演劇

えんぺ新聞

国内の小劇場演劇に関する情報を、毎日配信でお届けします。
毎日のおすすめ芝居、公演の感想(1日平均10本以上)など。
国内最大の小劇場演劇HP、「えんげきのぺーじ」と連動しています。


全て表示する >

Enpe Daily 02/10/22

2002/10/22

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ えんぺ新聞Daily 02/10/22号

 

■ 今日(10月22日)のおすすめ芝居


詳細版 → http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/hosi/

     から    まで             おすすめ度
------------------------------------------------------------------------
    10/ 9 - 10/26 大人計画日本総合悲劇協会★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    「業音」 at 草月ホール     

    10/ 3 - 10/24 遊◎機械/全自動シアター★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    「クラブ・オブ・アリス」 at 青山円形劇場    

    10/ 5 - 10/31 市村正親・松たか子出演 ★★★★★★★★★★★★★★★★
    「モーツァルト」 at 日生劇場      

    10/ 9 - 10/24 蜷川幸雄演出      ★★★★★★★★★★★★★★
    「マクベス」 at シアターコクーン  

    10/ 5 - 10/24 二兎社         ★★★★★★★★★★★★★★
    「新・明暗」 at シアタートラム   

以上が今日のおすすめ芝居ベスト5です。

 

■ 前売チケット・TV(3日分)


今日: 10/22 (火)  TV/NHK/BS2
    劇団四季「ラ・ソヴァージュ」(12:15〜)

明日: 10/23 (水)  TV/NHK/BS2
    劇団四季・石丸幹二出演「ハムレット」(12:15〜)

明後: 10/24 (木)  前売/一般
    ポかリン記憶舎「茶室ゆべし庵『砂の瞬き』」@しもきた空間リバティ

明後: 10/24 (木)  TV/NHK/BS2
    劇団四季・下村尊則出演「ハムレット」(12:15〜)

以上、4件が3日分の前売・TV情報です。

 

■ 昨日(10月21日)の一行レビュー


最新版 → http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi

10/18-10/21「キトヒト」(ククルカン)@ザムザ阿佐ヶ谷
  ★★   ありがちな展開。笑いは、キャラ勝負なところが多々あって、練ら
           れてない。別にその設定じゃなくてもいいんじゃないかと思わせる
           。 (下っ端)

10/18-10/20「your voice」(THEATER DREAM PROJECT)@プロト・シアター
  ★★★  芝居って上手い下手ではないですね。主観ですが、役者の気持ちが
           上手い具合に出てたような気がします。 (まからん)

10/16-10/20「70’s〜恋するジャンヌの想い出原子炉〜」(人気アイテム)@OFFOFFシアター
  ★★   2話目。甘い生活。フーツーの話。でも15分でよくここまでと言
           う感じ。ただ主役の女の人はミスキャストな気が。あと石渡あやさ
           ん。5話全部に出ているけど、演技使い分けできていて面白かった
           。 (ぱぱ)

10/19-10/20「エレファント・マン」(藤原竜也・小島聖出演)@かめありリリオホール
  ★★★  藤原くん、今井さん好演。美術、照明、音楽が素晴らしい。湯澤さ
           んの歌声も美しくて効果的。 (いと)

10/ 9-10/19「ジャック・ブレルは今日も…」(青井陽治演出)@サザンシアター
  ★★   Aチーム。堀内敬子さんが○。歌い手それぞれの個性も出て、夫々
           のファン的には大満足か。でも日本語で歌うと、全くシャンソンに
           聴こえず平凡なミュージカルナンバーと化してしまう。ジャック・
           ブレル本人のレコードの歌声が、一番パワーがあった。 (いと)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  −感想− 圧倒されました!松尾さんはやっぱり非凡な人だと私は思います。
           荻野目さんの体を張った芝居にはド肝を抜かれました。もう一度み
           たいなあ。片桐はいりさんはさすが!!すごい女優さんです、 (ブル)

