語学・言語学

英検「2級」合格おまかせ!マガジン

合格への「心構え」「学習法」「こつ」を、合格体験者のおやじが説く。真に役立つ「合格情報」。「どのように学習したら合格できるのか」を、分かりやすく具体的に示す。本当に「やる気の受験者に贈る。すでに読者117人が(準1と合わせ)合格した。


全て表示する >

☆おしらせ=英検「2級」合格おまかせ!マガジン

2004/07/03



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲                        ▲
▲ 英検「2級」合格おまかせ!マガジン      ▲
▲                        ▲
▲ 「melma!」での読者の皆様へ          ▲
▲            bluewoody    ▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 先に、お伝えしたように、このマガジンは、7月3日号から、「まぐま
ぐ」からの発行に統一します。

 これまでのご愛読、まことにありがとうございました。

 今後は、以下の「☆重要なお知らせ」にしたがって、「まぐまぐ」に登録
し、これからもご愛読ください。

 なお、まだ登録の手続きが済んでいない読者のために 「 ■英語は旅
路の彩り=旧『激励のメッセージ』」 は、今後2回ほどは、「melma!」
でも発行します。

 それ以降は、「まぐまぐ」のみとなります。
 
 よろしくお願いいたします。

■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」

 2次試験まで、あと一週間あまり。ここに至って、「いまさらじたば
たしても始まらない」−などと、諦観すべきでない。実は、試験の1週
間前だからこそ、適正な(自分に合った)方法で、「自分を試験に慣ら
す」訓練は有効なのだ。どういうことかというと、この期間に過去問題
に挑んで、これへの対処法を自分なりに、あれこれ思案してみるのだ。
これを、一週間前から、続けていくと、アタマが自然に「受験モード」
に染め上げられていくのだ。試験に慣れるのだ。この時点で居直って、
「まあ、なるようになるさ」という態度は、もっとも危険である。毎日、
少しの時間でもよい。過去問題に「親しむ」時間を持っておく。これが、
本番で効いてくる。


☆重要なお知らせ

1  英検「準1級」合格おまかせ!マガジン と 英検「準2級」合格
  おまかせ!マガジン の発行サイトを、7月3日号から「まぐまぐ」に
  統一します。

   したがって、

================================= 
  「melma!」によって両マガジンを購読している人は、今後、「まぐ
まぐ」に購読登録をしてください。
=================================

 「まぐまぐ」での読者は従来のままで、変更の必要はありません。

▼1級の購読登録はここで
http://www.mag2.com/m/0000025735.htm

▼2級の購読登録はここで
http://www.mag2.com/m/0000060962.htm

2  7月3日号から、これまでのメールマガジンの「本文」をホーム
  ページ上で発行します。このため、本文はホームページで読んでくだ
  さい。メールマガジンには、「■英語は旅路の彩り=旧『激励のメッ
  セージ』」などを、これまでどおり掲載します。

▼ホームページはここ
 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/3032/

3 ホームページの内容を、さらに充実させます。
 その第一弾として、これまでの合格読者の「喜びの声」を掲載。これ
 は、合格者がbluewoodyにくださった合格報告メールです。

  メールを拝読してあらためて、驚くこと。それは、年齢を問わず、多
 くの人が、英検合格を目指して「自分の勉強」を、自分なりに真摯に続
 けている事実です。
 
  こうした人たちの生の声を、bluewoodyだけが拝読しているのは、あ
 まりにもったいない−という気持ちになりました。なぜなら、合格者た
 ちの声は、これから受験する人、何回か受験した人、受験はしないが英
 語の勉強を続けたいと思っている人たちにとって、前向きで大きな刺激
 となることを確信するようになったからです。

 こうして、あえて、このホームページで公開させていただくことにし
 ました。掲載にあたり、メールをくださった皆様には、個々にはおこと
 わりをしていません。

  掲載の目的が上記であることと、個人を特定できる情報は省いてある
 点を勘案されて、ご寛恕くださるよう、お願い申し上げます。
 
[掲載にあたり、以下の基準を採用しました]
 1 住所、氏名など個人を特定できないようにした。
 2 読みやすさなどの観点から、改行など体裁上の手を加えた。
   しかし、内容の改変はしていない
 3 bluewoodyの判断により、割愛したメールもある。

 ということなので、これからも安心して、どしどし合格報告のメール
 をお寄せください。あなたの声が、“後輩”たちをとても励ますことに
 なります。

4 改良の理由

  メールマガジンの発行サイトを「まぐまぐ」に統一、マガジン本文を
 ホームページ上での公開に変更。主にこの二つの改良をする理由は、

  1 ホームページをなるべく頻繁に訪れていただくため
   2 発行サイトを統一して、bluewoodyの作業量を減らすためです。
       ただし、減らすのは発行のための実務的な作業量であって、こ
       のことは、マガジンの品質を落とすことを意味しません。

  以上により、読者の新たな負担は、メルマガ上にあるHPへのリンクを
 クリックすることだけです。
では、なぜ、メルマガ発行を廃止して、HP上のみのマガジンとしない
のか。

  それは、「購読者」として登録することが、英検受験への動機付けの
 ひとつになってくれたらと願うからです。

  さらに、平成11年11月から、4年半以上も継続しているこのメー
 ルマガジンへの私自身の愛着も、もちろんあります。
 
  マガジンの発行形態に変更はあっても、「これまで以上に、内容を充
 実させていこう」との意気込みは、不変です。

  私は、現在54歳。渡世の稼業に精を出しながら、一方で休日などを
 利用して、このマガジンを発行することは、もはや、暮らしの一部になっ
 ています。

   読者から合格者が生まれた時、惜敗したものの得点が伸びた−などの
 メールをいただいた時、私はなんといおうか、一種の達成感を抱き、非
 常に気分が高揚します。こうしたメールを拝読できる喜びは、ほかのこ
 とではなかなか得られないでしょう。もとより、合格できたのは読者本
 人の力にほかならないのですが、メールには「このマガジンが役立った」
 と書かれているからです。

  当然、お返事は100%、お出ししています。

  これから、マガジンの「本文」を、HPへ移行させるのは、私にとっては、
 冒険です。読者が「本文」だけ読みたければ、メルマガを購読する必要
 はないからです。

  しかし、私にはひそかな自負があります。「本文」と「■英語は旅路
 の彩り=旧『激励のメッセージ』」の内容の書き分けによって、どちら 
 も読者にとって有用であり続けようと期しているからです。

  これからも、 英検「準1級」、「2級合格」おまかせ!マガジン を
 ご愛読ください。
(了)++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。