エコ・リサイクル

Mail Essay 充分生活拾遺

「本当に必要なモノは何か」をキーに、ユング心理学・人智学・身体論・哲学などさまざまな視点から生活や社会を見直していくエッセイ集。具体的なシンプルライフのヒントが満載。

全て表示する >

Mail Essay 充分生活拾遺137

2007/12/02

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Mail Essay
     充  分  生  活  拾  遺
                  第137号・2007年12月2日
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                                                      
☆このメ―ルマガジンはWeb Essay Magazine 充分生活と連動して        
 月2回発行されます。                                                
                                                                     
☆発行・電版創房                                                      
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                                                 
  ◇充分生活序詞◇                                                  
                                                                     
ものが多すぎます。何を買ったらいいのか、わかりません。                
買わなければならないものなんて、本当はごくわずかです。たぶん、私たちが
思っているよりも。                                                    
かつての日本人は、もっと少ないものの中で生活していました。本当は、人間
の暮らしには、それで充分だったのかもしれません。                      
「これだけあれば充分豊かだ」という暮らしを創っていきたいのです。それが、
高度経済成長の幻が消えた後の、21世紀の地球水準になるのでは、と思いま
す。                                                                  
                                                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    C O N T E N T S                                       
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                 
 Think/Thought?/Thought!                                             
◆ソーシャルワーカーって

 Live/Living/Life                                                    
◆今回の「充分生活」ダイジェスト  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Think/Thought?/Thought! 
◆ソーシャルワーカーって

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

社会福祉士会の関係の集会に2つ行ってきました。
1つは、成年後見人の養成講座です。成年後見というのは、判断力が不十分な
方に後見人をつける制度です。お金のこととか生活のこととか全部を見ること
になります。家族がやる場合が多いのですが、第3者の専門職がやる場合も増
えています。
もう1つは、社会福祉士会の地区会です。東京の社会福祉士会は全区市町村の
地区会作りを目指しています。私が所属するのは、住んでいる立川の地区会で
はなく、近隣の市の地区会です。ここはついこの間できたばかりなので、まだ
手あかがついていない感じがするのと、立川の場合は活動をどうしているのか
あまり見えてこないからです。
どちらの会でも「ソーシャルワーカーの使命」とか「社会福祉士のミッション」
とか「専門職団体として」というようなことばが出てきます。専門職団体です
からそう言ってもいいのですが、教師の場合には、そういう話がほとんど出て
こなかった気がします。日本の場合、社会福祉士がソーシャルワーカーの国家
資格です。ですが、実際は私も含めてソーシャルワーカーとして仕事をしてい
るかどうか、というと、こころもとない状況にあります。高齢者福祉のケアマ
ネージャーというのは一種のソーシャルワーカーなのでしょうが、これもある
制度を中心に考えられたもので、欧米的な意味でのソーシャルワーカーの仕事
場はまだ日本では少ないと言えるでしょう。
こういう状況が「ソーシャルワーカー」ということばへの憧れを社会福祉士に
与えるようです。しかもその倫理綱領に「社会正義」などという堂々たること
ばが使われているとなおさらなのかもしれません。私自身も含め、この横文字
職業の字面のよさとそれへの憧れには注意しないと、足元をすくわれそうな気
がします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                            
Web Essay Magazine 充分生活 第143号

巻頭言・ゆく秋続く

年末の声を聞いてもまだ残る紅葉。未だに緑のイチョウもあり、晩秋が続く年
末。夏の日差しが木々の中で燃え切っていないかのように。
街にはクリスマス飾り。しかし紅葉は秋のなごりを残している。

●序「充分生活序説」
「充分生活」とは何か・「地球水準」とは何か・「自分の感覚」とは…。

 序「充分生活序説・続」
 自分の感覚で、考え生きる生き方とは。

●事「生活保障には」
生活保護基準引き下げ。憲法問題へ。

●衣「手袋の準備」
そろそろ冬支度。手袋を買い直して。

●食「レンジであたため」
レンジ購入。あたためができると…。

●住「浴室でからだを」
脱衣所との温度差。からだは浴室で拭く。

●愉「朝の光と紅葉」
朝の光に照らされる紅葉をながめる愉しみ。

●働「事故報告を作る」
私も含め事故頻発。こういう時に仕事が進む。

●学「ちょっと休むと」
土日をしっかり休むとからだが変わった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Mail Essay 充分生活拾遺 

☆登録・解除ページ メルマガ天国 http://melten.com/m/4564.html
                    (ID 4564)
                   Merma! http://www.melma.com/cat/00000226/
                    (ID m00034105)
                   E-Magazine http://www.emaga.com/info/sam56730.html
          (ID sam56730)

☆発行・二木竜太with電版創房

   ●三つの「充分生活」+1●
◇Web Essay Magazine 充分生活
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/
◇Mail Essay 充分生活拾遺
◇Letter Magazine 充分生活抄 2007 Summer
◇Mailing List 充分生活

◆電版創房
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/denpan-sobo/denpan-sobo1.htm

Mail-Address. futaki-isida@nifty.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: 71 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。