トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 萬晩報-お江戸のデスク日記

戦前に日本最大の発行部数を誇った黒岩涙香
の「萬朝報」にあやかり命名、経済を中心に
分野を超えたコラムを発信します。主筆を中
心に内外に65人の通信員を抱えます。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



「萬晩報」 050225 リベリアのジョンからの便り

発行日:2/25

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 20,000部発行 □□

  ■萬晩報 コラム配信ジャーナリズム■  http://www.yorozubp.com/ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


  リベリアのジョンからの便り

     2005年02月25日(金)アメリカン大学客員研究員 中野 有 

 リベリアの現実はあまりにも悲しい。1989年のクリスマスに象牙海岸の内
陸部から、後の大統領、チャールズ・テーラーによるゲリラ戦の侵攻が始まり、
7年半にわたる内乱が続いた。実にリベリア250万人の人口の3分の1が国外
難民となり、国内外を併せると4分の3が難民になったのである。
 
その紛争前のリベリアに1987年の秋から2年間、国連工業開発機関(UNI
DO)の中小企業育成のプロジェクトに従事し、内乱が勃発する2カ月前に契約
を終え、ウイーンの本部に戻った。モンロビアからギニー、象牙海岸方面に25
0キロ入った奥地に駐在したが、偶然にもこのバンガという地が、反政府軍の拠
点となったのである。

 その後は、リベリアのニュースを傍観するだけで15年の月日が流れた。昨年
の正月、京都の実家で、リベリアからの電話を受けた。深夜、雑音とともに
「Mr. Nakano, Liberia John」と懐かしい声が飛び込んできた。ジョンの声を聞
くやいなや、15年前のリベリアのタイムスリップした。

 「ジョン、生きていたのか」。ジョンも子供達もみんな内乱の犠牲になったと
思いこんでいた。この15年ぶりのリベリアからの便りがきっかけでジョンとの
メールの交信が始まった。今回のエッセイは、紛争を経験したリベリアの奥地の
ジョンや子供達の希望のみならず、リベリア副大統領、カンボジア副首相、そし
てリベリアで活躍する日本人ボランティアの声を盛り込み、アフリカの奥地にお
ける開発援助のあり方を観察したく思う。

 ワシントンのタクシードライバーは、アフリカ出身者が多い。彼等は口を揃え
るように「昔のアフリカは良かった」という。70年代までのアフリカは、独立
と発展のリズムに酔いしれる勢いがみなぎっていた。しかし、80年後半以降の
アフリカは、紛争が発生し、エイズが蔓延し、発展の時計の針が逆方向に回って
いる。このアフリカの悲劇は、東西の冷戦の終焉も影響し、アフリカ人によるア
フリカの声やアフリカの現地の現状を無視した世界の動きと決して無関係でない。

 リベリアの声

 当時、高校生であったジョンは、赴任した日からリベリアを去る日までの2年
間、一緒に生活し、ハウスボーイとして家事一切を賄ってくれた。30歳の新婚
早々の準専門家がアフリカの奥地でサバイブできたのは、ジョンのお陰であった。
ペレ族出身のジョンは、ジャングルで口にする珍しい料理から、こちらの口に合
うスパゲティーまで、色んな料理を作ってくれた。

 電気、水道といった当たり前のインフラが整っていない生活にはアフリカのロ
マンがあった。大半が井戸水とジェネレーターに頼る生活であった。大地を床に
夜空を天井とする、とまではいかなくても自然とシンクロナイズした、先進国と
対極的なロマンティックな生活であった。

 ローソクやランタンの光を照らし、アメリカの平和部隊、日本の青年海外協力
隊、ヨーロッパのミッション系のボランティアとアフリカの理想を語り合ったし、
土着の企業家(家具製造、鍛冶屋、養鶏、養豚、小売業等)を集め、パーティー
も好奇心の趣くまま頻繁に行った。ノートや鉛筆が無縁の子供達が集まり、気が
つけば妻が開設した寺子屋には、素直で真剣な眼差しで勉強する子供達で満ちあ
ふれていた。妻が買い物に行くときには、子供の行列ができた。そんな子供達が、
透き通った声でアフリカの奥地でしか聞けないような実に素晴らしい歌を披露し
てくれた。まざまざとその情景が蘇ってくる。すべてが新鮮でかつ平和なアフリ
カの奥地の日々であった。

 特に「ちび黒サンボ」そっくりな5歳のブグメという男の子は、本当になつい
てくれた。いつのまにか、家の前に住んでいたブグメは、家族の一員のような存
在となり大学までの進学を約束することとなった。15年の熟成を経てその約束
が果たせることが嬉しい。

 これがアフリカの思い出である。目に焼き付いているリベリアの情景は、ジャ
ングルのグリーンと赤土と透き通る青空である。ジョンからの連絡では、それが
すべて灰色のゴーストタウンのようになったというのである。ジョンやブグメは、
紛争が始まった時に、運良くジャングルに逃れたという。部族間の闘争により、
当時の子供達もゲリラ部隊となり紛争の前線に駆りたてられたという。

 紛争が始まる2カ月前まで生活したのであるが、不安な要因、例えば一晩中、
銃声や叫び声が聞かれた時もあったものの、家が破壊され住民のほとんどが難民
になろうとは全く予測できなかった。

