地域別

くまから・かまから

みやこふつ(宮古島の方言)で語るエッセイや方言講座、民謡解説、おしらせなどがあります。宮古島出身の人も、そうでない人もまーつき(一緒に)みやこふつを楽しみましょう。

全て表示する >

くまから・かまから vol. 214

2010/02/18

■── 宮古島方言マガジン ────────────────────■
 
  くまから・かまから  第1・3(木)発行 《vol. 214》 2010.2.18
 
■─────────────────────────────────■
   もくじ
   「ふぉーむぬ(食べ物)の話」       naichar-shima
   「宮古テレビ30年の軌跡が記念誌に」   松谷初美
   「つれづれ」               キムキム
   「編集後記」               松谷初美
 
      こんにちは〜。
     思わせぶりな春は、んざがらーんかい(どこかへ)。
     きょうもきょうとて ぴしーぴしの東京です。
     冬季オリンピックもいいけど、くま・かまもね!
 
==================================
「ふぉーむぬ(食べ物)の話」   naichar-shima(下地高千穂出身)
 
 その昔、吉祥寺の井の頭公園の近くに住んでたことがあって、その近く
にラーメン屋があったんだけど、そこのトリソバと五目たまごソバがとて
も旨くて晩飯は毎日のようにそこに通ってた時期があった。
 
 ある時、宮古の先輩に会うことがあり、お互いの近況を話しつつ、腹減
ったから飯でも食いにいくかということになり、先輩に「俺のアパートの
近くに だいず旨いラーメン屋があって、そこのトリソバと五目たまごソ
バはやめられんどうや」と話したら、先輩も「よし、じゃそれをたべに行
こう」となり、そのラーメン屋まで行き、俺は即座にトリソバを注文し、
先輩はというとメニューを見ながら悩んでる様子。
 
 当然、トリソバか五目たまごソバを頼むかと思いきや、「俺はカレー頂
だい!」っつぁー(だって)。一瞬時間が止まった。いや全世界が止まっ
たように思えた。空を飛んでる飛行機も、どこかで走ってるであろうマラ
ソンランナーも、蕎麦屋の出前のバイクも、犯人を追っかけているであろ
うパトカーも全てが止まったように感じられた。
 
 それを見ていた神様が大あくびをしながら目にいっぱい涙をためて難儀
そうに指をパチンと鳴らすと又世界が動き出し、俺も我にかえり、「ハァ
ー!?カレー!??カレーな?ん?カレーな?」と何度も聞き返した。
 
 先輩は「して、カレーを食べたいのに」っつぁー。「あがいー、うわー、
あんちぬぴとぅ!(あんたは そんな人だー!)」俺はものすごく落胆し
た。そりゃー、メニューを見てて突然カレーを食べたくなったかもしれな
いけどさ。そういう友情親切台無的気まぐれ裏切行為はしちゃいかんのじ
ゃなかろうか。
 
 せめて、先輩はトリソバか五目たまごソバを注文し、おいしかったかど
うかは別にして、そして別れ際に「かつぼう、今日はありがとうな」くら
いは言ってほしかったのである。かつぼう的には。
 
 きっと、その先輩は北海道でご飯食べに行ってもカレーを注文するであ
ろうことを難なく想像できたことはいうまでもない。
 
 そういう俺も、昔から食べ物に関してのこだわりとかいうものはほとん
どなく、どこそこのラーメンがおいしいからといって並んでまで食べよう
とは思わないし、たまたま入ったお店がおいしかったら、その店を頭の中
にあるブックマークをクリックして保存し、何かの機会があれば食べに行
くというくらいのものだ。
 
 今、俺が一番食べたいものはソーキ汁である。ソーキ(骨付き豚)と野
菜(昆布や すぅ(冬瓜)、やつうさ(よもぎ)、ばんき゜(桑)の葉や
ら)があふれんばかりに盛られたあのソーキ汁だ。それも宮古に行って、
しかもかーちゃんが作ったソーキ汁じゃなきゃダメである。東京でも食べ
られる店はあると思うが、やはり宮古行ってかーちゃんが作ったソーキ汁
でなければいけないのである。それは何故か?
 
