語学・言語学

英検「2級」合格おまかせ!マガジン

合格への「心構え」「学習法」「こつ」を、合格体験者のおやじが説く。真に役立つ「合格情報」。「どのように学習したら合格できるのか」を、分かりやすく具体的に示す。本当に「やる気の受験者に贈る。すでに読者117人が(準1と合わせ)合格した。


全て表示する >

23英検「2級」合格おまかせ!マガジン

2004/03/07

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲第4学期・23便(週刊)−平成16年3月6日  ▲
▲                        ▲
▲ 英検「2級」合格おまかせ!マガジン      ▲
▲ 総合戦略編=第6便(全8便)         ▲
▲ −「パソコン−インターネット」は頼もしい味方 ▲
▲                        ▲
▲            bluewoody    ▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■目次

  ■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」
  ■本文
  ■このマガジンの心と形

■英語は旅路の彩り=旧「激励のメッセージ」
 
 発行が、1日遅れました。お詫びします、
========

 先月(2月)に終了した第3回試験。これまでに読者5人が準1級に
合格、報告メールをいただきました。それぞれには、祝福のお返事をお
出ししました。
読者の合格は、このマガジンの直接の狙いなので、私としてはうれしい
かぎりです。この報告メールが、これから発行を続けていく心の支えに
なってくれます。
 合格した読者よ、おっくうがらずに、一報をください。匿名でもかまい
ません。
======================

「若さとは、自分の行動を支えることができる強い体力を保持してい
ることである」。英検、英語の学習では、「がむしゃらな」トライが必要
な場合もある。自分の状況から見て、「ちょっと無理かな」と思えても、
強引に突き進んでしまうことで乗り切っていく戦い方も、時には必要で
ある。
 こんなトライをする時、必要なのは「強い体力」である。強い意思だ
けでは、突き進めないこともある。「強い体力」は、若さの特権の一つ
である。そのことに、真実、気付くのは、自分が「若さ」を失った時で
ある。私のことである。
 意思を具体化する強い体力。例えば、短い対話の英語テキストを10
回以上も読み込んで、口に出すことで、暗記してしまえる「体力」。こ
のような「体力」を保持している君には、それだけで、英検に合格する資
格がある。

■本文

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
今回の超要約

「パソコン−インターネット」を最大限に活用して、学習を効率化せよ
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


▲「パソコン−インターネット」は強力な味方▲

 英語学習者、愛好者にとって、パソコンは実に頼もしい見方である。こ
のマガジンの読者なら「そんなことは、とっくに知っている」と、おっ
しゃるだろう。

 それを承知で私は、この総合学習編で、「パソコン−インターネット」
の便利さ、素晴らしさをあらためて強調したい。なぜなら、「パソコン
−インターネット」を英語学習の道具として活用するかしないかで、学
習の質と効率性に、格段の差がつく−と断言できるからである。

▲電子辞書は、学習を驚異的に効率化する▲

 私は、数年前に電子辞書に出会った。「ロボワード」。辞書の版元は
「研究社」。定評のある英語関連出版社。CDを購入し、パソコンにイ
ンストール。簡単だった。

 「英和」、「和英」の機能がある。ほかにも世界各国語のバージョン
が発売されているという。

インターネットからのテキストで画面上に出したページにある単語を
調べるには、その単語にカーソルを合わせるだけ。瞬時に、語義がびっ
しりと詰まったウインドー(語義の説明画面)が、ポップアップする。

 さらにすごいのは、語義の説明画面で使われているある単語が未知で、
その語義を調べたい時。これにカーソルを合わせると、同じように、語
義の説明画面が別にポップアップしてくる。いやはや…。

 この電子辞書なら、紙の辞書に比べて、語義を見つけるまでの時間が、
ものすごく速い。紙の?を「繰る」というアナログ的な作業が要らない。
だから、語義が見つかるまでのもどかしさを感じることもない。

 紙のテキスト上にある語義はどうやって調べるか。キー操作で「検索」
画面を表示させる。当該欄に調べたい単語を打ち込む。これもほぼ瞬時
に、語義情報が窓に表示される。

 電子辞書で「速く正確に引ける」ようになってから、私の“英語ライ
フ”は、快適になった。それまでは、私にとって辞書引き作業は一種の
「苦行」だった。この辞書の導入により、苦行は“快楽”に変わったの
だ。単語の意味を引くのが楽しくさえなった。素晴らしい。

 ところで、いまや、ネット上には、無料の辞書がいくらでもある。検
索エンジンで、好みの辞書を選んでみよう。イディオムでもなんでも調
べることができよう。こんなに便利なものが、無料でいいのだろうか−
と感心してしまう。

▲文字テキストも、音声テキストも豊富▲

 英語関連情報を探すのに、「パソコン−インターネット」ほど適した
ツールはないだろう。

 例えば、ニュースサイト。「cnn」。テレビでニュースを見てから、
ホームページへアクセスし、同じ内容のニュースを、字で読んでみる。
およその内容がアタマにはいっているから、文意をとりやすい。分かり
やすい。

