コスメ・美容

とくとく美肌雑学♪

「ニキビができやすいから乳液やクリームは使わない」→〇か×か?。
正解は×です。『えっ?そうなの?』というあなたに。知ってトクするマメ知識から、すぐできるキレイのコツ満載のメルマガです!

全て表示する >

とくとく美肌雑学♪  化粧品の消費期限について 

2006/03/10

 『とくとく美肌雑学♪』                 ■□
                             ■■
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             vol.112 2006.03.10
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               化粧品の消費期限について    ┃
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

春の陽気が感じられるようになってきましたね。
4月から始まる新生活のため、準備を進めているのではないでしょか?


先日引越しのため大掃除をしていた友人から、化粧品の消費期限について
たずねられました。

「何年か前、数回使っただけだから、今でも使えそうなの。
でも、使ってみて肌がかぶれたりするのはイヤだし、、、。
毎年 新商品が出るから最後まで使い切らないで、
次のものを使ってしまうの。捨てるのももったいないし。
どれくらいもつのかしら?」

今回は「化粧品の消費期限について」ご紹介します。

 ───────────────────────────────

未開封で正しく保管されているものであれば、3年間は安定しています。しかし、
直射日光が当たる場所や高温の場所に保管すると品質の劣化が早まるので注意し
てください。保管には十分気を付けましょう。色や匂い、使用感等どこかおかし
いなと思われたら、その場でご使用をやめてください。なお、一度開封した化粧
品については、そのシーズンで使い切るようにしましょう。

消費期限の書いていない化粧品の消費期限は「薬事法」という法律によって決まっています。

また、違う容器への詰め替えはやめてください。
使用方法の間違いや異物混入にもつながります。

化粧品は生き物です。
「もったいないから、、、。」といって期間のすぎたものを使用するのではなく、
常に新鮮な化粧品を使用するようにしてくださいね。

 ───────────────────────────────

☆化粧品の正しい保管方法☆
1.使用後は容器の口元をきれいにぬぐい、キャップをきちんと閉める。
2.直射日光にあたる場所、高温多湿の場所、温度変化の激しい場所を避け、常
温の室内に保管する。
3.開封したらできるだけそのまま使い切る。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┣●『とくとく美肌雑学♪』は隔週金曜日にお届けしております。
 ┃
 ┣●配信がご不要の方は、下記URLにアクセスして下さい。
 ┃   http://www.meishoku.co.jp
 ┃ 左のメニューから『メールマガジン』を選び、
 ┃ そちらでご登録の解除をお願いいたします。
 ┃ このメールの下に、配信サービスの「登録解除」が
 ┃ ある方は、どちらでも解除できます。
 ┃
 ┣●掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         Copyright,2006(株)明色化粧品
    メールマガジンに関するお問合せ・ご意見はこちらへ
           meishoku@meishoku.co.jp

      明色化粧品  http://www.meishoku.co.jp
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-23  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。