お酒・ワイン

蔵元日記

毎月第1金曜日と第3金曜日に酒蔵の出来事など楽しい記事をメールマガジンでお送りします。

全て表示する >

蔵元日記( 日本酒の海外市場の将来)

2009/04/03

蔵元日記【 日本酒の海外市場の将来】

「最近、海外で酒売れてる?」と聞かれることが多いんです。確かにサ
ブプライムローン問題以降、海外における景気が急降下しています。
悪い情報のほうが人間は耳に入りやすいですから、それをあおるマスコ
ミ報道などによっても皆さん「悪いだろう。酒は売れないだろう」と言
う印象をもたれる方が多いようです。
 
確かに、旭酒造の販売数量で言えば、それまで前年比150%以上で伸
びていた海外の実績が今期は累計で120%以下まで35ポイント以上
も落ちています。ですから悪いと言えば悪いんですが・・・・・、円高
による一時の調整局面で年内にはまた成長軌道に戻るだろうと楽観視し
ています。
 
その楽観視の根拠のひとつは、今もハワイの「ノボルレストラン」(注
1)という店から酒担当者が来ていますが、ここ最近の海外からの酒蔵
への研修ラッシュです。それもほとんどは半日の見学とかじゃなくて少
なくとも二日から長い場合は一週間と言う気合の入った研修者ばかりで
す。
 
たいていはレストラン関係者か日本酒の販売をこれから海外で職業とし
ていこうという人たち(注2)です。でも、宿泊は酒蔵に泊るとしても
高い航空券代を払って、第一仕事を休んで日本酒の勉強のためにアメリ
カやイギリスから来るんですから気合が入っています。ちなみに、政府
の補助金をもらってとかそんなんじゃなくてみんな自費来日です。
 
そんなうれしい客が毎月二組ぐらいは来ます。そのうち、日本人に彼ら
が日本酒の講義をする時代が来ると思います。私が海外における日本酒
の将来に強気な意味がわかるでしょ。日本酒は、今、世界がほっとかな
いんです。
 
(注1)獺祭もおいてある観光客向けで無くローカル客90%のレスト
ランだそうです。
Noboru Japanese Restaurant
808-261-3033
201 Hamakua Drive #102
Kailua Hi 96734
 
(注2)中にはスペインのムガリッツ(スペイン最高峰の三ツ星レスト
ランと言われる)のソムリエなんかもいて。でも、モノ知らずのこちら
は「聞いたことあるなぁ」ぐらいの田舎者丸出しの対応;;;;;  後で聞いて
びっくり!!!
 
 
 
【ショック】
最近読んだ本。大前研一の「さらばアメリカ」の中のショックな一節、
「リーマン・ショック以降のアメリカは、著者が知っているアメリカで
はなくなってしまった」そうです・・・・・。
 
大前研一によると、「(アメリカは)『論理』より『感情』が優先され、
言い換えれば一部の利益団体が利権構造の中で人々の不安心理を煽り、
世論を操作する国になってしまった」、そうです。
 
それって、日本そのままじゃないですか。私たちが若いころは、きっと
自分たちが大人になるころにはこの欠陥を改革できると思い、なってみ
ると自分たちも同じ社会しか造れなかった、もしかするともっとひどく
なった、と言う深い悔恨しか残らなかった、そんな日本の欠陥と一緒で
す。
 
しかも、著者によれば、近年こんな国になってしまったから「さらばア
メリカ」なんだそうです。じゃ、元からそんな国に生まれ育った私たち
はどうすれば良いんでしょう。
 
しかし、どんなに欠陥有りでも「さらば日本」とは言いたくない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-30  
最終発行日:  
発行周期:第1・第3金曜日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。