音楽

MUSE

大山文樹が語る、クラシック音楽エッセイ。音楽批評、情報も盛り込みます。

全て表示する >

MUSE

2003/01/12

=====================================
         ♯                ♭
         ♭    M U S E     ♯
         ♯         No.88         ♭
         ♭          2002.1.12.        ♯
=====================================
〈目次〉
 1,トピックス
 2,HP更新情報
 3,告知
 4,お役立ち情報
=====================================

 ┏━━━━━┓
 ┃トピックス┃
 ┗━━━━━┛
<テ・デウム>
前々回にスターバト・マーテルを取り上げ今回はテ・デウム。宗教音楽が続いてし
まいました。
今回テ・デウムを取り上げようと思ったのは、元旦のVPOニューイヤーコンサートの
放送がヒント。実は放送冒頭で流れる華やかな曲が、フランスの作曲家シャルパン
ティエ作曲の『テ・デウム』の「トランペットのアリア」と名付けられた有名な部
分なのです。
手元の音楽辞典でテ・デウムを調べると、「カトリックの典礼で歌われる三位一体
の賛歌」と説明されています。宗教曲の中では晴れやかな場で演奏されるハレの曲
と見てよいでしょう。
どちらかといえば、古典派以前に作曲が集中しているように思います。パレストリ
ーナ、ヘンデル、パーセルの作品が有名。


<田舎のポルカ>
今年の元旦に行なわれたVPOニューイヤーコンサート。目玉となる曲が幾つかありま
したが、その一つが『田舎のポルカ』だったでしょう。
この曲のどこが目玉かというと、曲の中でオケのメンバーが歌うのです。管楽器奏
者で演奏中の者以外は、皆声を出していました。
こうした曲の中でオケのメンバーを歌わせるという嗜好、ヨハン・シュトラウスは
気に入っていたようです。彼の作品の中で何曲あるかはよく知りませんが、ニュー
イヤーでは、数年前にムーティが指揮した時に『エジプト行進曲』を取り上げて会
場大ウケしていました。
曲の明るさと完成度からみると、今回の『田舎のポルカ』の方が傑作かも。
ワルツも良いですが、ポルカも捨てがたい!


┏━━━━━┓
┃HP更新情報┃私の二つのHPの情報です。
┗━━━━━┛
《FUMIKI' WEBSITE》(http://kigaru.gaiax.com/home/fumiki)[PC用携帯可]
掲示板は自由に書き込んでください。このメルマガの感想や、日記のコーナーの感
想など、なんでも結構です。最近行かれた演奏会の感想や、お聴きになったCDの感
想などもOKです。私の書き込みは、週末を中心に行っています。
携帯からもコラムと掲示版が閲覧・書き込み可能となりました。

《SARASAの音楽館》(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=PALJAL)》[携帯用PC可]
ご意見板・クラシックでは、幅広い話題が展開されます。興味のある話題が出てい
たら、遠慮せずに参加してください。掲示板は、上記のHPと重複するものもります
が、書き込み頻度はこちらが多いですね。携帯対応のメルマガ「classica2」もよろ
しく。本誌の姉妹誌で、本誌の<トピックス>の部分を配信しています。


┏━━┓
┃告知┃
┗━━┛

廉価CDレーベルのARTE NOVAが旧作65タイトルの生産中止。
詳細は、CD店にお尋ねください。


☆来年のVPO日本公演、11月14,16,17日のいずれかにブルックナーの演奏会を予定。
 指揮者はサヴァリッシュ!


☆10月から11月にかけて、スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケンRSOの日本
公演。ブルックナーの5,6,8番が予定されています。


☆日本ブルックナー愛好会・鑑賞会
日時:1月26日(日)  15:00〜17:00
会場:東京文化会館4F音楽鑑賞室
曲目:ヴェルディ『アイーダ』より凱旋行進曲
   ブルックナー:軍楽のための行進曲(1974.11.1.LIVE)
                    交響曲第7番(1986.9.30.スイス・アスコーナ音楽祭LIVE)
以上、すべて朝比奈の指揮。
入場無料。一般の方、大歓迎です。
お問い合わせは、本MMの発行人・大山までメールをどうぞ。


┏━━━━━━┓
┃お役立ち情報┃
┗━━━━━━┛

NHK-FMや衛星放送の番組表が、携帯電話のサイトからも見ることができるのご存じでしたか。クラシック番組では、曲目もきちんとわかります。
http://www.nhk.or.jp/k/



掲載情報募集 
本誌に、演奏会情報や招待券プレゼントなどの情報を掲載します。もちろん無料。ご希望の方は、下記までメールにてご一報下さい。なお、掲載は携帯対応メルマガにも載せます。また、お勧めのCD店や名曲喫茶など、クラシックにまつわる情報も掲載します。


====================================
編集・発行:大山 文樹
   mail  viva-of@par.odn.ne.jp   
URL  http://kigaru.gaiax.com/home/fumiki(PC&携帯)
   http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=PALJAL(PC&携帯)
※本誌は、毎週日曜の発行となります。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。