自然観察

東京港野鳥公園メールマガジン

都立東京港野鳥公園の最新のイベント情報や自然情報などを毎月お届けします。

全て表示する >

東京港野鳥公園メールマガジン

2017/04/15

【ピックアップ自然情報】
サクラが咲いて、カニたちがでてきて、オタマジャクシも見られて…
いよいよ春到来?と思いきや、肌寒い日が続いており冬服をしまうタイミングに悩んでしまいます。
今は人も鳥たちも衣替えの季節、オオジュリンやアトリは夏羽の黒い頭に段々と変わりつつあり、
サギたちも繁殖期に向けて美しい飾り羽を見につけるようになりました。
園内ではシジュウカラやカラス、カモメやカモの仲間のなかで、
群れから離れてカップルとして行動しているものをよく見かけるようになりました。
外の気温が低くても、彼らをみているとつい温かい気持ちになってしまいますね。
さてカモやタカの仲間もそろそろ見納め、次はシギやチドリたちの“春の渡り”の季節が始まります。

【レンジャーの一言】
3月終わりに開花した桜ですが、何度か冬の気候に逆戻り。
おかげで随分と満開の時期が長く続きました。でも、もうそろそろ桜吹雪のころでしょうか。
4月は春夏秋冬の始まりの月であり、新年度の始まりの月であり、
人事異動の月でもあります。野鳥公園のレンジャーの顔ぶれも少し変わりました。
野鳥の会本部に2名のレンジャーが異動になり、ほかの保護区などから
2名のレンジャーを迎えました。総勢7名の小所帯ですから、
個々のレンジャーの個性や専門分野などにより、全体の雰囲気も変わります。
これから野鳥公園のレンジャーはどんな集団になっていくのでしょう。楽しみです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-21  
最終発行日:  
発行周期:月刊、臨時発行あり  
Score!: 81 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/04/15

    美しい飾り羽を「見」につける??