 そのソーキ汁には、俺が生まれてから宮古を離れるまでの色んな記憶が
いっぱい詰まっているからだと思う。一口食べては小さい頃からの畑仕事
を思い出し、又一口食べてはお父、かあちゃん、おじー、おばーに怒られ
た事を思い出し、又又一口食べては宮古を離れたときの宮古空港を思い出
し、と宮古を離れるまでの色々な出来事、あるいは自分という人間の元に
なった何かがそのソーキ汁には凝縮されているんだと思うから宮古行って
かあちゃんの作ったソーキ汁が食べたいと思うし、そういう意味で母親の
味は特別なものだと思う。
 
 人それぞれに母親の味というものはあると思うが、昔に比べて、それが
持つ意味の重要性というのは薄れているんじゃなかろうか。
 
 今の時代は母親が忙しくて料理を作らなくても、近くのコンビニに行け
ば自分の好きなものをいつでも買えるし、いつでも食べられる。という便
利な世の中にはなったと思うが、それによって失われる物もあるという事
に気づかねばなるまい。
 
 親が子を殺し、子が親を殺しと目も耳もふさぎたくなる様な事件が毎日
のようにメディアに取り上げられているが、それにさえ慣れてしまい、
「久しぶりに、上野動物園にパンダがやってきます」という情報と同じ次
元で処理してしまう。
 
 思うに、幼い頃から、母親(父親)が作る、肉体的な滋養だけじゃなく、
精神的にも滋養あふれる料理を食していれば、たぶん、大人になっても大
きく道を外れる事はないだろう。
 
==================================
「宮古テレビ30年の軌跡が記念誌に」 松谷初美(下地・高千穂出身)
 
 宮古テレビは、一昨年(平成20年)開局30周年を迎えたそうだ。そ
の軌跡が『宮古テレビ30年の歩み〜開局30周年記念誌』として、んな
まがた(このごろ)発行された。
 
 宮古テレビは、当時(昭和53年)NHKしか映らなかった島に、ビデ
オテープを使って民放の番組(日本テレビ、テレビ東京、テレビ朝日)を
異時再送信するという画期的なことを始めた国内でも珍しいケーブルテレ
ビである。
 
 若いころ、宮古テレビに在籍していた縁で、先日私のところにもその記
念誌が送られてきた。
 
 いやー、もうなんと言ったらいいか、記念誌の中で書いていた方がいた
が、まさにこれまでの道のりは、プロジェクトX宮古テレビ版である。
 
 記念誌は、ハードカーバ仕立てで、設立される前の宮古の放送事情の現
状や、設立当初からこれまでのことが写真や資料を使い、刻々と綴られて
いる。
 
 特に設立にこぎつけるまでの、ばかーばかの(若い)赤嶺一成社長(当
時38歳!)たちの奮闘、苦労、情熱には、あつーあつのもの(熱いもの)
がこみ上げてきた。そっか、あんちぬこと、かんちぬこと(あんなこと、
こんなこと)いろいろあったんですね。20歳の私は、そんな苦労など
のーまい すさだな(何も知らず)、目の前の仕事をこなすのに精一杯だ
った。
 
 当時の社員の平均年齢はいくつだったんだろう。たぶん、30歳もいっ
てなかったと思う。民放の番組を放送する以外に、自主番組も制作・放送
をする。島のニュースやおしらせ、ドキュメンタリー番組、CM制作等々、
十分でない機材の中で、社員もまた熱く走り回っていた。(自主番組は、
これまで数々の賞を受賞している)そこには、先輩後輩のような固苦しい
ものはなく、のびのび自由な雰囲気がいつもあった。これも社長をはじめ、
上の人たちがそうさせていたんだということが記念誌から伝わってくる。
 
