日記・blog

マキブリ

マキブリ(MAKIGAMI BRICOLAGE の略)は、ヒカシューの巻上公一によるメールマガジンです。豊富な音楽経験による不思議声帯的エッセイ、イベント、CD、口琴、ホーメイ情報を満載。

全て表示する >

maki-briマキブリ88号 ヒカシューは小田原そして吉祥寺

2008/09/22

--------------------------------------------目次---------------------------------------------------
○ トゥバからブライトン 巻上公一
◎巻上公一ライブスケジュール
●そんなこんな
----------------------------------------------------------------------------------------------------
7月の終り、JAZZ ART せんがわをプロデュース
思い掛けない大盛況で、胸をなで下ろした翌日
トゥバ共和国で開催された国際ホーメイシンポジウムに出発した。
今回は、ウラジオストクに一泊し、クラスノヤルスクを経由しその日のうちに
クィズィル到着といういままでになくスムースな旅程だった。
ロシア自体の景気の良さを反映して、トゥバのシンポジウムもだいぶ様変わりした。
席には、プレゼン用のコンピューターが一台ずつ置かれ、オープニングも華やかになった。
発表では、ホーメイ歌手の福祉問題が話題に上がっていた。
コンサートのリズムは南米ペルー風のカホンから始まり、
指揮者とコーラスの彩りも多彩になった。
衣装はアルタイめいてきた。これはスキタイの新しい遺跡の発掘と関係があるようだ。
グランプリはバジドルジュ・オンダールが受賞。賞金と中国製のクルマが贈られた。
アンサンブル部門はチルギルチンがグランプリに輝いた。
ぼくも長年の文化交流が認められて、文化功労賞をいただいた。
郊外の旅は、エルジェイ、シジンという
17世紀に国家正教になったロシア正教の主流派の弾圧から逃れた古儀式派
(スタロオブリャージェストヴァ)の人たちが住む村を訪れた。
これは素晴らしい経験だった。
トゥバの奥地に古いロシアがあるというのが興味深い。
宗教的に髭を剃らない男たちが藁を積んでいた。
イヴァンチャイというハーブティーに搾りたてのミルクを入れて飲む。
はじめての芳香だった。紅茶がロシアに入る前は、皆このお茶を飲んでたようだ。
トゥバから帰ると、すぐにアンドレイ・モングーシュのツアーがはじまり、
南インドの壺太鼓ミラーヴ奏者たちと忘れられないセッションをすることができた。
9月のはじめには、イギリスの港町ブライトンの実験音楽フェスティバル
「宇宙からの色」(ラブクラフトの小説のタイトルと同じタイトル)に参加した。
時差ぼけでほとんど見逃したけど
アダム・ボーマンとか Limpe Fuchsとかサーストン・ムーアとか
伝説のインプロ、ノイズ、詩人を集めたフェスティバルだった。
そうこうしているうちにグルジアとロシアの中が悪くなり、
そのせいなのか、相撲をスポーツと勘違いした人々が、
たばこや酒より軽い大麻を麻薬呼ばわりし相撲取りの人権を軽視。
吸ってないと断言している北オセチアの兄弟力士を証拠不十分な解雇。
そればかりかアメリカの金融は危機を迎え、
農水省は、事故米を流通させておいて他人事。頼りない政府のリーダーたち。
ニュートラリーノを発見するために
スイスからフランスまではみだしたトンネルの中で
9720億円かけて大型ハドロン加速器がうまく作動しなかった。
とのニュースも耳に入った。
しかし、ブライトンの小道は素敵な店ばかりだった。
ここの雨もまたゲリラ豪雨風であった。

http://makibri.blogspot.com/

巻上公一
http://www.makigami.com
--------------------------------------<巻上スケジュール>-----------------------------------------

