音楽

MUSE

大山文樹が語る、クラシック音楽エッセイ。音楽批評、情報も盛り込みます。

全て表示する >

MUSE

2003/03/09

=====================================
         ♯                ♭
         ♭    M U S E     ♯
         ♯         No.96         ♭
         ♭          2002.3.9.         ♯
=====================================
〈目次〉
 1,トピックス
 2,HP更新情報
 3,告知
 4,お役立ち情報
=====================================

 ┏━━━━━┓
 ┃トピックス┃
 ┗━━━━━┛

<幻想交響曲>
1830年に作曲された『幻想交響曲』。「ある芸術家の生活の挿話」という全体を表
す題のもと、5つの楽章に「夢・情熱」「舞踏会」「野の風景」「断頭台への行進」
「サバトの夜の夢」という題と解説が付けられた、ロマン派標題音楽の起点として
、更に全楽章に愛する女性を表す主題を使う技法を扱った作品として、音楽史では
重要な作品です。
しかし、そうした事より聴いて驚くのは、管弦楽の斬新さ。ベートーベン死後わず
か2年、ブラームスの交響曲第1番が出来る46年前に作られたとは思えないモダンな
作風は、当時の人々も驚いたに違いありません。
第2楽章のハープやコルネット、第3楽章の4人によるティンパニ、第5楽章の変ホ長
調クラリネット、鐘(なければピアノを希望していた)、オフィクレイドの使用な
ど、管弦楽法には驚かされます。

幻想のCD
名盤として有名なのは、ミュンシュ指揮パリ管弦楽団。
古楽器オケなら、ハープ6台(多すぎ)、ピストン式コルネット、オフィクレイドな
どを使ったガーディナー盤。
最終楽章の鐘をベルリオーズの意向に沿ってピアノで演奏しているのはストコフス
キー盤。83年に日本とザルツブルグでピアノを使ったアバドのCDは鐘でした。堤俊
作指揮俊友会は実演でピアノ使用。ライブ録音済なので、出たら面白い存在(もう
出ているかも)
SARASA愛聴はレヴァイン盤。


<続・幻想交響曲>
幻想については一回で終わらそうと思っていましたが、まだ書き足りない事があっ
たので今回は続編という事で。
ベルリオーズは、自作を転用して新たな曲を生み出す能力に長けていました。
『幻想』の第3楽章の元は、1824年に書かれた『ミサ・ソレムニス』(ガーディナー
盤がお薦め)の第3曲「グラティアス」ですし、第4楽章の「断頭台への行進」は、
未完の歌劇『宗教裁判官』の「衛兵の行進」が元。自作だけでなく、第5楽章ではグ
レゴリオ聖歌「ディエス・イレ」も使われています。
皆さんの中には、スコアを見ながら曲を聴く方も多いでしょう。その際は、音楽之
友社版のポケットスコアが最良。コルネット・パートがあるし、オフィクレイドの
名もチューバに変えられていません。また、弦5部の人数を15-15-10-11-9に指定し
ていた事も分かります。


┏━━━━━┓
┃HP更新情報┃私の二つのHPの情報です。
┗━━━━━┛
《FUMIKI' WEBSITE》(http://kigaru.gaiax.com/home/fumiki)[PC用携帯可]
掲示板は自由に書き込んでください。このメルマガの感想や、日記のコーナーの感
想など、なんでも結構です。最近行かれた演奏会の感想や、お聴きになったCDの感
想などもOKです。私の書き込みは、週末を中心に行っています。
携帯からもコラムと掲示版が閲覧・書き込み可能となりました。

《SARASAの音楽館》(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=PALJAL)》[携帯用PC可]
ご意見板・クラシックでは、幅広い話題が展開されます。興味のある話題が出てい
たら、遠慮せずに参加してください。掲示板は、上記のHPと重複するものもります
が、書き込み頻度はこちらが多いですね。携帯対応のメルマガ「classica2」もよろ
しく。本誌の姉妹誌で、本誌の<トピックス>の部分を配信しています。


┏━━┓
┃告知┃
┗━━┛

♪ランチタイム・パイプオルガン・コンサート
日時 3月13日(木) 開場11:45  開演12:15
開場 東京芸術劇場
演奏 小林英之
曲目 ヒンデミット、クネヒトの作品など。
入場無料。先着1999名まで入場できます。
問い合わせ 03-5391-2111
URL  http://www.geigeki.jp/


┏━━━━━━┓
┃お役立ち情報┃
┗━━━━━━┛

NHK-FMや衛星放送の番組表が、携帯電話のサイトからも見ることができるのご存じでしたか。クラシック番組では、曲目もきちんとわかります。
http://www.nhk.or.jp/k/


掲載情報募集 
本誌に、演奏会情報や招待券プレゼントなどの情報を掲載します。もちろん無料。
ご希望の方は、下記までメールにてご一報下さい。なお、掲載は携帯対応メルマガ
にも載せます。また、お勧めのCD店や名曲喫茶など、クラシックにまつわる情報も
掲載します。


====================================
編集・発行:大山 文樹
   mail  viva-of@par.odn.ne.jp   
URL  http://kigaru.gaiax.com/home/fumiki(PC&携帯)
   http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=PALJAL(PC&携帯)
※本誌は、毎週日曜の発行となります。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。