音楽

MUSE

大山文樹が語る、クラシック音楽エッセイ。音楽批評、情報も盛り込みます。

全て表示する >

MUSE

2005/07/17

        ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

                        M  U  S  E
                         2005.7.17.

        ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪
============================

<目次>   1,トピックス
         2,HP更新情報
         3,告知
         4,お役立ち情報
============================
 ┏━━━━━┓
 ┃トピックス┃
 ┗━━━━━┛
〈映画『Eroica』〉
今、クラシック音楽ファンの間で話題となっている、一見ドキ
ュメンタリー風に作られた映画というかドラマが『Eroica』で
す。
1804年6月にウィーンのロプコヴィッチ侯爵邸で行われたベート
ーベンの英雄交響曲初演の日の出来事を、フィクションとノン
フィクションを混ぜ合わせて描いている訳。
初演とは言っても、実は本公演前の私的なリハーサルで、ベー
トーベンの弟子のリースや、オケでコンマスを務めたヴラニツ
キー、ベートーベンの恋人として名高いテレーゼとヨゼフィー
ネ姉妹、ハイドンまで登場。描かれている内容は総てノンフィ
クションと錯覚しそうな出来映えには驚きです。
また、作品内で『Eroica』を演奏しているのは、ガーディナー
(映像には未登場)指揮によるレヴォリューショネール・エ・
レマンティークで、作品のために新たに演奏し収録したもの。
ボーナストラックで全曲演奏を披露しています。
日本語字幕がないので、見る際にはある程度伝記の予習が必要
かも。


〈バルトの楽園〉
前回に引き続き、今回も映画関連の話をしましょう。
今や年末にベートーベンの交響曲第九番を演奏する事が恒例と
なっています。年末に演奏し始めたのは、現在のN響の全身のオ
ケが最初というのが通説です。
では、その第九を日本で初めて演奏すたのは何時誰が何処でか
?それを描いたのが、映画『バルトの楽園』(東映)です。
この映画、まだ制作が決まったばかりで撮影に入っていません。
内容は、第一次世界大戦時代の日本。当時アジアにおけるドイ
ツの拠点・青島(チンタオ)を占領した連合国の日本は、捕虜
にしたドイツ人のうちの約千人を鳴門市の板東捕虜収容所に入
れました。この収容所の所長・松江豊寿は心の広い人物で、捕
虜たちがドイツにいるような生活環境を与えたのです。
当然ながら音楽活動も盛んに行われ、オーケストラが編成され
るに至りました。記念すべき第九演奏は1918年6月1日に行われ
たのです。
この史実を映画化したのが『バルトの楽園』で松江所長役は松
平健。


┏━━━━━┓
┃HP更新情報┃私のHPの情報です。
┗━━━━━┛
《SARASAの音楽館》(http://my-music.st/sarasa)[全携帯と
PCからアクセス可能]
ご意見板・クラシックでは、幅広い話題が展開されます。興味
のある話題が出ていたら、遠慮せずに参加してください。
携帯対応のメルマガ「classica2」もよろしくお願いします。
なお、本年よりクラシック専門サイトに特化いたしました。


┏━━┓
┃告知┃
┗━━┛
今週はございません。


┏━━━━━━┓
┃お役立ち情報┃
┗━━━━━━┛
NHK交響楽団が、公式携帯HPを始めました。
URLは下記の通りです。

http://nkyo.com/


ヤフー・オークションには、クラシック系コンサートのチケット
がかなり出品されています。利用してみてはいかがでしょう。



☆掲載情報募集 本誌に、演奏会情報や招待券プレゼントなどの
情報を掲載します。もちろん無料。ご希望の方は、下記までメー
ルにてご一報下さい。
また、お勧めのCD店や名曲喫茶など、クラシックにまつわる情報
も掲載します。

============================

編集・発行:大山 文樹
mail  vip007vip@xxne.jp
URL  http://my-music.st/sarasa(PC&携帯)
      (http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=PALJAL)
※本誌は、毎週日曜の発行となります。
 (発行人の都合で、月曜発行の場合もありますのでご了承ください)



















































規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。