文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2015.3.8 「批判と体制の維持」

2015/03/10

何がそうさせているわけでもない。
ただそこに仕組みがあり、
仕組みに精通している人たちが利益にありついているのか。
たぶんそうではない。
仕組みなどありはせず、
地上で人が大勢うごめいているだけだ。
ではそれが何を意味するのだろうか。
事態を受け止める立場によって
感じ方が各々異なるのではないか。
誰にとっても共通の意味があるわけではない。
意味を求めているのではなく想像してしまうのだ。
そこになんらかの仕組みを当てはめようとしてしまう。
そして仕組みに精通して利益を求めようとする。
そこではそういう試みが繰り返されているわけだ。
語りたいことからはだいぶ遠いが、
たぶんそう語れば納得してもらえるような気がする。
誰に納得してもらいたいのか。
それは想像上の架空の誰かだろう。
実質的には何を語っているわけでもないらしい。
また言葉が不規則に並んでいるようだ。
そこから抜け出られない。
いったいそこで何が話題となっているのか。
そう問われるとなんだかわからなくなり、
何もないような気がしてくる。
要するに無駄に言葉が連なっているのだろう。
そしてその現象をどうすることもできはしない。

語れないのではないのではなく、
語れるのはそういう内容であり、
批判の的などどこにもない。
何が批判されているわけでもなく、
批判の対象などどこにも見当たらない。
ではそこには内容のない空疎な言葉が連なっているだけなのか。
たぶんそうだ。
そう読めば読めないことはない。
もしかしたら何も読んでいないのかもしれず、
読む必要も感じられないのだろうか。
何も読まなくてもわかってしまうのではないか。
何がわかるというのか。
わかったとしても誰を批判する必要も感じないだろう。
そこで何が動作しているわけでもなく、
すべてがありふれた状況を示している。
しかし具体的に何の状況を把握しているのか。
別にこの世界のすべての状況ではなさそうで、
部分的かつ地域的な政治情勢に過ぎない。
たぶんそこにいる人々が
その地域を支配する行政機構に抵抗しているのだ。
少なくとも反感を抱いているのではないか。
だが支配とはどういうことなのか。
いったい何をもって支配と解釈すればいいのだろう。
そこにいる人々を
特定の意志に強制的に従わせたりしているのだろうか。
従わずに抵抗しているわけだから、
支配状態が確立しているとは言い難いのではないか。
では完全ではなく部分的に支配していることになるわけか。
たぶんそのような政治形態を批判する者たちが、
それを支配と呼んで批判しているのではないか。
要するにそのような批判が表立って出ている限りは、
支配が確立しているわけではないということだ。
だからまだ可能性があるということだろうか。
だがそれはなんの可能性なのか。

人々は本当に自由を求めているのだろうか。
それは何に対する自由なのか。
何に対しても批判する自由なのかもしれず、
とりあえず批判する自由は確保されている。
もちろんその批判者を誹謗中傷する自由も確保されているわけだが、
誰がそういう自由を望んでいるのか。
望んでいるのではなく、
実際に批判しているわけだ。
人は他人を批判することでなんとか正気を保っている。
現状に対する不満のもって行き場がなければ
気が狂ってしまうだろうか。
それはわからない。
なんとか耐えている人もいるのではないか。
満ち足りた生活などあるわけがないか。
そうではなく、
程度の差やレベルの違いがあり、
それを理性に照らし合わせて判断しなければならないのかもしれず、
言論を抑圧してくる政治体制に対しては、
やはり批判しなければならないが、
今やもっと事態は巧妙になってきていると言えるだろうか。
要するに誰も批判していないように装われ、
批判しているとしても、
その批判者に批判の正当性がないように思われるわけだ。
一部の反政府的な勢力が批判しているだけで、
世論の多数派は
それほど批判的ではないような雰囲気が作られているわけか。
それはなんらかの情報操作の類いとみなせばいいのだろうか。
たぶんそうではなく、
批判者を逆に批判することで、
批判を封じ込める勢力がメディア上で活躍しているのではないか。
そうやってなんとか批判を中和することで、
政治体制を維持しようとしているわけだ。
主要メディアもそうした勢力に活動の場を用意することで、
体制の維持に貢献したいのだろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。