音楽

サイケデリックトランスワールドニュース

今、世界同時進行でシーンが広がっているサイケデリック・ゴアトランス。Undergroundなシーンの音楽・Party・Fashion・Culture・海外情報等をBAMBOO・PG・RENがレポート。


全て表示する >

Psychedelic Trance World News vol 64

2003/12/15

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 P s y c h e d e l i c  T r a n c e  W o r l d  N e w s

          --- P S Y N E W S ---

           vol.64

 http://www.rubbersole.net/bamboo/mlmg.html

 produced by NO MARK ( PG , REN ) + BAMBOO + MICA

 毎 月 第1週・第3週 月曜日発行!!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 今、世界同時進行でシーンが広がっているサイケデリックトランス。
 Undergroundなシーンの音楽・Party・Fashion・Culture
 海外情報等をリポートし、皆様にお届けします。
 ごゆっくりお楽しみください。
 編集担当は BAMBOO です。

 Vol.64

 ■ i n d e x
________________________________________________________________________

  *p a r T y  r E p o r t

  *d i S c  r e V i e w

 *p a r t Y  I n F o r m a t i o n

________________________________________________________________________

 ■ p a r t y  R e p o r t

  PSYNEWS 取材班(ただのパーティー好き!)が
  毎号特に良かったパーティーのリポートをお届けします。
  今回は、特別レポート!
  編集部RENが在住するドイツに、BAMBOOが11月末に訪れました。
  珍道中で色々ありましたが、その際に遊びに行ったPARTY、
  Vision of The World についてのレポートです。

________________________________________________________________________

◎Vison of The World
 November 23th 
   at Schlo-Burg Solingen Germany

 LIVE:Ticon
      Neelix
      Symphonix
 DJs:Montagu&Golkonda
     Starsky&Hutch
     Alex
     Nachtlicht
     Benni Moon
     Puls