10/ 5-10/24「新・明暗」(二兎社)@シアタートラム
  ★★★  1020M−原作未読。廻り舞台が、なんか忙しない。永井らしさ
           が見出せなくて残念。アンサンブルは良し。 (AoZshi)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  ★★★  1020S−近作に見えた丸さに一転、ドロドロと蠢く松尾節を堪
           能。囁き具合といいピアニッシモという感じ。 (AoZshi)

10/15-10/16「おーい、救けて/動物園物語」(鈴木裕美・鈴木勝秀演出)@PARCO劇場
  ★★★  田中哲司はイッちゃった奴を演じると凄い。近くに来られるとマジ
           怖かった。 (タケダ)

10/18-10/27「言葉」(シアター21)@俳優座劇場
  ★★★  年に一度ぐらいは、こういう歯ごたえのある芝居をみたい。ただ、
           モサドの緊迫感がいま一つ感じられなかったと思う。 (don)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  ★★★  この世の異形さをくっきりと浮き彫り、松尾ワールドを堪能しまし
           た。ただ「荻野目慶子」を生かしきれてなかったのでは。 (don)

10/19-10/20「御好意」(劇団上田)@アドリブ小劇場
  ★    チラシで抱いたイメージそのものの個性的な役者さん達。もう少し
           上手くまとめ上げればこれからが楽しみな劇団。発声が凄く良い。
            (レッチリ)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  ★★★  最初なかなか入り込めず、焦りました。でものってきたらあとは最
           後まで圧倒された。ただ、草月ホールでなくても。 (ぜら)

10/19-10/20「虹屋敷」(唐組)@西新宿原っぱ
  ★★★  久々に楽しめた唐組。稲荷さん大熱演!他の役者陣も貫禄!そろそ
           ろ新人とベテランの境がなくなってきたような気が。。 (なきち)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  ★★★  ひとことで言うと、なんかすごかった。面白い、というのとはちが
           う感覚で圧倒される。観てる方も疲れました。 (pink)

10/17-10/20「パンクの園」(ブルドッキングヘッドロ…)@高円寺明石スタジオ
  ★★★  意味がなくて好きでした。ストーリー追っちゃだめなのね。一部の
           役者ががんばりすぎないでくれると、もっと面白かったと思います
           。 (pink)

10/18-10/21「キトヒト」(ククルカン)@ザムザ阿佐ヶ谷
  ★★   それなりに完成度は高かったけど設定含め練りが足りない。不満も
           あるけど十分楽しめた。客演陣の一部が所属先よりよかったのは収
           穫。 (りさ)

10/19-10/20「虹屋敷」(唐組)@西新宿原っぱ
  ★★★  とにかく楽しい。会場も含めてこの芝居の世界が持つ儚さがまた愛
           しい。 (bobf)

「信長〜ついていくしかないのね」(春風堂)@芸術劇場小ホール 
  ★★★  熱い舞台。人が斬り込む際の一瞬の熱さが伝わる。馬と殺陣のシー
           ンが圧巻。 (かえ)

10/ 9-10/20「蜘蛛女のキス」(tpt )@ベニサン・ピット
  ★★★★ アッカーマン演出をベースにして、その骨格をはっきりと呈示する
           ことによって薛珠麗は本作がさまざまな形に発展する可能性がある
           ことを示した。今回は昨年の舞台よりセクシャリティをより鮮やか
           に描き、ロマンチックなデートムービーの対極にある作品として、
           恋愛の深さ、不思議さを自分の頭で考えてみたい観客のための舞台
           として仕上げていると思う。モリーナ役の山本亨の演技のひろがり
           とふくらみは村井国夫を越えたと思った。 (秋拓)

10/12-10/27「隠し砦の肝っ玉」(黒テント)@北千住西口広場
  ★★★★ 思わず喝采を送りたくなる舞台。ブレヒトを扱わせたら、山元清多
           は天下一品の作品の作り手であった。これだけ高密度の台詞で、主
           人公の苦悶という重たい要素がありながらも、たくましい人物たち
           が織り成す軽妙なシーンが要所に配置されていていることが素晴ら
           しい。当然のことだが、音楽劇としてもとてつもなく充実しており
           、大劇場のミュージカルを一度観るよりも、本作を三回観る方が演
           劇の愉楽を感じることができると思う。 (秋拓)

