演劇

えんぺ新聞

国内の小劇場演劇に関する情報を、毎日配信でお届けします。
毎日のおすすめ芝居、公演の感想(1日平均10本以上)など。
国内最大の小劇場演劇HP、「えんげきのぺーじ」と連動しています。


全て表示する >

Enpe Daily 08/01/14

2008/01/14

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ えんぺ新聞Daily 08/01/14号

 

■ 今日(1月14日)のおすすめ芝居


詳細版 → http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/hosi/

     から    まで             おすすめ度
------------------------------------------------------------------------
残念ながら、今日のおすすめ芝居はありません。

 

■ 前売チケット・TV(3日分)


今日:  1/14 (月)  前売/一般
    七瀬なつみ出演「屋上庭園/動員挿話」@新国立劇場小劇場

明日:  1/15 (火)  前売/一般
    桃園会「追奏曲、砲撃」@ザ・スズナリ

明日:  1/15 (火)  TV/WOWOW
    みうらじゅん&いとうせいこう「ザ・スライドショー10」(深夜4:20〜)

以上、3件が3日分の前売・TV情報です。

 

■ 昨日(1月13日)の一行レビュー


最新版 → http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi

1/ 11- 1/ 15「complex」(劇団とっても便利)@青山円形劇場
  ★★★  絶賛のうわさを聞いて拝見。小劇場ミュージカル。歌とせりふの移
           行が自然。突然選挙に立候補した中年男の悲喜劇。作者は世界的な
           チャップリン研究者。本人も出ててキャラ面白い。脚本の世界観は
           独特。一見の価値はあり。 (しん)

1/ 9- 1/14「夢のひと」(マキノノゾミ演出)@サンシャイン劇場
  ★★★★ 戦前〜戦後の大阪商家という、わかぎゑふ得意の舞台が、マキノノ
           ゾミの演出と升毅らの熱演でパワーアップ。ひととひととのつなが
           りにじんとくる、安心して見られる芝居に仕上がっている。劇中の
           開戦前夜の世相に、いまの日本社会が重なって考えさせられつつも
           、笑って泣けるお得な話。傑作。 (猪名川かっぱ)

1/10- 1/16「目を見て嘘をつけ」(KAKUTA)@シアタートラム
  ★★   誰にでも楽しめるいい芝居だと思った。役者の力量もなかなかだっ
           た。 (ワインと女)

1/ 4- 1/ 8「スチュワーデスデス」(クロムモリブデン)@駅前劇場
  ★★★  クロムモリブデンの印象は、はじめのうちはなんとかついていける
           のだが、中盤でわけがわからなくなるって感じだったが、今回は違
           った。ストーリーの核がしっかりしていた。 (ワインと女)

1/ 9- 1/14「夢のひと」(マキノノゾミ演出)@サンシャイン劇場
  ★★   神田沙也加と安倍麻美のからみがほとんどなかったのが残念。  (ワインと女)

1/11- 1/21「百千万2008改訂版 」(劇団鹿殺し)@下北沢駅前劇場
  ★★   胸に突き刺さる言葉がいくつか。映像、イベントも○。 (いしいし)

1/11- 1/14「残魂エンド摂氏零度」(デス電所)@ザ・スズナリ
  ★★★★ 歌あり踊りあり、映像効果もカッコイイし、テーマも興味深かった
           。個人的には『夕景殺伐メロウ』に近い印象。いつも通りレベルの
           高い音楽にお年玉で+★。 (いしいし)

1/ 1- 1/31「キル」(NODA・MAP )@シアターコクーン
  ★★★★ キルは初見。野田さんの大きさを感じました。余韻が残ります。妻
           夫木君聞き取りづらいが目に力があり、勝村さんは最高 (!)!)!)!))

1/ 9- 1/14「夢のひと」(マキノノゾミ演出)@サンシャイン劇場
  ★★★  自分にとって大阪弁は非日常言語なので、小説を読むように楽しん
           だお芝居。切なくてほのぼのとして時々悲しくて、たまには素直に
           泣くのもいいかなと思える。ベテラン陣の演技はさすが深みありで
           した。お母さんを安心して誘える。北海道公演もがんばってくださ
           い。 (のんのん)

1/10- 1/16「目を見て嘘をつけ」(KAKUTA)@シアタートラム
  ★★   どれも中途半端で思わせぶりで心情が描ききれてない。ドタバタで
           役者の質も未熟すぎる。笑いが起きていたがどこが面白いのか?☆
           は難しい役柄をこなしていた筒井さんに。 (みー)

1/10- 1/16「目を見て嘘をつけ」(KAKUTA)@シアタートラム
  ★★   統一感に欠ける。力みを過剰演出に変換出来ていれば、気持ち悪く
           ないのだが。 (taka)

1/ 9- 1/14「翼をくださいっ!さらばYS-…」(ギンギラ太陽's)@天王洲銀河劇場
  −感想− 東京人としては実にうらやましい芝居の作り方。久々に衝撃を受け
           ました。熱いし、役者が遊んでる。ストーリーは極めて真面目。発
           砲好きだった人はここも好きになるかも。「メジャーになるな、九
           州で遊べ!」福岡の人、いいなあ。 (しゅう)

1/ 1- 1/31「キル」(NODA・MAP )@シアターコクーン
  ★★★ 思ったよりも妻夫木君がよくて感動!広末の腹筋もすごい!ただ野
           田さんの声がカレ気味で残念…体が柔らかいのは解ったけど、重要
           な役はそろそろ若手に任せて演出に専念した方が良いのでは? (しんちゃん)

1/ 9- 1/14「翼をくださいっ!さらばYS-…」(ギンギラ太陽's)@天王洲銀河劇場
  ★★★★ 今までの劇団にはなかった奇抜な発想の芝居作りに驚きました。ち
           ょっと昭和の香りがしますね。何よりも素晴らしいのはストーリー
           ではないでしょうか。福岡の方が本当にうらやましいと思いました
           。 (ひよひよ)

以上、14件が昨日の一行レビューです。


■ 提供 : えんげきのぺーじ http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/
■ 登録・解除・変更 : http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/shinbun/
■ お問い合わせ先 : にしかど <nskd@enpe.net>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-01-03  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。