エコ・リサイクル

Mail Essay 充分生活拾遺

「本当に必要なモノは何か」をキーに、ユング心理学・人智学・身体論・哲学などさまざまな視点から生活や社会を見直していくエッセイ集。具体的なシンプルライフのヒントが満載。

全て表示する >

Mail Essay 充分生活拾遺186

2012/04/02

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Mail Essay
     充  分  生  活  拾  遺
                  第186号・2012年4月2日
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                                                      
☆このメ―ルマガジンはWeb Essay Magazine 充分生活と連動して        
 月1回発行されます。                                                
                                                                     
☆発行・電版創房                                                      
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                                                 
  ◇充分生活序詞◇                                                  
                                                                     
ものが多すぎます。何を買ったらいいのか、わかりません。                
買わなければならないものなんて、本当はごくわずかです。たぶん、私たちが
思っているよりも。                                                    
かつての日本人は、もっと少ないものの中で生活していました。本当は、人間
の暮らしには、それで充分だったのかもしれません。                      
「これだけあれば充分豊かだ」という暮らしを創っていきたいのです。それが、
高度経済成長の幻が消えた後の、21世紀の地球水準になるのでは、と思いま
す。                                                                  
                                                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    C O N T E N T S                                       
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                 
 Think/Thought?/Thought!                                             
◆春の雑念は

 Live/Living/Life                                                    
◆今回の「充分生活」ダイジェスト  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Think/Thought?/Thought! 
◆春の雑念は

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年の冬から春にかけて、けっこう仕事が忙しく、思うこともいろいろあって、
雑念がたくさん出てきました。
この場合「雑念」というのは、とりとめもなく、頭が単純に考えることを喜ん
でいる、といったタイプの考えごとを言います。この春は、テーマが仕事上の
つまらぬことが多く出ました。仕事上のことだと、考えれば考えるほど内容が
精緻になっていく傾向があります。そうなると、止まりません。考えること自
体が、ある種の気持ちよさを伴っているので、意識して止めないと、延々と続
きます。
しかも、その内容が、今ここで考えてもすぐには何の役にも立たないような話
で、そのくだらなさも意識すれば気がつくのですが、意識していないとどんど
ん出てきます。考えている内容を意識して「くだらん」と思うと、そのテーマ
はとりあえず止まります。ですが、また別の内容で雑念がはじまることもあり
ます。
基本的には、思考する、というよりもっと生理的なアディクションのような感
じです。頭が回転していなければ気がすまない、というか。現在、私は髪の毛
がほとんどない状態ですが、この状態を保ちたいがためにいろいろ考えている、
という感じすらあります。
だいたい、秋から冬にかけて、この手の雑念がはっきりした感じで出てきて、
春になるともう少し頭がぼうっとする、という例年でした。ところが今年はい
つまでも肌寒く、からだがゆるまないので、延々と冬の風物詩である雑念が続
いているのでは、と思えます。
ようやく春めいてきて、日向はだいぶ暖かくなっています。ぼうっとして日向
ぼっこをするような、春のあたまに早くならないか、と、まだ雑念が起こって
くるたびに思います。これは、自力ではどうにもならないことですから。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                            
Web Essay Magazine 充分生活 第192号

巻頭言・地より上る春
時折凍りつく風も吹く。光を透す冷たい大気の下から春が立ち上る。
若草は木々の梢より早く伸びはじめ、地に近いところから春が広がり、花
に昇る。地の熱が空に向かうのも、まもなく。

●序「充分生活序説」
「充分生活」とは何か・「地球水準」とは何か・「自分の感覚」とは…。

 序「充分生活序説・続」
 自分の感覚で、考え生きる生き方とは。

●事「増税論議に」
年貢ではなく共同出費。税のあり方は。

●衣「手袋、すれる」
一冬使った手袋。すれてきて…。

●食「春のサラダは」
ようやく春。食卓も少し春めく。

●住「菜の花、一輪」
花、野に咲く。さっそく部屋に。

●愉「短歌をつくる」
また新しいことを。私の短歌は…。

●働「忙しい時期」
たまたま重なる春先。しかも…。

●学「被災地と他者」
被災地をながめる私。寄り添えないのは…。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Mail Essay 充分生活拾遺 

☆登録・解除ページ Melma! http://www.melma.com/cat/00000226/
                    (ID m00034105)
                  
☆発行・二木竜太with電版創房

   ●「充分生活」●
◇Web Essay Magazine 充分生活
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/
◇Mail Essay 充分生活拾遺

◆電版創房
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/denpan-sobo/denpan-sobo1.htm

Mail-Address. futaki-isida@nifty.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: 71 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。