音楽

歌お!かねひろマガジン

みんなのうた「象だゾウ」の作者、かねこひろゆきの音楽エッセイ。

全て表示する >

歌お!かねひろマガジン180[ミュージシャンはもてるか?]

2006/05/20

================================================================
   
歌お!かねひろマガジン180[ミュージシャンはもてるか?]

================================================================
お元気ですか?
かねひろです。

またしばらく送って来ないと思って油断していませんでしたか?
気にもしていなかった?はあ、そうですか…(ため息)

意味のあるテーマを書こうとすると筆が止まる。
これからはもっと軽いテーマで書こう。
「どうでもいいじゃん!そんなこと!」なテーマ。
それは果たして?

そんな私が最近ハマッている番組はフジテレビで深夜放送中の
「ダイバスター」である。
不定期放送なので見逃してしまうことが多いのが難点だ。
ホームページはここ↓
http://www.fujitv.co.jp/dybastar/index2.html

私も音楽メルマガ界の「ダイバスター」となれるように精進しよう。

さて!
あ、さて!
さては南京たますだれ〜!(なんのこっちゃ)

◆ミュージシャンはもてるか?

女性の場合は定かではないが、男性の多くは「もてたい」
と常々願っている。
ところが「もてない」という現実が重くのしかかってくるのである。

ああ、どうすればいいんだろう?
そうだ!ミュージシャンになればいいんじゃなかろうか?
そうだ!そうだ!そうしよう!

これがミュージシャン誕生の原点である。

あのジョン・レノンでさえ、プレスリーのもてもてっぷりを見て
「なんていい商売だろう、と思った」と後に述べている程だ。

このようなメカニズムでミュージシャンは常に発生してゆく訳である。
だが、果たして当初の目論見通りにもてた人はどれほどいるだろうか?
おそらく、
ミュージシャンになったとたんに、もてた!という人は皆無に近い。
詳しくデータを取った訳ではないが、うなづく人は多いに違いない。

「でも、もてるミュージシャンって多い気がするけど?」
と思っているそこのあなた。
真実はこうだ!
ミュージシャンには2つの人種が存在するのである。
1つは「もてたいがためにミュージシャンになった人」
もう1つは「もてているのにミュージシャンになった人」
この2つである。

元々もてている人物がミュージシャンになった場合、
それはどうしたってもてもてになる。
町を歩いていても、もてる男がステージに上ってしまうのだから
もてない訳がない。(悔しいけれど)
だが、それは「ミュージシャンだから」という理由でもてているので
はないのだ。

そこをもてていない男が見ると愚かにも勘違いするのである。
「ミュージシャンになったらもてるみたいだなあ!」と。

だがしかしミュージシャンとしての技量がずば抜けていたとしたら
やはり「素敵!」と思う異性が現れるのでは?
確かにその可能性は無視できない。
ステージで類まれなる輝きを放つミュージシャンは存在する。
ところが、
残念なことにその輝きはステージを降りた途端に消滅するのだ。
楽屋に花束を持って駆けつけたファンはそのあまりの落差に愕然とする
のである。

賢明な読者はすでに察知しているとおり、
私こそがもてない男の見本のような人物である。
今やミュージシャンであるが、さっぱりもてない。
サラリーマンだった時代ももてなかった。
学生時代もしかり。

つまりもてない男は何をしてももてない。
これが究極の真理である。

実にためになる話ではないか。
なに?あたり前の話だって?

ではもう少し別の角度からまとめておこう。

「ミュージシャンになったからと言ってもてる訳ではない」
が真実であるのと同様に

「もてることこそがミュージシャンに最も必要な資質である」
というのもまた真実なのだ。(客商売であるゆえ)

そして蛇足ながら最後に別の真実もお知らせしておこう。
「ミュージシャンになると必ず貧乏になれる!」

お後がよろしいようで。てけてんてんてん〜

次回のテーマは「オーディションの思い出」乞うご期待!

■一般向けライブのお知らせ

東陽町 イースト21内アピタモール 
http://www.tokyo-east21.co.jp/
5月21日 12時〜(25分×3回)
「童謡コンサート」 入場無料

子供ならきっと知っている旬な童謡から、なつかしの童謡まで。
かねひろさんといっしょに歌おう!

◆編集後記 ------------------------------------------------------

ホームページの「かねひろ日記」にはどうでもいいことばかり書いている。
誰が読みに来ているのか知らないがせいぜい1日20名がいいところだ。
このメルマガの読者とは別の人々なのだろうか。

料理についての記述がどうも一番人気があるようだ。

未読の方は試しに読みに来てね〜
ここ↓
http://www.diary.ne.jp/user/44628/

ほんじゃまた〜


感想、大歓迎! kanehiro3@hotmail.com  へ送ってね。

◆かねひろのWeb Site [かねこランド]はこちら
http://www.os.rim.or.jp/~kanehiro/

**********************************************************
発行者:かねこひろゆき
*********************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。