みなさん、是非ライブにきてください。

●9月23日(火祝) 午後2時から7時 
小田原駅から小田原城まで街中に音楽があふれ、人々が憩う1日
城下町を音楽と歩こう!?
第2回小田原城ミュージックストリート 開催!!
小田原城 二の丸会場
ヒカシュー フューチャリング 坂田 明 これは午後6時ぐらいから
大野 真澄
MASSA〔佐藤 正治(Vo.Per.)/細井 豊(Vo.Key.)
白井貴子
ほか 入場無料

http://odawara-elephant.com/musicstreet08/top.html


●9月24日( 水) 必見!!
ヒカシュー オーロラ・アンダーグラウンドvol.4
「光の聴覚、音の明滅」at 吉祥寺Star Pine's Cafe
出演 
ヒカシュー
member: 巻上公一(vo,cor)/三田超人(g)/坂出雅海(b)/清水一登(kb)/佐藤正治(Ds)
ゲスト:相対性理論

開場18:30/開演19:30
¥3600+1drinkオーダー/エ4000+1drinkオーダー 
http://www.mandala.gr.jp

●10月3日
オーストリア Krems festival
AGRA DHARMA(Ikue Mori,Makigami Koichi, Sylvie Courvoisier)

●10月8日
富士 本国寺 巻上公一 
詳細不明

●10月11日
横浜ジャズプロムナード 2008
ヒカシュー at 関内小ホール
ヒカシューの出演は、15:40から
http://www.jazzpro.jp/

●10月13日
日本口琴フェスティバル
巻上公一出演
http://www.koukin.jp/IKFT1moon/ikft1-generalinfo.html

●10月19日
チャクルパ宇宙語パーティー vol.5  ローレン・ニュートンを迎えて 
湯河原 檜チャリティーホール 開場午後2時30分 開演午後3時
ローレン・ニュートン、巻上公一 湯河原
出演
 ローレン・ニュートン (ヴォーカル)
 巻上公一 (ホーメイ、口琴、テルミン)
 井上 誠 (シンセサイザー)
 柳家小春 (新内、三味線)
 徳久ウィリアム (ノイズヴォイス)
 マリア (笑いヴォイス)
 ほか
 チャクルパ宇宙語メンバー


 前売り 3,000円 当日 3,500円 
 幼児 無料 
 20歳まで 1,000円

チケット予約 http://8119.teacup.com/makigami/mbox 
 予約ファックス 0465-62-0427(24時間)

http://www.makigami.com/pdf/laurenyugawara.pdf


●10月21日(火)
声あわせ
巻上公一とローレン・ニュートン

イワトプロデュース「声あわせ」ヴォイスの競演
 出演:巻上公一 ローレン・ニュートン
http://www.theatre-iwato.com/

19時30分開演(30分前開場)
 入場料:3500円(予約/当日ともに)
 自由席/100名限定
 ご予約
 ・メール haru@jazz.email.ne.jp
 ・電話 080-5452-3165(平野公子)
 ご予約いただき、当日お名前を伺い、受付清算となります。

●10月27日から29日
 ジョグジャカルタ現代音楽祭
http://www.ycmfindonesia.bravehost.com/home.html

●11月13日
踊りに行くぜ9 宮城えずこホール
北村成美 巻上公一「インダスヒュー」
http://odorini.jcdn.org/modules/space9/index.php?content_id=34

●11月21日22日
踊りに行くぜ9 沖縄県立博物館
北村成美 巻上公一「インダスヒュー」

http://odorini.jcdn.org/modules/space9/index.php?content_id=40


●11月27日(木)
くりくら音楽会 ピアノ大作戦
shezoo(pf) & 松風鉱一(reeds)
黒田京子(pf) & 巻上公一(vo)

開場 19:00 開演 19:30
門仲天井ホール 東京都江東区門前仲町1?20?3 8F
tel. 03?3641?8275
交通 : 東京メトロ東西線・門前仲町駅(出口3)徒歩3分
      都営大江戸線・門前仲町(出口6)徒歩2分
料金 : 前売 3000円 当日3500円 (全席自由/1ドリンク付き)
      学生 2500円(学生証提示)三公演通し手形 8000円
      学生 三公演通し手形 6000円
       