 しかし、経営危機もあったようで、当時経理を担当した人が書いた文章
に、「資金繰りも常に苦しく給与は従業員のみでギリギリという状況だっ
た。初代赤嶺一成社長に私は給与を支払った覚えがない」というのがあり、
初めて知る事実に驚いた。
 
 その後、社長は、砂川典昭氏、藤村明憲氏と引き継がれ、宮古テレビは
だんだんと大きくなっていく。
 
 そして、今やCS放送にBS放送と多チャンネルを流し、ケーブルイン
ターネット、IPフォンも手がける宮古テレビである。うばうがうばい。
(本当にすごい)。30年前のことを考えると信じられない思いがするが
これも、歴代社長をはじめ、社員の皆さん、関係者の皆さんの努力の賜物
だ。
 
 記念誌を読んでいると、宮古テレビが島に果たした役割の大きさが見え
てくる。宮古のために たんでぃがーたんでぃ という感謝の気持ちも。
そして、少しの間(3年)でも、自分も宮古テレビに関われたことをうれ
しく誇らしく思ったのだった。
 
 今後、また20年、50年と経ち、この記念誌は、ますます意味のある
ものになることだろうと思う。
 
 近いうちに、市立図書館等にも置かれる予定とのこと。機会があったら
ぜひ、ゆみみーるよー(読んでみてね)。

==================================
「つれづれ」              キムキム(平良・西里出身)
 
 年度末・・・私にとって毎年、自分自身をふり返る季節である。
 
 健診センターの検査技師・・・という仕事に就いて18年。最初は目標
があったわけでもなく、志を持っていたわけでもない。どちらかといえば、
夢やぶれて検査技師でもやるか?で就職してしまったような気がする。 
 
 就職後、4年くらいたった頃である。今では師と仰ぐ若い先生に「一緒
にエコー検査をやってみないか?」と誘われ、超音波検査を担当するよう
になってからは、んにゃーだいず、やーまい、ふふぁーまい みばからず
(さあー大変、家庭も子供の面倒もみずに)、高校のときより、大学浪人
中よりも勉強した。
 
 たかが健康診断だが、されど健康診断なのである。
 
 はじめて自分の手で早期がんを発見したとき、教科書でみた同じ写真が
映し出されたモニターに釘付けになり、患者の みぱな(顔)が見れず、
なだだだーてぃ いたのうかん(涙を流していたらしい)。あんちーや な
らん(検査技師失格である)
 
 翌年、手術を終え健康診断に現れた初老の彼は、「去年、あなたに病気
を見つけてもらい元気になったよ〜すこし長生きできそうだよ。ありがと
うございました」と若僧の私に頭を下げた。技師冥利という言葉があると
すれば、こういう時に使うのだろうと思う。
 
 この仕事は、どちらかというと病気をみつけることが大部分で、その瞬
間は大体、恨まれることの方が多い。
 
 プロ野球選手になるのが夢の真っ黒に日焼けした中学球児は、心臓健診
で心臓に穴があいていることが見つかった。今日まで元気で何不自由なく
生活してきたのに、健診さえ受けなければこんな辛い思いはしなくてすん
だのに・・・健診の結果を告げた時、親子は泣き崩れた。県大会試合の2
日前に手術、エースとしてマウンドに立つ夢は叶わなかった。
 
 これまで、たくさんの人達と出会い、検査技師として教えられたことは
数限りない。ぷからす くとぅまい、かさます くとぅまい、やまかさあり
(嬉しい事、言葉に出来ないほど辛い思い出も多すぎて)、自分の中でも
整理できないほどである。この検査が・診断が本当に必要だったのかと医
師に相談したことも一度や二度ではない。
 
 かな〜がい がみ(ついこの間まで)、私は治療成績をよくすることが
医療の第一の目標だと思っていた。長生きできる治療法こそが、患者にと
っても、家族にとっても最良の方法と思った。それが辛く苦しいものであ
っても、生きるためには力を合わせて耐え、頑張るのが当然と教えられた。
傲慢な考え方だと思う。
 