 Ren(以下R)
   グーテンターク。それにしてもPARTYに一緒に行くの久しぶりですね。
   しかもドイツで。日本から到着したその日にPARTYなんて。。。
  流石というか、アホというか。。。
 Bamboo(以下B)
  いやいや、やっぱり貴重な時間はPARTYに使わないと。
  その為に、わざわざ土曜日の早めに着く飛行機の便を選んだんだからさ。
 R
  それにしてもそんな疲れをふっとばすようないいPARTYだったよね。
  なんていうか
  会場にINした時に「今日はいいPARTYになるな」という感覚があった。
  バイブレーションが暖かいというか。
 B
  確かに。何か自然体の空気感があったよね。
  ゆったりとあくせくせずに愉しもうっていう感じかな。
 R
  今回はフランクフルトから北へクルマで約2時間半。
  ケルンの近くのSOLINGENという古い城下町に行ったけど、2時間半の運転
  ってドイツだと短く感じるでしょ?
 B
  うん、距離的には、結構走ってるんだと思うんだけど、渋滞なんてないから、
  全然そんな感じしなかった。ドイツの中は、地図で見るよりも
  近いんだなって感じ。
 R
  流石オートバーンだよね。トランス聴きながら爆走するために
  造られたんでは?
  というぐらい音楽鑑賞に最適な場所です。
 B
  突っ込ませていただくと、いや、それは全くもってありませんよ!
 R
  会場は前もって手に入れた情報だと城だったんだけど、結局は城の近くの
  でっかいホールだったね。
  て、いうか場所探すのに時間かかったよね。
  そういう意味ではドイツのPARTYって不親切なんだよね。
  毎回迷う。でも深夜の城も雰囲気あってよかったよね。
 B
  ま、それもドイツでのPsychedelicTranceのアンダーグラウンドさを
  象徴してるよね。
 R
  会場は城の近くのバーが隣接したホールみたいなところ。なんか町の
  集会所みたいなところ。
 B
  映画に出てきそうな雰囲気だったなね。
  会場のすぐ外には、トランスファッションを売ってる出店も出てたなあ。
  手作りのPARTYってことが、伝わってきました。
 R
  サウンドシステムはよかったよね〜。
 B
  うん、何か非常にバランスがよかったな。スピーカーのメーカー名を
  見てみたんだけど、ドイツ語のもので全く知らない名前だったな。
  そんな何発も積んでいないんだけどね。多分ホール自体の音響も
  いいんだろうなって感じ。
 R
  あと、デコもかなり凝ってるよね。シンプルだけど。
  まさにドイツ!って感じ。
 B
  そうそう、幾何学模様を多用したまさにドイツ風。
  ちょっとケルト的なにおいを感じたな。
 R
  客層はなんか普通の人からトラベラー系まで幅広かったけど、
  基本的には地元人ぽかったね。
  KOLNあたりから遊びにくるみたいな。
  て、いうかあんだけのPARTYにしては人も少なかったよね。
 B
  確かに。普段着で愉しんでますって人ばかり。
  大体300名ぐらいだったかな。
 R
  PSYTRANCEはこっちではニッチなジャンルだから。
  あの有名なミュンヘンのNATRAJITEMPLEでさえ
  DJ BIMで30名ぐらいしかいなかったよ。
  HIP-HOPとかハードハウス・テクノは人集めるけどね。
  野外は別だけど、箱だしね。
 B
  そうかあ。ある種日本が盛り上がりすぎているところはあるよね。
 R
  外のPARKINGにはいつでも出れるから、クルマの中でマッタリしてる
  奴らも多かったね。
  なんだかRAVEみたいだったね。
 B
  そうそう、みんな結構出入りをしてたね。
  踊り疲れたら、外に出て新鮮な空気を吸うっていう。
  そもそも、長丁場だし。
  だって、夜からスタートして、翌日の夕方ぐらいまでやってるんだもの。
 R
  で、自分達が入った時はドイツのDJだったけどなかなか面白い曲を
  かけてたよね。
  聴いたことがない曲も多かった。つなぎもうまかったよね。
 B
  確かに。
  しかも、楽しそうにDJしてたねえ。
  選曲もProgressiveからFullONまで実に幅広い。
 R
  で、お待ちかねTICON!今回はTICONのために来たといっても
  過言でないほど楽しみだった。
  結論からいうと、期待を裏切らない良さだった。
 B
  素晴らしかったね。
  曲のバリエーションも豊かで、全く飽きることがなかった。
 R
  TICONのLIVEは2回目だけど、今回が一番よかったかな。
  まず音のクリアさにびっくり。
  LIVEになってからいきなり音質が変わったよね。
  キックとベースの関係性が完璧だった。 
  皆、ニコニコで踊ってたね。
 B
  関係性って!
  でも、本当に音質はクリアだった。
  そして、押し出しが体に響く感じ。
 R
  前半プログレっぽいDEEPな展開から段々とベースラインを
  激しくして上げていったよね。
  決して派手ではないけど確実に力があって踊れるかんじ。
  あれはまさにTICONだった(意味不明)
 B
  そう、ベースラインがかなり曲によって違うし、曲の中でも
  変化させていくから、ぐいぐい持ってかれるんだよね。
  アルバムのVersionと違う展開にしてる曲も結構あった気がする。
 R
  広がりのあるリバーブと計算されたDELAYが浮遊感を出して
  気持ちいいんだよね。
  キックは重くて丸い感じ。低音がバッチリ効いていて踊りやすい。
 B
  キックは重かったねえ。やはり、オリジナリティを感じさせる
  キックだった。
 R
  最後はボコーダーで挨拶してたね。面白かった。
  なんかLIVEを聴いた後の感覚がKOXBOXとかに似ていて、
  音に操られた感じ。
 B
  確かに。終わった瞬間、もう終わったのって感じで
  ちょいさみしかったなあ。
 R
  その後はオーガナイザーかな?
  すいません実はタイムテーブル把握してなかったもので。
  でもプログレっぽい曲から後半はGMSまで幅ひろくかけてたね。
 B
  多分そうかな。Medium辺りの曲から、GMSやWrecked Machinesまで
  すごく幅広いスタンスでDJしてたよ。お客さんも各人各様で
  激盛り上がりでした。
  その後は、イスラエルの新鋭SymphonixのLIVEだった。
  これが、イスラエルの新世代って音だったな。
  Progressiveなベースラインに、メロディアスなウワモノ、
  スペーシーな雰囲気。
 R
  ドイツのPARTYでいつも思うのが、長いPARTYの中絶対激アガリの
  時間があるんだよね。
  しかも皆その時間を待っている。結局サイケデリックトランスの
  ど真ん中辺りの音を待ってるんだよね。
  日本にいた時よりドイツのPARTYでのほうがイスラエル系の派手な
  トラックをよく聴く気もするし。
  ただ、絶妙につないでいくから全然気にならなくてむしろ踊れる。
 B
  なるほど。
  確かに、どのDJもPsychedelicからProgressiveっぽい音、そして
  時にはHouseっぽい音も混ぜながら、幅広い音を聴かせてくれるよね。
  それだけに、聞いていて飽きない。
  この辺りのスタンスは、参考になるなあ、と思いました。
 R
  そういえばアンビエントでは古いいかにもゴア(昔のASTRALとか)が
  ガンガンかかってたね。
  しかもレコードで。ああいう音源も今だに人気があるんだよね。
 B
  もはや、アンビエントでは全くなかったよね。
  でも、みんな好きそうなスペーストライブファッションの連中が
  楽しそうに踊ってた。
 R
  個人的には久しぶりにBAMBOOとPARTY行けて楽しかった。
  まあ、東洋人は俺達だけったけど。
  あと、その後一気にアムスまでドライブしたけどPARTY気分のドライブが
  楽しかった。
  また、一緒にいきましょう!
 B
  いやー、本当に楽しかったね。
  ぜひ、また近日ドイツ参戦するよ!
  これからもPSYNEWS編集部ドイツ支部長として、
  ドイツシーンをレポートしてくださいな!

