お酒・ワイン

蔵元日記

毎月第1金曜日と第3金曜日に酒蔵の出来事など楽しい記事をメールマガジンでお送りします。

全て表示する >

蔵元日記(シャモニー続編・感激)

2009/02/13

蔵元日記【シャモニー続編・感激】

おかげさまで今回、フランス側の招待でシャモニーに行ったんですが、
ホテルは前出のアルベール・プルミエ。それも一泊2千ユーロ(2〜3
0万円)は下りそうにないスイート。浴室だけでも日本のちょっとした
シティホテルよりでかいんですから。内装も素晴らしい。またフランス
の良き時代の旅籠の雰囲気を濃厚に残した控えめなサービスもなんとも
心地よいものでした。(フランス脱帽)

昼のセミナーとランチは日本酒ですが夜は選り抜きのワインとディナー
をご馳走になりました。ほんとにフランス側にここまでしてもらって、
これでフランスへの日本酒の普及が成功するまで努力しなかったら、自
分は、まあ言えば、「男じゃない」「お金ももちろん大事だけど義理と
か人情とかもっと浪花節で行かなくっちゃ」と思った二日間でした。(
大時代だなぁ・・・結局、学生時代の仁侠映画の辺りから成長してない)

とにかく出てくるワインがすごいんです。私はまったくワインがわから
ないんですがそれでも凄いワインだということはわかりました。フラン
ス在住の黒田さんも興奮気味。だってこの二晩のディナーの間にミシュ
ラン二つ星のレストラン所蔵のワインで物足らなくてシェフソムリエの
マルトレーさんの個人コレクションの中から4本も凄いのが出てきたん
ですから!!!

最後の「ポートかな」と思ったデザート用のワインなんて、古いから良
いと言うものではないんでしょうけど、1926年ですよ。

でも、そんなすごいワインの逸品ぞろいでしたが、どんなにすごいワイ
ンでも刺身や寿司には合わないなぁというのが実感でした。日本でよく
合わせている人がいるけどあれって飲み物と食物を合わせるという感覚
が欠落してるのかマスクされているのか・・・・・不思議ですね。

もっとも、歴史的に言えばつい30年前まで酒と料理の相性なんて日本人
は考えたことはないというのも真実ですから当たり前のことかもしれま
せんが。(でも、あれほどぴったり合ってる日本酒と日本料理の相性を
捨てるってのはねぇ)


【シャモニーの後リヨン経由パリ】
シャモニーはパリから電車を使いますと乗換えが上手くいって10時間か
かります。私たちはTGV(新幹線)でスイスのジュネーブに一旦入り、
そこから4人だったので車をチャーターして入りました。

おかげさまで行きは順調でしたが、かえりはまずシャモニーで20分遅れ。
(もちろん遅れが言い訳のつかないところに来るまで「大丈夫。追いつ
くから」と適当なことを言ってた駅員のおばちゃんの「私の責任ではな
ぁいっ!!!」と言うコメントつき)

結果、次の目的地であるリヨンへは急行電車はあきらめてバスに乗り換
えて入る羽目に。更に更に、リヨンの大学の寮で爆発騒ぎがあったとか
で市外に入ったあとも一時間ぐらい街の中をぐるぐる。深夜11時半ぐら
いに疲労困憊してホテルにたどり着きました。せっかくの三ツ星レスト
ランであるポール・ボキューズ傘下の料理学校が経営するホテルでした
が晩飯を食べる元気なし。

でも、リヨンはきれいな町ですね。満足に食べたのは翌日の朝飯だけで
したけど美味しかったし。


【フランス最終日パリ】
そんなこんなで最終日のパリ。テレビに出演してしまいました。(もと
い、したかもしれません)オペラ座近くの獺祭を扱ってくれているISSE
に寄ると、「これから、一つ星だけど、今フランスで最も注目されてい
る料理人のキッチン・ギャラリーのルドゥイユさんが密着取材のテレビ
クルーを従えてこの店に来るから、獺祭を紹介するように」という御下
命が黒田社長からありました。

そうこうする内にカメラマンとディレクターらしき女性二人を従えてル
ドゥイユさん登場。流暢なフランス語で日本酒など食材の説明をする黒
田社長から紹介されて同じく流暢な日本語!?で獺祭の説明をする私は
しっかりテレビカメラに写ったわけです。

でも、モデルが悪いから実際に放映されたかどうかはわかりません。し
かし日本語の一生懸命の説明が功を奏してか(?)キッチン・ギャラリ
ーで採用してもらえました。しかも合わせて三月か四月に獺祭と料理を
あわすイベントを開催してやろうという願ってもない話。

その晩はそのお礼もかねてというよりもその話題のシェフの料理を食べ
たくてキッチン・ギャラリーに行きました。料理は「タイ料理のような
フレンチ」でした。食材とか味付けとかベトナムとかタイの料理のよう
ですが、だけどフレンチの枠の中に納まっています。さすが!!

だけど、残念ながら6日間の美食三昧のつけがたまったおなかが拒否し
て三分の二ぐらいしか食べられませんでした。うーん、残念。再チャレ
ンジを誓った最終日でした。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-30  
最終発行日:  
発行周期:第1・第3金曜日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。