 医療は人の痛み、苦しみを和らげてあげることが本来の姿であり、命に
とって大切なことは長さではなく、質であると思う。
 
 私達、医療人は、患者に育てられ、初心を忘れては人を看ることはでき
ない。常に命と向き合い、その手を緩めることは許されないのである。
 
 すでに、ベテランと言われる年齢になり後輩を育てる身ゆえに、せめて、
年度末のこの時期に、自分の仕事と静かに向き合っている。
 
==================================
「編集後記」                      松谷初美
 
 先日、実家から「アオサ」やら「油みそ」やら「黒砂糖」などが入った
小包が届いた。「アオサ」は、今さっき海から取ってきたんじゃないかと
思うほど、やーらーやーら(柔らかく)、かばすーかばす(良い匂い)!
宮古は、浜下りの季節がやってきたんですね〜。いろいろな地域のアオサ
が東京でも手に入るけど、やっぱり、宮古のは、格別!味噌汁に入れて味
わっています。残りは、あさず(えび)と一緒に天ぷらにしようかね〜。
 
 さて、vol.214は、のーしが やたーがらやー?
 
 naichar-shima久々の登場〜。ばっしらいん(忘れられない)母の味、
ありますよね〜。それが食べたいがために、実家に帰るということもある
のでは?息子が小さいころ、親が子どものためにしっかりごはんを作って
いたら、子どもは大丈夫だよ。とある人に言われたことを思い出しました。
naichar-shimaのかあちゃんは、彼が帰ると必ず、ソーキ汁を作って待って
いるそうです。

 宮古テレビの記念誌を読んでいたら、あの頃のことが パーッと蘇って
きました。番組を作るのも、放送を流すのも何でも手作り、手作業という
のが多かったので、ハプニングや失敗も だう(いっぱい)あったなぁ。
当時の裏話など、またの機会に、書きみーでぃびゃー(書いてみようかな)
と思っています。宮古テレビについて思い出のある方も、ぜひ、その話し
を聞かせてくださいね。いろいろあると思うさー。
 
 仕事を覚え始めたころの、キムキムさんの一生懸命さに なだ(涙)が。
自分のことのように き゜む(心)を痛めることができるというのは、と
ても素敵な検査技師さんですよね。検査技師として医療にまっすぐに向き
合い、患者さんのことを思っていく姿にも感動しました。「初心を忘れな
い」こと、大事ですね。
 
 あなたの感想もぜひ、きかしーふぃさまちよー(聞かせてくださいね)
最近、感想メールが少なくて、さぶすむぬ(さびしい)です。
 
 メールは、くまがみ(こちらまで)!
 kumakama@mbp.nifty.com
 
 きゅうまい しまいがみ ゆみふぃーさまい すでぃがふ〜。
 (最後までお読みいただき ありがとうございました)
 
 次回は、3月4日(木)発行予定です!
「三線の日」の日ですね〜。民謡の登場もあるかも!
どうぞ、お楽しみに〜。
あつかー、またや〜。
 
──◆─────────────────────────────◆──
   編集・発行  : 松谷初美
   メール    : kumakama@mbp.nifty.com
   ホームページ : http://kumakarakamakara.hp.infoseek.co.jp/
   バックナンバー: http://www.melma.com/backnumber_33637/
   配   信  : melma! <http://www.melma.com/>
   登録・解除  : http://kumakarakamakara.hp.infoseek.co.jp/
──◆─────────────────────────────◆──

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-20  
最終発行日:  
発行周期:月2回 第1・3木  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/19

    お母さんのソーキ汁、検査技師の方の胸打つ話等ジンときました。また宮古TVの話も懐かしく小生がケーブル機器メーカーに在職時毎年開催されるトライアスロン競技の中継機器をレンタルで貸し出しました。その後、定年退職して宮古フリークになりました。貴誌の発行を毎回楽しみに拝読させていただいております。これからも長く長く読ませて戴きたいと願っております。