海外

ロンドン日記

96年夏、仕事を辞め、ブリティッシュロックを夢見て渡英。 ロンドンでの生活を中心に、身近な出来事を独断と偏見でお届けします。愛犬ウディーとの奮闘記もお楽しみに!

全て表示する >

ロンドン日記 vol.133

2004/02/13

☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ロンドン日記 vol. 133
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

◇日本との時差:マイナス9時間(グリニッジ標準時)◇

ブレア首相はブッシュの手下と言われるほど、政治的にイギリスはアメリカの言いなり
である。 私は渡英当初この状況をとても意外と感じた。 イギリス人のことだから、
アメリカ人を下に見て馬鹿にしているものばかりと思っていたからだ。 確かに、国民
はそういう傾向がある。 しかし政治の世界はまったくその逆。 英国はヨーロッパの
一部といっても島国。 まさにアジアにおける日本のような存在。 そして、 Big
Brother がアメリカ合衆国というところもとても似ている。 

先日BBCのお偉いさんが辞職した。 BBCが政府が参戦の根拠としているインテリジェン
ス報告書の一部をでっち上げていると批判した為である。 結局ハットン判事により政
府は無実という結論で終わり、その調査結果と共にBBCのお偉いさんは辞職した。 

その日、全国のBBC社員がロンドンに集まりホワイトシティーにある本社前でデモ行
為。 ブレアはこの辞職・謝罪に対し

「汚名が晴れて良かった。この件は一切忘れたい」

なんてコメントをシャーシャーと述べている。 そりゃー忘れたいでしょ。 絶対何か
あるって(・・・と私は勝手に思い込んでいる)。 みんな、みーんなそう思っている
様だが、結局ブレアの首を締める決定的な事は無かった。

BBC(日本のNHKみたいな存在)とは言えども独立会社。 独立会社としての報道の自由
が抑圧されたのか?と報道されている中、BBCの新トップはひたすら、

「同じような間違えを繰り返さぬよう、これからはもう少しちゃんと調べてから報道を
行う」

などとコメントを述べている。

アメリカと共に参戦する一番の理由だった大量虐殺武器の存在。 ブッシュ・ジュニア
なんて

「まだ見つかってないだけだー」

などと、まだ足掻いたことを言っている様だが、結局どんなに調査が入ったって大統領
や首相は牢屋行きなんて事にはならないでしょう?! なんやかんやと正当化しちゃう
んだよね。 ブレア首相だって

「インテリジェンスの情報を信じていたのに。。。。」

なんてころっと都合の良いような事言って責任逃れしている。

ともあれ、イギリスでも大きな波紋になっているこの一件だが、参戦の結果として、イ
ギリスの景気が良くなり、国民が潤った場合、一般市民は不満を漏らすのだろうか? 
人間なんて所詮わがままな生き物で、モラルをもって戦争反対なんていう運動をする
が、間接的にその結果自分の生活が潤った時、「これは、あの戦争の結果だから」なん
て不満を漏らす人は少ないよね。  こんな人間が栄えつくした末には、マンモスや恐
竜達のように人間も滅びていくのだろうか?

まり子

◎ 発行人プロフィール◎
1972年生まれ、横浜出身。1996年7月よりロンドン住人。
1年半の語学留学後、結婚してロンドンに居着く事となる。
現在、日系企業の事務員(と称する何でも屋)。
1999年の夏 赤のMINIクーパーを購入。
2001年12月マイホーム購入。
2002年3月末犬のウディーが我が家に加わる。
http://members.aol.com/marikoabe/woody/woody01.jpg  ←愛犬ウディー
2003年5月赤のMINIクーパースポーツパックを購入。MINIが2台となる。
http://members.aol.com/marikoabe/mini.jpg    ←愛車
********
melma ID: m00003367
mag2 ID: 15875
pubzine ID: 1836

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-03-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。