エコ・リサイクル

Mail Essay 充分生活拾遺

「本当に必要なモノは何か」をキーに、ユング心理学・人智学・身体論・哲学などさまざまな視点から生活や社会を見直していくエッセイ集。具体的なシンプルライフのヒントが満載。

全て表示する >

Mail Essay 充分生活拾遺62

2003/12/14

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Mail Essay
     充  分  生  活  拾  遺
                  第62号・2003年12月14日
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
==========================================================================
                                                                      
☆このメ―ルマガジンはWeb Essay Magazine 充分生活と連動して        
 月2回発行されます。                                                
                                                                     
☆発行・電版創房                                                      
                                                                 
==========================================================================
                                                                   
  ◇充分生活序詞◇                                                  
                                                                     
ものが多すぎます。何を買ったらいいのか、わかりません。                
買わなければならないものなんて、本当はごくわずかです。たぶん、私たちが
思っているよりも。                                                    
かつての日本人は、もっと少ないものの中で生活していました。本当は、人間
の暮らしには、それで充分だったのかもしれません。                      
「これだけあれば充分豊かだ」という暮らしを創っていきたいのです。それが、
高度経済成長の幻が消えた後の、21世紀の地球水準になるのでは、と思いま
す。                                                                  
                                                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    C O N T E N T S                                       
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                 
 Think/Thought?/Thought!                                             
◆書評ー14歳からの哲学

  Topic!
◆レターマガジン「充分生活抄」冬号準備中!

 Live/Living/Life                                                    
◆今回の「充分生活」ダイジェスト  

=========================================================================

Think/Thought?/Thought! 
◆書評ー14歳からの哲学

=========================================================================

この本は、「バカの壁」ほどではありませんが、今年よく売れた本
です。一応は哲学書ですが、じわじわと読者を広げて、ベストセラーになりま
した。そういう売れた本はほとんど手にしないのですが、たまたま妻が買って
きたので、読んでみました。
「14歳ぐらいの哲学の教科書」という想定で書かれた本です。高校の倫社の
教科書のように、だれだれはどう考えた、みたいなものを想像していたのです
が、そうではありません。「自分とは」「世界とは」など、テーマ別に、14
歳の読者と問答をするような形式です。著者の池田晶子さんの本に「帰ってき
たソクラテス」というのがありますが、要するに問答法の形式で読者に哲学的
に考えさせるような本です。内容的には、本当に哲学のさまざまなトピックが
取り上げられていて、大人が読んでも面白く読めます。
ただ、私にはあまりぴったりきませんでした。と言うのは、私は著者が「こう
思う」というのを読んで、「この人はそう思っているけど私は…」と考えてい
くスタイルで本を読んでいます。こういう風に問答でやられると、自分の考え
をこの本の流れにひっぱられるような気がしてそこに違和感がありました。ま
あ、読者として中学生を想定しているのなら、それくらい親切でもいいのかも
しれませんが、私にとっては余計なお世話に感じます。
それと、これも本の性格で決定されているのでしょうが、著者の意見がほとん
ど出てこないことも違和感を持ちました。私にとって本を読むのは、著者との
対話で、著者に問答でこちらの蒙を啓いてもらいたい、とは思わないもので。

にも関わらず、この本は新鮮で、内容も濃く、自分の考えの整理には便利です。
さっと読める文体なのも、手軽で、いい感じです。この本、また何年かして再
読すると、全然違った印象を受ける本になるのかもしれません。

=======??????=======??????=======
  Topic!
◆レターマガジン「充分生活抄」冬号準備中!
=======??????=======??????=======

季節の便りをレターマガジンとして年4回、季節ごとにお贈りします。
冬号は例年、シーズングリーティングのカードとセットになっています。
メールでご購読(無料)が申し込めます。住所・氏名を明記の上、「充分生
活抄○号何部」とお申し付けください。

 ★既刊・充分生活抄 2001,Spring(残部些少)、
          2001,Summer、2001,Autumn、2001-2002,Winter
          2002,Spring(残部些少)、
          2002,Summer、2002,Autumn、2002-2003,Winter
          2003,Spring(残部些少)、2003,Summer、
          2003,Autumn  
          残部あります!  A5版12ぺ―ジ 

=========================================================================

 Live/Living/Life                                                     
◆今回の「充分生活」ダイジェスト                                      
                                                                     
=========================================================================
                                                                      
Web Essay Magazine 充分生活 第68号

巻頭言・最後の公孫樹

ようやく冬枯れてきた木々の間に、公孫樹の黄色が輝く。
木枯らしを受けて葉が舞い散る中、徐々に冬に向かって季節は動く。そこ
には遠い春もほのみえる。

●序「充分生活序説」
「充分生活」とは何か・「地球水準」とは何か・「自分の感覚」とは・・・。

 序「充分生活序説・続」
 自分の感覚で、考え生きる生き方とは。

●事「皇軍、西へ」
自衛隊のイラク派遣。首相の詭弁と。

●衣「手袋を」
警備の時から使っていた手袋で出勤。

●食「冷凍もの一掃処分」
冷蔵庫を止める。その前にやることが。

●住「根付いたイヌタデ」
すでに2ヶ月活けてあるイヌタデ。まだまだ元気。

●愉「年末のことを」
あわただしい時。段取りを組む愉しみ。

●働「手の洗い方」
職業的な身振り。介護職は手洗い。

●学「風邪をひく時」
風邪で仕事を休んだ。何が変わったか。

=========================================================================
Mail Essay 充分生活拾遺 

☆登録・解除ページ メルマガ天国 http://melten.com/m/4564.html
                    (ID 4564)
                  Pubzine  http://www.pubzine.com/detail.asp?id=12701
                    (ID 12701)
                  meruma! http://www.melma.com/cat/00000226/
                    (ID m00034105)
                  Macky! http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-I
              D=zan56730(ID zan56730)
                  E-Magazine http://www.emaga.com/info/sam56730.html
               (ID sam56730)

☆発行・二木竜太with電版創房

   ●三つの「充分生活」+1●
◇Web Essay Magazine 充分生活
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/
◇Mail Essay 充分生活拾遺
◇Letter Magazine 充分生活抄 2003.Autumn
◇Mailing List 充分生活

◆電版創房
http://homepage2.nifty.com/zyubun-seikatu/denpan-sobo/denpan-sobo1.htm

Mail-Address. futaki-isida@nifty.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: 71 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。