----------------------------------------------------------------------------------------------------
●10月3日 オーストリアのKREMSのフェスティバルに
巻上、イクエモリ、シルヴィーのトリオで参加します。
トリオ名はアグラダルマ
http://www.glattundverkehrt.at

●結局、飛行機代がでないまま
10月27日から29日に行なわれるジョグジャカルタの現代音楽祭に行くことにしました。
http://ycmfindonesia.bravehost.com/home.html

●10月31日 11月1日
いまだ曖昧な出演なのですが、Cyro BAPTISTA から頼まれている
恵比寿ガーデンホールで行なわれるWhere Is The Music? 2008=WISM?2008 
CYRO BAPTISTA & THE BANQUET OF SPIRITS(from Brazil, NY) のゲストに出るかも知れません。
でも、日本のイベンターがしらんぷりしているので、微妙です。
こういうのなんとかしたい。

●小田原FM月曜日夜9時からの「MUSIC INSIDE OUT」
 7月からサイマルラジオになってます。ネット上で聴けてますか?
 http://www.simulradio.jp/
 番組にメールください。

●定番!!!マザーシップの巻上公一のヴォイスパフォーマンス講座は、
次は10月18日、11月15日、12月13日
http://www.mothership.info/&#160; いずれも14時〜16時
声をもっと鍛えよう。気楽にきてください。楽しいよ。
http://www.mothership.info/makigami.html

●新宿 常円寺でも月一で声のワークショップやってます。
こちらは倍音中心です。福神研究会 主催
http://joenji.blogzine.jp/new/
福神研究所 電話 0545-52-0059 FAX 0545-52-0094
第7回 10月9日
第8回 11月20日 第9回 12月11日 第10回 1月15日


●ヴォイスパフォーマンス講座を地方で開催なさりたい方はご連絡ください。
http://8119.teacup.com/makigami/mbox
15人から40人まで



●1714shop ライブドアデパートに支店作りました
http://www.makigami.com/1714.htm
http://tenant.depart.livedoor.com/t/1714music/


●女性のホーメイグループ「トゥバクズ」に興味あるプロモーターの方はいらっしゃいませんかぁぁぁぁ?

●ヒカシュー「生きること」ラジオにリクエストよろしくお願いします。

●巻上とヒカシューの活動を支援してくれるスポンサーを募集しています。
 「伝統と未来」「実験と国際交流」をテーマに活動を続ける
 私たちの活動をご支援ください。


● 20世紀の終りにやプヨプヨが 着うたフルに!!
7月10日からアミューズのモバイルサイト限定で
ヒカシューの東芝EMI時代のデビュー作「20世紀の終りに」をはじめ
プヨプヨから新作まで、
着うたフルでのダウンロードがはじまりました。
http://www.amuse.co.jp/m/ez/30th_tokushu/hikashu/index.html

アミューズ30周年記念の第一弾としてヒカシューが取り上げられたわけです。
是非、チェックしてみてください

●ヒカシューの「生きること」のポスター
話題になっているヒカシュー逆柱いみり「生きること」のポスターを
特定の店舗やレストラン、レコード店、書店などに貼って、応援してくれる
サポーターを募集します。無料でポスターさしあげます。
いまのことろ一通の応募もなしです・・・・???まだ0 ショック・・

実際に貼る場所 期間 必要枚数 お名前 住所 連絡先
サポートの動機を明記の上メールください。
http://hikashu.exblog.jp/


●ヒカシューの新譜「生きること」聴いていただけましたでしょうか。
ヒカシュー渾身の自信作です。是非お買い求めください。
http://www.makigami.com/ikiru.html
http://bridge.shop-pro.jp/?pid=7050122
videoをアップしました。
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=36745428

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-02-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/09/22

    楽しかったし、勉強にもなりました。

    仙川のイベントは1ステージ拝見しただけですが、深かったです。