日記・blog

僕の日本刀日記_My Japanese Sword Diary

日本刀に関するよもやま話をお送りします。Japanese Sword Essay

全て表示する >

僕の日本刀日記 My Japanese Sword Diary 705

2016/09/25

705 火垂るの墓 Grave of firefles

疎開先の生活では

朝起きて布団をめくると体にたかっていたしらみがいっせいに逃げ出し

怪我をするといつまでも治りませんでした

栄養状態が悪いため抵抗力がなく、虫がたかり、怪我は治らないのです

「あと一年戦争が続いていたら、敵の攻撃で死ぬ前に餓死していた」

私に話をしてくれた人は言っていました

Life at an evacuration temple.

The louse which were gathering at a body ran away simultaneously 
at the time of awakening.

When a child was injured, the bruise was not healed for a long time.

Their condition of the nutrition was bad.
They had no resistance against the injury and  poisonous insect.
If a war continues for one more year, they were dead  from starvation.

2016.09.25

Thank you for your reading
====================================================
発行者 "ikkak" Author "ikkak"
ご意見ご希望はこちらまで 
Please send me a mail ikkaku(at mark)sage.ocn.ne.jp
HP ; http://ikkak.web.fc2.com/
====================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。