毎月第1金曜日と第3金曜日に酒蔵の出来事など楽しい記事をメールマガジンでお送りします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



蔵元日記【酒器提案・注ぎこぼし反対】

発行日:9/4

蔵元日記【酒器提案・注ぎこぼし反対】
 

日本酒の提供スタイルで多い「マスの中にグラスを入れて、そこに酒
を注ぎこぼす」というやり方。気になっています。何が気になるかと
いうと、(1)グラスを口元に持っていくときしずくが落ちて服を汚
す (2)マスの中が本当にきれいになっているか不安(実際にカビ
臭のするマスに遭遇したこともあります) (3)本当に180ml
入っているの? 入ってそうにないなぁ (4)グラスの上縁一杯まで
注がれた酒を一滴もこぼさず飲もうと、背中を丸めて口を突き出して
飲んでいる姿がなんともかっこ悪い・・・etc と、いくつもあります。
 
ところが業界関係者に話すと、「あのグラスからこぼれるところが良
いんだよ。儲かった気がして。あれぞ、男のロマン」なんて返事。
 
何が「男のロマン」だ。第一、大の男が酒を注いでくれるお店の人の
手元を睨みながら、少しでもたくさん注げと念じている姿なんて、い
じましいだけ。その上、おそらく一杯まで注いだとしても180ml
を切れることのほうが多そう。
 
大体180mlない酒を一合と称する事って、そんなルール、理解で
きないじゃないですか。それを日本や業界の常識というなら「日本の
常識は世界の非常識、業界の常識も世界の非常識」。どう見たって、
若い人たちには理解できそうに無い内輪の「むら」社会ルール。また、
こんなインフォーマル・ルールに若い人が納得するようじゃ、これか
らの厳しい国際社会で日本が生きていけるか不安というものです。
 
そんな事から、「注ぎこぼさなくてしかもカッコいい」、そんな酒器
を探していました。なかなか日本の酒器で良い物が無くて、ニューヨ
ークでも探したり、苦労していたんですが・・・・・。
 
実は酒蔵では以前から「利き猪口」の変わりにボルドータイプのワイ
ングラスをテイスティング用に使ってきました。理由は特殊なことを
いいことに一個3千円以上と無茶苦茶高価な「利き猪口」の価格と比
べて1千円以下と安いこと。上立ち香を利き分けるという点ではより
性能が良いということは前から思っていたことです。
 
「何で日本酒がワイングラスなんだよ」という思いもあったんですが、
「強敵こそ拒否するんじゃなしに、身内に引き込め。味方にしてしま
え」ということで、このグラスの使用を思い立ちました。
 
少し工夫もしました。ちょうど90mlのところに星印をつけました。
つまり二杯飲めば一合ということ。これは飲食店さんで「ニッポン」
ルールの一合じゃなしに正規の容量で勝負してもらいたいため。それ
と、呑み助にとっても一杯が180mlというのは少し多すぎるから
です。普通のお客様のパターンで行くと、まずビール、それから酒で
すから、そこで180mlだと大体一杯で打ち止め。このとき、酒の
銘柄選択を間違うとそのお客様の今夜の楽しみは不満足なまま終わっ
てしまうわけです。
 
そんなことで、星印付きのグラスを斡旋することにしました。詳しく
は弊社ホームページの商品紹介のページをご覧ください。それと、前
にも紹介した「元」美人編集長(決して「元美人」編集長ではありま
せん。ご注意を)の山本洋子さんがブログで紹介してくれました。
そちらhttp://www.yohkoyama.com/archives/7580も楽しいですよ。
覗いてみてください。
 
最後に個人で使ってみていくつかの美点も発見しました。まず食卓に
高さが出て華やかさが生まれること。他に、どれだけ自分が飲んだか
明確に分ること。ということは「今日は三杯も飲んだんだから終わり
!!」と奥さんに宣言されるという弱点もありますが。
 
でも、ぜひ、使ってみてください。そして行きつけの飲食店さんに紹
介してやってください。

商品についての情報はこちら▼
http://asahishuzo.ne.jp/flame/goods.html
 
 
◆ 第二回山口獺祭の会のお知らせ◆
今年も山口獺祭の会を開催します。昨年と同じく新山口駅前の山口グ
ランドホテルで下記要領で開きます。皆様のご参加を心よりお待ち申
し上げます。
 
日時    11月8日(日) 16:30〜18:30
場所    山口グランドホテル
      093-972-7777
      山口市小郡黄金町1-1
      JR新山口駅より徒歩一分
会費    4000円
形式    立食パーティ
予定人員  200名
 
 
◆    第一回 やまぐち地酒維新◆
やまぐち県内の地酒メーカーが、東京進出を目指して合同で試飲会を始
めて開催します。一応、県内地酒メーカーは全蔵参加を要請されていま
すので全ての酒蔵が揃うはずです。
 
主催    山口県酒造組合
日時    10月4日(日) 18:30~20:30
場所    品川プリンスホテル
      東京都港区高輪4-10-30
会費    5000円
形式    立食パーティ(県産米・萩焼のお土産付き)
定員    200名
 
お申し込みは山口県酒造組合(093-973-1710)へ。
でも、5千円は高いなぁ。補助金付きなんだろうから。○○県が、△△県が
とか横並びなんか考えず。今、山口県の酒は注目されてるんだから。不必
要な出費や無駄な人員は削って。各蔵のお酒が素晴らしければお客様は喜
ぶから。お土産なんか、お客様は喜びゃしないから。もっと、がんばれ。
身銭を切らないと明日は無い。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 幸せの酒 市川酒ニュース

    最終発行日:
    2016/07/29
    読者数:
    1053人

    地酒 喜久酔、正雪、羅生門、太平海、緑川、本格焼酎 富乃宝山、月の中、鳥飼、人夢可酒、などのお酒の情報と静岡の田舎町に住む店主一家の日常を綴ったアットホームなニュース。

  2. 「飲・食・店」新聞フードリンクニュース

    最終発行日:
    2016/07/25
    読者数:
    2300人

    フードビジネスに携わる方から一般の方まで読みごたえたっぷり!。最新ドリンク、フード、繁盛店、販売促進情報を続々発信。特に飲食店経営者、流通業者、メーカー業務用担当者に大いに役立つメールマガジンです。

  3. すがや地酒ニュース

    最終発行日:
    2016/07/25
    読者数:
    5360人

    当店おすすめの焼酎をご紹介しております。

  4. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/07/23
    読者数:
    23595人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  5. 松澤屋の新着ワイン情報

    最終発行日:
    2016/07/29
    読者数:
    4166人

    グランヴァン松澤屋が販売するワイン達を入荷する毎に皆様にお知らせいたします。日本に数本しか入らない稀少ワイン、生まれ年のグランヴァンなど、この情報から目が離せません。

発行者プロフィール

過去の発行記事