                                     <TEXT:BAMBOO&REN>

________________________________________________________________________

 ■ d i s c  R e v i e w

 Trance/AMBIENT/TECHNO/ABSTRACT etc・・・ 
 PSYNEWS お薦めのチューン満載!これ見て買えば、はずれ無し!

________________________________________________________________________

◆10 year Glok / Electric Orgasm / CD

 UKのレーベル、Electric Orgasmからのコンピレーション。
 UKのレーベルらしく、ジャンルレスなサウンドが盛りだくさんの内容。
 Progressive Trance,House,Technoの境界線を軽く越えた、新しい方向性の
 内容です。収録アーティストは、ベテランアーティストMan Made Man、
 自分も注目している新鋭アーティストSpacecake、Proteusなど。
 ありきたりのPsychedelicサウンドに飽き足らないあなたに、ぴったりの
 一枚です。
                 <BAMBOO>

◆DINO PSARAS / LICK IT / OCTAVA RECORDS

今年の夏、サモトラキで先行発売されていたDINOのフルアルバム。
今年のLIVEセットの曲が多いのでPARTYで耳にした曲もおおいはず。
いつものファンキーで疾走感のあるベースがいかにもDINOで○。
この人は本当に面白い曲つくります。
                 <REN>

◆HUJABOY / Sonic Tonic / HOM-ega Production

イスラエルの中でも渋くてダークな曲を生産してきたHUJABOY。
前回は渋くてミニマルかつ攻撃的なアルバムが新鮮だったけど
今回もかっこいい。前作より派手で重厚な感じでベースとキックが
とにかく太い。悪い。個人的に大注目のSUB6とのコラボ曲は
展開が凄くてフロア受けしそう。
                 <REN>

◆SESTO SENTO / The Bright Side / Com.pact

イスラエルのやんちゃBOYS、SESTOSENTOのニューアルバム。
ファンクでタイトな独特のグルーブ感をもっている彼らの
キャラはいまだに健在。ただ、今回は前作にくらべより音楽的にも
技術的にもかなりのプログレスが。それにしても若いイスラエルのアーティストの
楽曲制作技術には驚かされる。できないことはないんじゃないの?
というぐらい縦横無尽に展開されるシーケンス。耳にのこるメロディ。
後半はスケール感のある(マッシュみたいな)曲もありで聴き応えあり。
                 <REN>

________________________________________________________________________

 ■ p a r t y  I n f o r m a t i o n ■

________________________________________________________________________

=====================================================================

PSYNEWS編集部BAMBOOが所属するユニット、ASTRONのPARTY、ASTRO-BASEが
今週末開かれます。

●ASTRO-BASE - After Effect -
 December 20th(Sat)23:00- 
  at cube326 http://www.cube326.com/
   03-5439-5293 
  Entrance= \3500 with Flyer \3000 Before0AM \2500

 LIVE:ASTRON(PSYNEWS)
 DJ  :BIN(UTAGE)
      ITA(PRIMITIVE)
      TONIO(TRANCE CAFE)
      BAMBOO(PSYNEWS)
 VJ  :Drug'on 2
 Lounge DJs: BAMBOO,Nambi & more !

=====================================================================

●Shantipi-Records Party
 December 20th(sat)22:00-
  at Differ Ariake (Odaiba)
     03-5500-3731
  Entrance= Advance: 4000Yen Doors: 5000Yen

 Live
  Melicia&Odelyia (Phonokol/ ISR), Dynamic (Phonokol/ ISR)
  Gataka (Phonokol/ ISR)
 DJs
  Meiru (Bionics Records/ ISR), Mura (Daze Maze/ JP)
  Kei (Quintrix / Erase rec/ Head Room pro/ JP)
 Decoration
  Delay The Mogu
 VJ
  b.p.f
 Sound
  Mmu  
 Information
  Shantipi-Records: 03-3412-8399 / 090-5390-8492 
 
●Mother 1st Anniversary Japan Tour 2003 「ANALYZER」in TOKYO
 December 22rd(Mon) 23:00-
  at Differ Ariake (Odaiba)
     03-5500-3731
  Entrance= Advance: 4500Yen Doors: 5500Yen

