文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2015.1.8 「宗教と経済」

2015/01/08

この世界の片隅で何かが渦巻いている。
誰かが陰謀を巡らせているのだろうか。
そうであってほしいのではないか。
実際は違うとでもいうのだろうか。
曲がりなりにも人間が人間社会を操作しているように見せかけたい。
それが自然の作用であってはならないのだろうか。
偶然の巡り合わせということでは納得がいかないか。
どこかに黒幕と呼ばれる人物が闇の組織でも率いていて、
影から世界情勢に影響を及ぼしている。
そんな筋書きで事態の推移があるとすれば、
何がどうなっているわけでもなく、
恣意的なフィクションを思い描いていることになってしまうわけか。
そこにも誰かの都合が反映しているのではないだろうか。
それは物語を空想している誰かの都合となりそうだ。
だが人の都合をそう簡単に聞き入れてくれるような世界ではない。
絶え間ない働きかけが必要だろうか。
人に対しても自然に対しても、
なんらかの働きかけが欠かせないようだ。
そうしないと願いを聞き入れてもらえないのだろう。
彼らには願いがあり、
思惑通りに事が運んでほしいのだろう。
しかし思惑通りとはどういうことだろうか。
人それぞれで違うことはわかるが、
それぞれに思惑があり、
それらの思惑が交錯し混じり合い、
化学反応のような事態を引き起こし、
それで誰の思惑とも微妙にずれた事態にでもなったらおもしろいか。
それも人それぞれで受け止め方も異なるのではないか。
具体的に何を述べているのでもない。
何も述べられないから、
そんなあやふやな言い回しとなってしまうのだろう。
まだ誰が何を言っているのでもない段階らしく、
辺り一帯は沈黙が支配しているようにも思われ、
そこに人影は確認できないようだ。
そして相変わらず虚構の語り手が語りすぎている。
何も語っていないのに時間が経過し、
言葉が無駄に連なっているようだ。
それらの陰謀とは無縁でありたいのか。
内省する自意識が何を求めているはずもない。
内省自体が無効なのではないか。
そんな行為にはおかまいなく外部からの執拗な働きかけがあり、
それに屈してしまえば楽になるだろうが、
それでは思惑通りとはならないわけだ。
だから必死に抵抗を試み、
自然が及ぼす絶え間ない同化作用に逆らい続けているらしい。
それらの作用は有無を言わせず同意を強いるような働きがあり、
たぶん不快感を生じさせているのだろうが、
たぶん不快に感じないような作用はなく、
根負けして逆らうのをあきらめたら、
変化を受け入れたことになるような作用なのだ。

まずはユダヤ教が人々に変化を強要し、
次いでキリスト教がその後に続き、
さらにイスラム教が後に続いた。
異民族を改宗させ、
共通の価値観の下に共通の文化を築き上げるように促してきた。
そしてそれらの宗教が同じ地域に混在するとどうなるだろうか。
宗教の違いを対立や紛争のいいわけにできなくなるということか。
煽っている人たちはテロの標的になり、
暴力による解決に導かれて破滅が予感され、
その誘惑に屈した人たちがメディア上で踊りだす。
意見の異なる人たちを攻撃しなければならない。
それが国家であれ資本主義であれ、
攻撃目標はいくらでもありそうだ。
自分たちが虐げられていると感じたら、
それを行動に結びつけなければならない。
だが同じ宗教や宗派でも、
貧しい移民は攻撃対象となり、
アラブの王族は高級ブランド商品を大量に買ってくれるお客様だ。
結局は功利的な利害関係で、
利益をもたらす金持ちの人々には媚びへつらい、
安い賃金で働く競争相手は排除しなければならない。
世の中はカネがモノを言う
と単純化してはならないのかもしれないが、
人々が経済的な利害関係を
自らの行動や言動の指針としていることは確からしい。
意識するしないに関わらず、
害になると思われる人々には不快な感情を抱くのだろうし、
たとえ利益をもたらす人々であっても、
自分達よりは格上に感じられるとあまり好意は抱かないはずで、
それが自分たちと価値観を共有しない人々ならば、
なおさらそう思われるのではないか。
他人に媚びへつらってはならないだろうし、
どのような境遇にある人々でも、
対等に接するべきなのだろうが、
そこに経済的な利害関係が生じると、
そうも言っていられなくなり、
なんとか自らに利益をもたらそうとして、
接する人によって格差を設けようとしてしまうのだろうか。
人と人との間になんらかの関係が生じると、
赤の他人ではいられなくなってしまい、
ついつい感情的な行動や言動を誘発して、
気まずい雰囲気となってしまうのかもしれない。
そしてその程度なら大したことはないのだろうが、
それがメディアを介した間接的な関係となると、
容赦なく攻撃してもなんとも思わなくなってしまうのであり、
そんな配慮の欠けた無感覚が高じると、
テロの攻撃目標となってしまうのだろうか。
とりあえず痛みを直接感じられないのが、
メディアの利点でもあり欠点でもあるのだろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。