 ジョンやブグメに問いかけてみた。どのような復興支援ができるのかと。
 以前に較べ治安は良くなってきたが、日雇い的な建設関係の仕事がやっとだと
いう。バナナ、マンゴ、パパイヤ等のアフリカの果物の恩恵で飢えはあまりない
という。必要なのは、仕事を始めるための最低限のお金と技術を身につけるため
の教育のための投資だという。彼等の立場に立ってみても、先進国に期待するの
は、緊急支援、すなわちすぐに役立つ支援と知的インフラだろう。

 2月中旬に韓国で開催されたシンポジウムで、北東アジアの平和構想を発表す
る機会に恵まれると同時に、そこで、カンボジアのノロダム副首相やボスニアの
ガニック元大統領の発表を聞くことができた。ノロダム副首相は、教育の向上こ
そ最も重要であるが、先進国の援助による知的インフラ構築の問題点は、カンボ
ジアの優秀な人材が国外に流出することだと指摘されていた。また、ガニック元
大統領は、緊急支援が必要な状況においても、先進国や国際機関の援助には、調
査・研究、官僚的な複雑な手続きの要素が強く、現場がタイムリーに必要とする
ものがなかなか供給されなかったと述べておられた。

 ワシントンで開催されたシンポジウムでは、リベリアの副大統領と会った。副
大統領が滞在されたホテルでゆっくりとお話しを伺うことができたのは、この1
0年間、リベリアでボランティア活動をされている主婦の長谷川愛優美さんのお
陰であった。副大統領は、東京オリンピックに陸上の選手として参加された人で
あり、日本通である。長谷川さんは、自費でリベリアのボランティア活動を行っ
ておられ、リベリアの子供達に教育の機会を提供されている。リベリア人の立場
に立って、内乱の最中の危険な地域にも足を踏み入れて活動をされてたことを聞
き本当に驚いた。流暢とはほど遠いリベリア訛りの英語にも係わらず、リベリア
の副大統領から尊敬されている長谷川さんの姿に接し、今まで会ったどんな開発
の専門家とは比較ができない程に脱帽する魅力があった。このような実績のある
人物に、開発資金を提供し、リベリアの開発を任せるべきである。お金が無くて
もリベリア人から尊敬される人に開発資金がつけばどれ程ダイナミックな活動を
されるのだろうか。検証してみたい。

 アフリカの奥地の開発援助のあり方

 開発援助の専門家の欠点は、現場の調査や報告書作成に主眼がおかれることか
ら現地の人々が求める敏速な支援が不十分であるところであると考える。現地の
人々が求めていることを現場の視点で敏速に提供することが求められている。机
上の学問としての論理的、講釈、そして官製マニュアルではなく、感性と情熱と
平和構築のビジョンである。また、知的直感や経験的直感による現場で応用でき
る能力である。

 最後に、JICAにお願いしたいことある。それは、アフリカの内戦で被害を
受けた国を対象に、小学生、中学生、高校生、大学生、企業家の5つの分野での
エッセイコンテストを実施することである。主題は、「あなた自身を磨きながら、
あなたの地域、あなたの国を繁栄させるために、どんな具体的な活動ができるの
か。そして先進国の援助として何を期待しているか」。

 独立と発展の勢い溢れる古き良きアフリカには、市民の力で地域と国を立て直
し、発展させようというパワーがみなぎっていた。そのパワーを復活させるため
にも、アフリカの夢と理想と希望を持った子供達や学生や企業家が意見を発信す
る場をエッセイコンテストとして提供し、そして奨学金や企業家の運転資金を提
供しながら彼等の理想を実践することが重要だろう。ジョンやブグメ、そしてバ
ンガの子供達は、エッセイコンテストに参加し、開発の専門家を驚かす発想を提
示するだろう。そして彼等は、その夢と理想をきっといつの日か実現させると信
じる。

 中野さんにメールは mailto:tomokontomoko@msn.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ご意見、感想: mailto:editor@yorozubp.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際平和協会が発行する機関誌『国際平和』2004年秋冬号発行

 巻頭言  
 特集「アジアの意思」  
 ・欧陽台湾外交部次長インタビュー  
 ・台湾の意思はやはり中華民国なのか 伴 武澄 
 ・中華民国の国緯 アジアは恩讐をこえ、復、縁が蘇る 寶田 時雄 
 ・ケネディの平和戦略12項目と北東アジア 中野 有 
 西太平洋で国際語になりかけた日本語 伴 武澄 
 限界に来た最近の世論調査 橋本 幸子 
 賀川豊彦の世界6  
 『みつばちマーヤ』の刊行について 菅野 秀郎 
 国際平和協会から  
 編集後記 

 ご希望の方は送料込み500円でお送りします。(代金は郵便振替)
 購入は kyokai@jaip.org まで。住所、氏名を記入してメールで受け付けます。
 バックナンバーは各号余部があります。(2冊800円、3冊1000円)

 財団法人国際平和協会
  ホームページ http://www.jaip.org/
  メールマガジン購読 http://www.jaip.org/haishin.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  このメール配信を止めたい方は http://www.yorozubp.com/link/haishin.htm
 からお願いします。アドレスを変更する場合は、古いアドレスを解除して
 新しいアドレスで登録しなおしてください。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     (C) 1998-2004 HAB Research & Brothers and/or its suppliers.
                        All rights reserved.

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 記者コラム「インターネットで読み解く!」

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    1546人

    インターネットの水先案内をして15年の実績。元全国紙科学記者として鍛えた目利き力を駆使し本音で語る鮮烈時事コラム。「インターネットの使い方がわかった」と評判です。現在、「Blog vs. Media 時評」を中心にした活動のダイジェストをお届けしています。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17039人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24228人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    7056人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う