日記・blog

僕の日本刀日記_My Japanese Sword Diary

日本刀に関するよもやま話をお送りします。Japanese Sword Essay

全て表示する >

僕の日本刀日記 108 肥前刀 Hizen-tou

2002/12/01


           僕の日本刀日記 My J.S.Diary

108 肥前刀 Hizen-tou

今回から本編に戻ります。

前述したように(090)新刀時代は各地で新興勢力が台頭しました。
そのなかで肥前国(現佐賀、長崎県)では豪族少弐家出身の忠吉を祖とするいわゆる
肥前刀が隆盛を極めます。

作柄は山城伝を基調として垢抜けて姿良く、品格優れ、藩工としても優遇されました。

Return to the main plot

In Shinto age(090) new sword smith appear everywhere.
Specially Hizenn(now Saga,Nagasaki prefecture) sword smith reached their peak.
They are called "Hizenn-tou".
The first Hizenn sword smith is Tadayoshi. He was the native powerful family
in Hizenn. He had no relation old good sword amith.

Hizenn-tou is based on "Yamashiro-denn(Yamashiro-style)".
They are good style,graceful,and good performance.

090 http://www4.ocn.ne.jp/~ikkaku/090shinnto.htm
Thank you for your reading.
============================================================================
発行者 "ikkak" Writer "ikkak" 

ご意見ご希望はこちらまで Please send me a mail ikkaku@sage.ocn.ne.jp

HP アドレス HP adress、バックナンバーもこちらにあります Back number
http://www4.ocn.ne.jp/~ikkaku/
============================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。