海外

ロンドン日記

96年夏、仕事を辞め、ブリティッシュロックを夢見て渡英。 ロンドンでの生活を中心に、身近な出来事を独断と偏見でお届けします。愛犬ウディーとの奮闘記もお楽しみに!

全て表示する >

ロンドン日記 vol.135

2004/02/27

☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ロンドン日記 vol. 135
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

◇日本との時差:マイナス9時間(グリニッジ標準時)◇

ロンドンの町にオーロラを再現する話を聞き見に行った。 その日はウディーのママも
ロンドンに遊びに来ており、、3人で興味深々に見に行った。 会場はテムズ川南岸の
歩道、サウスバンク地区だ。 サウスバンクは夏にも多くの野外催し物を行うスポット
で、ミレニアムウィール(観覧車)が有ったりとロンドンっ子にも観光客にも人気のエ
リアである。 このオーロラの話はウディーがウェブサイトで見つけた。 オーロラだ
けでなく四季を音楽と共に表現する幻想の世界。。との事だった。 暗く寒いイギリス
の冬を乗り越えるために、人々は色々なことを考えるのだ。 3時くらいから徐々に暗
くなり始め4時には完全に真っ暗となる。 こんな長い夜をどうやって楽しむか? こ
れがロンドンっ子の大いなる楽しみであろう。 

ロンドンに住み始めた当初、秋になると非常に鬱状態になる自分に気づいた。 日の長
い夏から転がり落ちるように短くなる秋。 8月最後の週末の祝日後はクリスマスまで
祝日も無い。 なぜ、あの時期にクリスマスが有るのかが本当によく理解ができる。 
クリスマスというお祭りを楽しみにする気持ちが無ければ、夏から冬への変化がとても
苦痛で、憂鬱なものだからだ。

私達はタクシーでウォータールー橋までたどり着いた。 とても静かな水曜日の夜。 
幻想的な音楽がどこからか聞こえてくることに気づいた。 空を見上げたが特にオーロ
ラらしきものは見られない。 やはり小さい規模のものなのだろうか? それとも今日
は平日だからやっていないのだろうか? 私達は恐る恐る音楽が聞こえる方へ歩いて
いった。 

歩道は霧が吹かれて、地面が濡れていた。 「ええぇぇーー?!これだけですかー?
!」 唖然である。 歩道の木々にはスピーカー、3色に変わるライト、そして霧が出
るホースが取り付かれていた。 その霧を通して見える三色の光。。。それがオーロラ
である。 うまく霧にならずボタボタと大粒の水が滴っているものもある。 通りすが
りの女性陣が「きゃーっ」と悲鳴をあげている。 水が思いっきりかかったのだろう。
 なんとも爆笑である。 これがオーロラですか? 

「写真ではものすごく素晴らしく写ってたんだけどねー(笑)」とウディー。

創造していたものとは程遠いオーロラだったが、努力とアイディアは認めたい。 こん
なことも無ければ平日の夜にわざわざ町へ繰り出していくことも無かっただろうし、ウ
ディーのママにも楽しんでもらったようだ。 私達はそのままロンドンブリッジまで歩
き、お気に入りのパブ、マーケットポーターで一杯飲んで帰った パブは水曜日という
のに人でごった返していた。

家に帰りオーロラの記事が載ってたサイトを再度探したが、そのサイトかはら抹消され
ていた。。。やっぱりね。

まり子

◎ 発行人プロフィール◎
1972年生まれ、横浜出身。1996年7月よりロンドン住人。
1年半の語学留学後、結婚してロンドンに居着く事となる。
現在、日系企業の事務員(と称する何でも屋)。
1999年の夏 赤のMINIクーパーを購入。
2001年12月マイホーム購入。
2002年3月末犬のウディーが我が家に加わる。
http://members.aol.com/marikoabe/woody/woody01.jpg  ←愛犬ウディー
2003年5月赤のMINIクーパースポーツパックを購入。MINIが2台となる。
http://members.aol.com/marikoabe/mini.jpg    ←愛車
********
melma ID: m00003367
mag2 ID: 15875
pubzine ID: 1836

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-03-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。