文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2015.5.2 「避けるべき事態」

2015/05/02

別に強がっているわけではなく、
そこでうまく立ち回らなくてもかまわない。
そこから利益を得る必要はない。
得ようとしていないのだから、
それは当然のことだ。
では他のどこから利益を得ればいいのだろうか。
どこからも得る必要はないのだろうか。
得ようとしなければいいだけで、
得ようとせずに得られたら、
その時は得ればいいのではないか。
利益とはそういうものだ。
そうではないかもしれないが、
今のところはそう思っていればいい。
本当は利益を得ようとしなければならない。
なぜそれをやろうとしないのか。
まったくその気がないわけでもないのだろう。
そんな気がしないだけだろうか。
それともその方法を思いつかないのか。
どちらでもかまわないのではないか。
ともかく今は無理にそうする必要がないだけか。
これといって切り札になるようなものがないのだろう。
もとからそんなものなどあったためしはないのかもしれない。
だがそれを求めていることは確かかもしれず、
勘違いかもしれないが、
それを探し求めているのだろうか。
そんな気がするだけで、
本当は何も探し求めていないのかもしれない。
それもどちらでもかまわないわけか。
どこへ何を持っていくつもりもなく、
どのような状況に至ろうとしているのでもないから、
結局利益を求めようとする状況にはないわけだ。
ただ違和感を覚える。
現状がこれでいいのだろうか。
これではだめならなぜ変えようとしないのか。
変えようとしているのではないか。
変えようとして変えられない。
そう解釈すればいいのだろう。
実際にそうなのではないか。
そしてそんな幻想から抜け出さなければならない。
別に実際に感じている現実が幻であるわけはない。
ならば何が幻想なのか。
空想している内容がそうなのだろうが、
たぶん空想するしかないのだろう。
思い通りの未来を空想しているわけだ。
フィクションの中では誰かがそれを空想していることになっている。
幻想の共同体などどこにもありはせず、
フィクションの中にさえないものだから、
そこに登場する誰かがそれを空想する以外にはあり得ないのだろう。
しかしなぜそんなものを空想しなければならないのか。
なぜ人は誰もが仲良く暮らせる社会を空想するのだろう。
私的に利益を求める行為が邪魔をして、
そこで競い合いや争いが起こって、
どうやってもそうはならないはずなのだが、
思いは誰もが平和に暮らせるユートピアを求めている。
それが幻想なのだろうか。
実際は他人を攻撃したくてうずうずしているのではないか。
そしてそこで引き起こされる争いに勝利したいわけだ。
そのような感情があることを肯定した上で、
なおかつ争いのない平和な社会を空想できるだろうか。
そこで矛盾が発生しているわけか。
無論そんな水準でいくら空想しようと、
何がどうなるわけでもなく、
現実に身の回りで起こっている争いをなくせるわけでもない。

そんなことについて深く考える必要はなく、
ただなるべく争いを起こさないように
心がけることぐらいでかまわないのではないか。
そして実際に争いに巻き込まれたら、
事を穏便に収める方向で努力すればいいだけか。
たぶんその程度の心がけでかまわないのだろう。
別にユートピアなど空想する必要はないわけだ。
黙っていても人と人とは争い競い合うものだし、
それを避けることはできず、
それに巻き込まれたら、
せいぜい詐欺や殺傷沙汰にならない程度に済ませようとするだけだ。
それで済ませられなければそれはそれで仕方のないことだが、
あまり自らに正義があるようなことは主張する気になれない。
正義があろうと非があろうと、
それをはっきりとは確定できないような気がするだけだ。
そういうことに無頓着というわけではないのだろうが、
その場の成り行きに逆らって
何かを主張しなければならないような状況には、
追い込まれないように心がけていると言ったらいいだろうか。
最低限避けるべきはそういうことだろうか。
そんな状況になってみなければなんとも言えず、
たまには逆上して口論となることもありそうだが、
やはりそんな状況になる手前でなんとかしたいようだ。
実際になんとかなっているとも思えないが、
なんとかなるような結果を空想しているのだろうか。
要するにそれも幻想の類いなのだろう。
そしてそのような幻想を突き詰めれば
争いのない世界に行き着くのかもしれず、
心の片隅にそのようなユートピア幻想が絶えず残っているから、
やはりなるべく争いを避けようとしてしまうわけか。
果たして人は誰でもそんな幻想を抱いているのだろうか。
たぶんそう思うしかなさそうで、
できれば全面的な衝突などの面倒な事態は避けたいのかもしれない。
実際にもなるべく争いごとは
話し合いで妥協を計りながら解決しようとする試みが、
各方面で辛抱強く続けられているのではないか。
その一方で暴力行為も強盗や暴行から軍事衝突まで、
世界各地で絶え間なく起こっている現状があるわけだが、
たぶん今後ともそのような状況が延々と続いてゆくのだろう。
そしてそれが通常の状況で、
異常事態でもなんでもないわけだ。
別に避けるべき事態でもなんでもなく、
深刻に捉えるような状況ではなく、
そんな状況下でも人は絶えず争いを避けようとするだろう。
そして止むを得ず争いになれば、
詐欺や殺傷沙汰になるのを避けようとする。
相手を騙したり暴力でねじ伏せるような行為では、
決して紛争は解決しないことは承知しておくべきだろう。
それを知っていれば自ずからやり方が見えてくるはずだ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。