音楽

歌お!かねひろマガジン

みんなのうた「象だゾウ」の作者、かねこひろゆきの音楽エッセイ。

全て表示する >

歌お!かねひろマガジン 220[2007年の童謡]

2007/12/28

==========================================================
   
歌お!かねひろマガジン 220[2007年の童謡]

==========================================================
さて、前回のアニソン特集にはさぞかし
「なぜエヴァの歌が入っていないのですかあ!」という抗議が殺到するの
ではと危惧していたのですが、
抗議どころか、反響すらほとんどなかった。
みなさんすみません。
つまんなかったですかあ!
今回はもっとつまんないよ!

◆2007年の童謡

今年どんな歌がこどもたちに受けたのかを忘れぬうちに書いて
おこうと思う。

一番の話題作と言えば、やはり「おしりかじり虫」であろう。
この曲についてはみなさん、よくご存知だと思うので
くだくだ説明はしない。
NHKのみんなのうたで放送された歌だ。
その後、好評をうけて踊り方などをレクチャーする特別番組まで
作られ、まさにヘビーローテーションで流れ続けている。

ルー大柴の「MOTTAINAI」もみんなのうたで流れた歌である。
こどもが踊れるように振り付けまでされていたものの、
公園で練習していてもリクエストされることもなく、あまり
受けていないようであった。
何より、ハイスピードなラップにこどもはついていけない。
サビもフレーズ頭に休符が来るのでちょっとのりにくかった。

NHKの幼児向け番組と言えば「いないいないばあ」と
「おかあさんといっしょ」だ。
私は「おかあさんといっしょ」の歌をよくチェックする。
昨年はおもしろい歌が多かった。
ところが今年はちょっと不作な感じだ。
手遊び歌の流れの「おひさまクリーム」にしても
ちょっとピンと来ない歌だったし…。
「どうしてしらんぷり」が面白かった他は
どれもイマイチな感が強かった。
ところが、11月になって目が覚めるような歌
「ムックリンチョ」が登場した。
この歌はいい!覚えにくいけど。

いつもながら人気の戦隊モノ。
今年は「獣拳戦隊ゲキレンジャー」だった。
ヒーローソングの王道的な歌で、こどもに大人気だ。
エンディングでは水木一郎アニキの歌声が聞けて
うれしかった。

しかし、今年は「仮面ライダー電王」の人気が戦隊を抜いた。
電王のオープニングは非常によくできた歌で、しかけなども
多々あり耳に残る。何より歌っていて気持ちが良い。

一方プリキュアシリーズ最新作「Yes!プリキュア5」は
やや人気にかげりが見えて来た。
もともと「ふたりはプリキュア」だったはずで、
5人になってしまったらそれはプリキュアではない。

どうしてもプリキュア路線を継承したいならば、
実写版のプリキュアはどうだろう?
これならちょっと見てみたい気がする。

今、女の子たちに人気なのは「キラリンレボリューション」。
こどもは皆この番組を「キラリン」と呼ぶ。
オープニングはどんどん変わってゆく。
その中では「バラライカ」が一番ヒットした。
ん?「バラライカ」は昨年だった!すまんすまん。

もうひとつ女の子に人気があるのは、夕方NHKで放送中の
「味楽る!ミミカ」である。
この番組は今年始まった番組ではなかったと思う
が印象に残ったので一応書いておく。
大抵の子がテーマソングを歌える。

では男の子に人気があるのは何か?
ゲキレンジャーと仮面ライダーを除けば
「NARUTO」が好きな子が多い。

この番組のオープニングもまたどんどん衣替えをする。
登場する曲もかなりぶっとんだ曲が多い。
たとえばnobody knowsの「Hero’s Come Back!!」。
コード進行は循環で簡単なのだが、言葉数が多くて
簡単にマネのできる曲ではない。
しかし、こどもたちは熱烈に支持する。
この曲の持つかっこよさがわかるからだろう。

アニメでコンスタントに人気があるのは
「ポケモン」と「ドラえもん」である。
この二つは不動の地位を確立している。
奇しくもどちらも語尾は「もん」だ。

テレビドラマ「喰いタン2」の主題歌として放送されていた
「ナポリタン」はじわじわと人気を得てゆき、こどもの好きな
歌のひとつになったようだ。
5月頃はこどもにまったくうけなかったのに、7月になると
めちゃうけした。

こうして見ると、今更ながらテレビの影響の大きさに
驚かされる。

子ども向けの歌ではないが、ふじっ子煮のCM「海の野菜」
に0〜1才の子どもが顕著な反応を示すとして話題になった。
ならばとコピーして公園で歌ってみたが、全く反応なし。
オリジナル曲に含まれる音色そのものがキーなのか?
少なくとも、メロディやリズムが原因ではなさそうだ。

こどもの歌ではないが「千の風になって」はこどもにも届いて
いて、彼らはそれを替え歌にして歌っているようだ。
おもに小学生だが、うっかりその詞をここに書いたりしたら
「不謹慎な!」と猛抗議を受けるに違いないので書かない。

さて、来年はどんな歌がこどもたちに届くことだろうか?

では、よいお年を!

◆ こどもうた30びょう 
ココログ 
  http://codomouta30.cocolog-nifty.com/
     ケロログ
  http://www.voiceblog.jp/kanehiro3/
  
■ ブログ『手作り楽器でワオ!』
 http://kanehiro3.at.webry.info/
 
  最新エントリ「フラワーポットの太鼓」

◆編集後記 ------------------------------------------------------

今年は手作り楽器師としてデビューした年になった。
それまではブログというものの力を疑問視していたのだが
面白い記事にはどんどん人がやって来るのだとわかった。
そして人が来ればそこに仕事も発生するのである。

来年はいよいよ自分が本当に作りたかった楽器に迫ってゆく。
今まではほんの序の口。
お楽しみはこれからである!

感想、大歓迎! kanehiro3@hotmail.com

*********************************************************
発行者:かねこひろゆき
*********************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。