音楽

歌お!かねひろマガジン

みんなのうた「象だゾウ」の作者、かねこひろゆきの音楽エッセイ。

全て表示する >

歌お!かねひろマガジン177[歌の覚え方]

2006/04/09

================================================================
   
歌お!かねひろマガジン177[歌の覚え方]

================================================================
親愛なる読者の皆様、お元気ですか?
ここ数日、東京は晴れと曇りと雨が次々にやってきます。

晴れた日は私はよく公園で練習するのでありますが、
これは基本的に「違法行為」にあたるらしいのです。
アンプなど使わずに完全生演奏でもダメなのでした。
それが証拠に、昨日は僅か10分で管理人さんに追い出されて
しまいました。
「苦情が出ますので」とその人は言うのです。
これは困ったことになった、と私は思いました。

追い出されず、子供がいて、のびのび歌える場所を別途開拓しなくて
はなりません!

心当たりのある方は是非、かねひろまでご一報を。

◆歌の覚え方

元々記憶力には自信が無い。
引越しをすると3ヶ月くらい自宅の住所を覚えられないし、
携帯の番号は何年たっても覚えられない。
したがって歌を覚えるのは大変な作業なのである。

歌はメロディから覚える。これは比較的簡単に覚えられる。
次に、歌詞である。これは少々やっかいだ。
そしてギターを自分で弾くので、コードを覚えねばならぬ。
コードはアルファベットの暗号のようなもの。
こんなものがすんなりと記憶できる訳がない。(キッパリ!)

読者の皆様は「それでもオリジナルなら覚えてるでしょ?」と
思っているかもしれない。
とんでもない!(ふたたびキッパリ!)
オリジナルはその制作途中で無数のアイデア、歌詞が浮かんでは
消えてゆくため、決定稿に至った後も切り捨てたアイデアの断片
がちらちらする。
その意味ではオリジナルの方がはるかに覚えにくいのである。

私はどんな歌もまずは、歌詞カードを作る。
その歌詞カードの上にコードを振る。
これを見ながらならば、まず間違いなく歌えるのである。

そこでライブ初期は譜面台に歌詞カードのファイルを置いて
歌っていた。
これはあくまでも保険的な意味合いであった。
ほぼ記憶しているが、万一忘れた時もあわてないための手段だ。
だが、歌っている途中でふと不安になって歌詞カードを見てしまうと
もうカードから目が離せなくなるのである。

そこで譜面台の位置を工夫した。
客席を見ている視線で視界の隅に歌詞カードが入るようにしたのだ。

これでよし!と私は思った。
私の敬愛する山本正之先生も歌詞カードをご覧になりつつ歌っているし、
あの吉田拓郎さんも「歌詞を見ないで歌える歌はない」と述べておられた。

ところが、子供相手のストリート演奏を続けていた私はある日驚愕の事実に
遭遇することになったのである。

果たしてそれは何か?次号へつづく!

さて、次回は「覚える方法みーつけた!」である。お楽しみに。
ご意見、感想、質問、なんでも募集中!

◆編集後記 ------------------------------------------------------

仮面ライダーカブトは主役の天道君のキャラがぶっとんでいるのだが、
さらに面白い(変な)新キャラが登場で目が離せなくなってきた。
今後に期待したい。

感想、大歓迎! kanehiro3@hotmail.com  へ送ってね。

◆かねひろのWeb Site [かねこランド]はこちら
http://www.os.rim.or.jp/~kanehiro/

**********************************************************
発行者:かねこひろゆき
*********************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。