日記・blog

僕の日本刀日記_My Japanese Sword Diary

日本刀に関するよもやま話をお送りします。Japanese Sword Essay

全て表示する >

僕の日本刀日記 My Japanese Sword Diary 756

2017/12/03

756 大典太2 Ootenta(Big Boy)2

 大典太は刃長66cmと平安時代の太刀としては短く、元幅は3.5cmと広く
ずんぐりむっくりしています(本当に平安時代の作なの?)

刷き表に「光世作」三字銘があります、刀工名は「光世」です
典太は通称といわれ、制作地の三池と
合わせて三池典太光世と呼ばれることもあります

大光世(おおみつよ)が正しいような気がしますが、いまいちかっこつかないんで
「おおてんた」
にしたんじゃないかななんて思ってます

Ootenta was made in the Heian Period(11th century).
Heian sword is long and slender. But, Ootenta is short and wide(66cm length, 
3.5cm width). Is it reary Heian sword?

Ootenta has sword smith sign. It tells "Mitsuyo made".
Mitsuyo is sword smith's name. Tenta is nickname.
Mitsuyo lived in Miike region. It sometimes called "Miike-Tenta-Mitsuyo".

2017.12.03

Thank you for your reading
====================================================
発行者 "ikkak" Author "ikkak"
ご意見ご希望はこちらまで 
Please send me a mail ikkaku(at mark)sage.ocn.ne.jp
HP ; http://ikkak.web.fc2.com/
====================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。