 音声といえば、インターネット放送というのがある。現地のラジオ放
送と同じライブ放送(だとおもう)を、放送局のHPから流し続けてい
る。最近、私が聴いたのは、ワシントンDC にあるWTOP放送。ここ
は、ニュース、交通情報、天気予報に特化して情報を流している。

http://www.wtopnews.com/index.cfm

 左上の「listen live」をクリックすると、マシンガンのように早口
のアナウンスが流れ出す。まずいいのは、音楽が一切ないので、放送を
聴いている間は、すべて英語を聴いていられること。音楽が聴きたけれ
ば、その専門局を探せばいい。

 さらに、放送の合間に入るコマーシャルが面白い。先日は「トヨタ」
の名前が出てきて、興味深かった。声優レベルの人が演じているのであ
ろう。芝居がかったせりふが入るコマーシャルもある。何を(なんの商
品やサービスを)宣伝したいかがつかめた(聴き取れた)時は、「やっ
たぞ」という気分になる。

 現地の放送を聴いていると、「音声の英語」が、恐ろしく早口であるこ
とがあらためて実感される。こんなにも猛スピードの英語を、現地人た
ちは理解しているのだな−と、肌で感じことができる。この感覚がいい。
まあ、「生の英語」に触れながら、一部分でも聞き取れればめっけもの
−くらいな気楽な持ちである。

 これは、英検の合格に役立つのだろうか。役立つのだ。リスニング問
題のアナウンスは、結構、早口ではないだろうか。これを上回るスピー
ドの「現地放送」の流れやリズムに慣れておけば、リスニング問題にも
強くならないはずがあろうか。

▲多彩な英語情報をゲット▲

 「ヤフー」のフロントページの下の方に、各国の「ヤフー」への「窓」
がある。「アメリカ」、「イギリス」をクリックしてみる。そこは
「英語」の宝庫だ。好みのキーワードを打ち込む。さまざまな情報を入
手できる。

 これをやってみると、「英語」が情報伝達、獲得の手段、道具であるこ
とが、いやでも実感できる。情報を求める“情熱”が、道具としての英
語を、使いこなしていく。未知の単語があっても、一定の理解ができて
しまう。

 こうして、我々は、「英語世界」になじんでいく。

 私は以前、アメリカの高校生あたりの「教養」レベルの知識を提示し
ているHPはないものかと、アメリカ・ヤフーで探したことがある。見
つかった。

 さすがにインターネット先進国のアメリカ。高校教科書レベルの情報
が満載されていた。こんなHPがあることを知っただけでも、嬉しかった。

▲「英検準1級」、「2級」受験学習への刺激剤▲

 わが日本の「ヤフー」のフロントページの項目別で探してみると、英
検関連や英語関連のたくさんのサイトが見つかる。日々の受験学習に飽
きたら、こうしたサイトをのぞいてみよう。思わぬアイデアやヒントを
得ることができる。

 英検受験について話し合ったり情報交換ができる友人や知人が身近に
いない人。こういう人にとって、HPはちょうどよい気晴らしにもなろう。
私のマガジンが、こうした人のためにも存在していることは、いうまで
もない。

 以上のように、「パソコン−インターネット」の世界は、我々の英語
学習にとって、とても役立つ、刺激的な道具である。これを自分の状況
や性格、好みに合わせて、うまく使いこなしていこう。

 そうしているうちに、英語学習者としての我々は、決して「孤立無援」
ではないことが実感されてこよう。
=============

 「英語」は、単なる言葉ではない。英語を使ってきた人たちの歴史、
地理、思想、時には偏見までもが塗りこめられている。こうした大きな
認識を腹に入れてから、英語に対していきたい。次回、我々は、英検の
問題を解くにも、このような大枠の認識が大いに役立つことを知るだろ
う。

■このマガジンの心と形
@歓迎の言葉
 ようこそ、このマガジンへ。ここにたどり着いた君を歓迎する。この
マガジンは、筆者の長い受験体験とその総括から導き出した、英検合格
への水先案内人。これを生かし、栄光の港へと船を進める航海士は、君
自身である。このマガジンは、読者の「自助努力」を要求する。
@あらまし
・総合戦略編
・1次試験撃破編
・2次試験撃破編
・1、2次試験・直前対策特別便
@使命
・英検「準1級」、英検「2級」合格を目指す人を、強力に支援する。
@こんな人の役に立つ 
・「準1級」、「2級」に挑戦する人、挑戦している人
・一歩進んだ英語の学習の進め方を知りたい人
@伝授すること
・英検合格への「心構え」と「こつ」を、分かりやすく
・英検合格に向け「得点を増やす具体策」
・英検の各問題を効果的に解く方法
・英語の地力の養い方
・英語の効果的な学習法
@際立った特長
・英検試験の本番前に、「直前対策特別便」を発行。得点を増やす「構
えと技」を、きっちりと伝授する
@HP(新着情報、筆者紹介、登録、解除)
・英検「準1級」合格おまかせ!マガジン
・英検「2 級」合格おまかせ!マガジン
  http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/3032/
@発行者bluewoodyのアドレス。
 brillante@anet.ne.jp
(了)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。