 Live
  ATOMIC PULSE(Mother/SPECTRUM MSIC/ISRAEL)
  PROTOCULTURE(Mother/NANO RECORDS/SOUTH AFRICA)
  D-TEK(Mother/MAIA RECORDS/MEXICO)
 DJ
  TAMIR OZANA(ATOMIC PULSE/SPECTRUM MUSIC/ISRAEL)
  TA-KA(Mother/SPECTRUM MUSIC/百式/JAPAN)
  MAIRO-SUCH(AGITATO RECORDS/FINEPLAY/JAPAN)
 DIGITAL掛軸
  長谷川 章
 VISUALS
  TOKYO X-RAY/XENOVOLT
 AMBIENT DJ
  GLOBAL CHILLAGE DJ Team
 AMBIENT VISUALS
  光学姉妹/MINORI
 DECORATION
  PINX
  HIKARI
  GARUDA(co-ya)
 LIGHTING
  EGG HOUSE
 SOUND
 ACOUSTIC
 http://www.mother.bz

●New World presents Super Psychedelicious
 年末恒例 17時間耐久 サイケデリックパーティー  
 December 27th (sat)23:00-16:00
  @Macao (Osaka) 06-6633-0555
 Entrance Fee= Advance: 3500Yen Doors: 5000Yen(+1Drink 500Yen)

 Live
  Damage (Shaffel Records/ Time Code/ SOUTH AFRICA)
  Drap Drop (Shiva Space Japan/ G-moloch/ BRA-TOKYO)
  Hydro Generator (Alkaloid Records/ NAGOYA)
 DJs
  Shiva Jorg (Shiva Space Technology/ Shiva Space Japan/ GER)
  NewWorld DJ Team (Full Moon Mondo/ Electrap)
  Bristars (Keisuke/ Brave World&Ken/ Amateras)
  XXX DJ Team (Koki,Kj,Yuuji), Eternal Green DJ TEAM (Chika,Rum)
  Spectrum DJ Team (Melmo,Shuhei), Synthe DJ Team (Mao,Naoki)
  Chi- (Strawberry Synday), Tez (Ring/ Boshke Beats), Mukai (Nyx)
  Nigya (Ever Fool), Red Comet DJ Team (Vol,Omu,Hode,Kei,Pei)
 VJs
  Act74 (NewWorld), Dizzy (Nagoya)
 Decoration
  Brave World
 Tube Art
  D.C.Pro
 Sound Engineer
  Shige
 Sound System
  旅するサウンドシステムNew World Sound System
 http://www.diana.dti.ne.jp/~newworld/

●Daze Maze presents Free Party @Cube
 December 30th (tue) 24:00-
  @Ark Studio Cube326 (Shibaura) 03-5439-5030
 Entrance Fee= Doors: Free!

 Guest Live
  Jikooha (Tod Aquarium)
 DJs
  Minoru (Daze Maze), Mura (Daze Maze)
 Ambient DJs
  Osugi (ex.Iko Iko), Ytamaci (Daze Maze)
  Kiiko, S.W.Emiko
 Information
  dazemaze@artline.ne.jp
 http://www.artline.ne.jp/dazemaze/

●SOLSTICE MUSIC presents NEW MAPS OF HYPERSPACE COUNTDOWN 2004  
 December 31st (wed) 2003 〜 January 1st (thu) 2004
  @Tokyo Bay NK Hall (Tokyo Disney Resort) 
 Entrance Fee= Advance: 10000Yen On The Day: 12000Yen

 Live Orchestral Concert
 SHPONGLE(TWISTED RECORDS/ UK)
 Live
  1200 MICROGRAMS(TIP.WORLD/ UK/ IBZ)
  HALLUCINOGEN(TWISTED RECORRDS/ UK)
  ETNICA(ETNICANET/ ITA)
  G.M.S(SPUN RECORDS/ IBZ)
  WRECKED MACHINES(ETNICANET/ SOLSTICE MUSIC/ BRA)
 DJ
  DIMITRI D.K.N(SOLSTICE MUSIC/ UK)
  OTT(TWISTED RECORDS/ UK)
 VJs
  M.M.DELIGHT, ZAKURO, SAVKA, b.p.f, NITEQ
 Projector Support by
  KATSU PROJECTION
 Decoration
  BRAHMA (TIP.WORLD/ UK), AQUI
 Laser
  PSYCHOTECH
 Light
  BAGS GROOVE
 Sound
  ACOUSTIC

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 [ 御意見、御質問、御苦情、皆様の声をお聞かせください! ]

 どしどし、皆様のご意見をいただけますでしょうか?どんどん内容を
 ぶ厚くしていく予定です。

 -> mailto:takeshim@oak.ocn.ne.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-11  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。