10/ 9-10/20「蜘蛛女のキス」(tpt )@ベニサン・ピット
  ★★★★ ベニサンピットという狭い空間の中でそこが舞台の上である事を忘
           れてしまうくらい真に迫った芝居。息が詰まりそうなほどストーリ
           ーににのめり込んだ。再演熱望。 (at)

10/19-10/27「月の向こう側」(ロベール・ルパージュ演出)@世田谷パブリックシア
  ★★★★ 観客に緊張感を与える序盤の後、緩急自在のロベール・ルパージュ
           の魔術により、催眠術のようなトリップ感覚を味わってしまい、劇
           場にいることすら忘れてしまい、クールで美しい化け物じみたイマ
           ジネーションの洪水と宝石のような場面の数々に息を呑んだ。演出
           家の想像力に、これだけの拡張性、自由度、柔軟性があることに圧
           倒されてしまった。『HIROSHIMA』の完成版が日本で観た
           いという想いがさらに募ってしまった。 (秋拓)

10/ 9-10/26「業音」(大人計画日本総合悲劇協会)@草月ホール
  ★★   落ちてゆく明かりに呟くようなセリフが印象的。「存在=情報」と
           いうモチーフが面白い。 (はち)

10/18-10/21「写真の神様」(伊トウ本式)@早稲田どらま館
  ★★★  美術ナイスガッツ!(舞台上から続いて、客席床・座席・ぐるりの
           壁まで美術で処理) 脚本も大人数をうまくまとめた。ストンと胸
           落ちしたかったが。 (TAM)

10/17-10/20「信長〜ついていくしかないのね」(春風堂)@芸術劇場小ホール 
  ★★★  足軽の悲哀というか…ボスのことって下々のものにはなかなか理解
           できないものよね、なんて思いました。信長の解からなさが出ると
           もっと「ついていくしかないのね」って思えたかもしれない。でも
           、信長の馬、カッコ良かったです。 (ふふ)

10/ 3-10/24「クラブ・オブ・アリス」(遊◎機械/全自動シアター)@青山円形劇場
  −感想− シングルウーマン浅野さんの切なくも愛おしい存在。高泉も縦横無
           尽。カンパニーとしての求心力も素敵。装置で役者の演技が見ずら
           い所はチョッピリ歯痒かった(^^; (midori)

10/19-10/20「人形アラ?モード 」(いっこく堂出演)@東京芸術劇場中ホール
  ★★★  1つの作品としてのまとまりが更に向上。キャラを絞り込み新たな
           一面も見せてくれた♪客いじりも適度にあり一緒に楽しく盛り上が
           る感じが気持ちよかった! (midori)

10/18-10/30「沈黙の光」(文学座)@文学座アトリエ
  ★★   難しかった。悪かったわけじゃなく。レベルは高いし、役者も魅力
           的だけど、カタルシスはない。全体が結びついてるんだろうけど、
           ・・・?思わせぶりにしか受け取れないのは悔しくもあり。 (ムー)

10/18-10/30「沈黙の光」(文学座)@文学座アトリエ
  ★★★★ 新進気鋭の作家+脂の乗り切った演出家+実力のある役者…これに
           アトリエの空間が見事にマッチ、大変な傑作が生まれた。新たな伝
           説の一ページとなっただろう  (つばめ)

以上、30件が昨日の一行レビューです。


■ 提供 : えんげきのぺーじ http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/
■ 登録・解除・変更 : http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/shinbun/
■ お問い合わせ先 : にしかど <nskd@enpe.net>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-01-03  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ようじ〜!2007/09/24

    青井陽治・・・性格最悪です・・・.多分,なっとくいってない人ってたくさんいると思う.物凄いワガママ!