわけで、
そのような思いや望みに反するように思われる行為には、
当然多くの人が反発を覚えるのであり、
いくらメディアを通じて洗脳しようと、
過去のファシズム時代に
同じような洗脳が行われたことを知っているだけに、
簡単には騙されないわけで、
そういう面では昔よりは確実に利口になっているはずだ。
たぶん今ごり押しをしている勢力には
その辺の配慮が欠けているのではないか。
というかそこまで気を配っているほどの余裕がないのかもしれない。
そんなわけでたとえ強引に押し切ったとしても、
そんなことをやるたびに、
さらにそれに逆らう人々の思いが強くなっていくことは
確実なのではないか。
その思いは人々の理性や感情を超えたところで、
世代や時代を超えて作動する歴史的な動作なのかもしれない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。