哲学・心理学

カウンセラーの卵たち

心理カウンセラーを目指す方を対象に、カウンセリングの進め方やテクニック、どんな勉強をしたらいいのかなど心理カウンセラーになるためのノウハウを掲載していきます。


全て表示する >

カウンセラーの卵たち vol.085 2004/12/24

2004/12/24

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                            カウンセラーの卵たち
                〜あなたもきっと心理カウンセラーになれる〜 
                           http://www.jissen.com/
                           mailto:info@jissen.com

           NPO法人実践心理教育センター   vol.085  2004/12/24
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼

■アダルトチルドレンの原点

■ある新米カウンセラーより

■受講生の声

■無料説明会のお知らせ

■夢分析セラピスト講座のご案内

■年末年始休業のお知らせ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アダルトチルドレンの原点
                                                  □理事長:芳野 正彦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のコラムを読んで、引きこもりや不登校のお子さんを持つ親御さんから何件か問
い合わせがありました。

「うちも子供のことで困っている」「なにか勉強になるようなセミナーはないか」
「お話ならどんなに遠くでも出向いて聞きます」「うちの子が以前のように登校する
なら何でもします」などなど。

これらの問い合わせの共通点はふたつ。

ひとつは、問い合わせの全部がお母さんからだったこと。
もうひとつは、誰もわたしの話を自分のこととして聞いていないということ。


■聴くことのむずかしさ

人の話を聴くというのは、実はたいへんむずかしいことです。
特に自分が困っているときは、早くその苦境から逃れたい気持ちが先走って、ついつ
い目先の解決策に手を出してしまいます。
目の前にある困った現実の根本、根っこを見る余裕がないのです。

そうすると人は、自分の聞きたいことだけ聞こうとします。
自分にとって都合のよい解釈に飛びついたり、自分が簡単に出来そうな事柄だけに耳
を傾けます。

人の話を聴くというのは、今まで自分が経験したこともないようなお話を聴くことな
のです。
ですからすべてが驚きと好奇の連続のはずなのですが、同時に不安や心配が募り、心
は葛藤状態になります。
この葛藤状態に耐え切れずに無意識のうちに、自分のテリトリーの中に人の話を無理
やり押し込もうとします。
このとき論理の飛躍や投影や抵抗や転移や合理化が起こります。
そうして、安心と引き換えに「傾聴すること」を手放します。

たくさんのヒントが詰まったお話を聞き流す羽目になります。


■リスクを引き受ける覚悟

お子さんのことで相談にお見えになる親御さんにわたしが時々言うことです。
「お子さんをなんとかしたいとお考えなら親もリスクを背負わなければなりません。
なぜなら親が背負うべき荷物を今までお子さんが背負ってきたからです」

というようなことを話しますが、たいていわかってもらえません。
(というか聞き流してしまわれますね)

そしてまずお願いするのは、次回からご夫婦で相談に来ていただけますか、というこ
とです。

最初からご夫婦で相談に来られた方は、当センターでは皆無です。
次回から夫婦で来てくださいというリクエストに応じてくださる方も極めて少数です。

「うちの主人は、子供とは口もきかないから、ここに連れて来ても仕方がない」
「主人の言う通りにしていたら、いつまでたっても子供はよくならない」などなど。

親が背負うべきリスクは、まずここにあるわけです。

夫婦が互いに相手をどれだけ認め合えるのか。

仲良くしろなどとは言いません。
どことどこが好きで、どこからどこまでが気に入らないのか。
お互いが相手のことをよく見ないとわからないですね。
相手のことを良く見るということは、実は心に葛藤が起こりやすいのです。
特に身近な人とは、無意識から軋轢を起こしたくないという気持ちが沸き起こり、知
らず知らずのうちに目をつぶってしまうのです。
そして自分の勝手なものさしで相手を測ろうとします。

夫婦がお互いを理解しようとするリスクを背負いはじめたとき、そのとき初めて子供
は解放されるのです。
報われると言ってもいいかもしれません。

子供たちは、自分たちが頑張ってきたことが無駄ではなかったと思うのです。


■リスクを背負った子供が親になるとき

報われないで、そのまま成人し、人の親になることもしばしばあるでしょう。
彼らは達成感のないまま人生を頑張って生きていくのです。
それは、あたかも自転車のペダルを力いっぱい踏みしめながら、両手でブレーキを力
いっぱい握り締めている図に似ています。

いつも追い立てられて達成感のないまま生きているのです。

そしてやがてわが子が生まれたときに、どのように接していいのかわからなくなり、
結局自分がされたようにわが子にするのです。


■相談に来てください

お子さんのことで困っている親御さん、機能不全家族の中で育った方、
よろしければ、相談に来てください。
あなたが思うような結果は手に出来ないかもしれませんが、一人で悩むよりは、ずっ
と良い結果が手に出来るかもしれません。

できれば、そのときカウンセラーの言うことにも耳を傾けてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ある新米カウンセラーより
                                            □心理カウンセラー:田口まな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当センター認定上級心理カウンセラーの資格を得、カウンセラーとして活動を始めて
から約半年になります。
半年というとそれなりにまとまった期間のようにも思えますが、実際はまだまだ始め
たばかりという感覚に近いです。
現在は熟練カウンセラーによる指導を受けながら、当センターの講師をしています。
カウンセラーの資格を得て最初の仕事と聞くと、みなさんはどのようなものを想像さ
れるでしょうか。
最初から個人カウンセリングを行うにはやはり無理があります。
まずは、実務経験が求められます。
そこで最初に課せられた私の役目は、センターの通信講座受講生の担当カウンセラー
でした。
メールの向こうにいる受講生とのセッション。
文章を書くことに苦手意識のある私には骨の折れる作業ですが、対面でない分、こち
らにもじっくりと考える余裕があります。
初めて生のクライエントと対面するのは、通信でなく、通学コースの受講生を担当す
るときです。
今年9月のことでした。
不安と期待と緊張と焦りとでいっぱいでした。
もし私が次のステップに進んだら、今付いている指導(スーパーバイズといいます)
が外れ、講師を任されるようになります。
私の目標である個人カウンセリングを一人前にこなすことができるようになるのは、
もう少し先になりそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 受講生の声
                                                    □東京事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月に通学の基礎コースを修了された受講生さん達の感想文です。
熱が冷めないうちの新鮮な声をお届けします。


□基礎コース修了生 M.T.さん(30代女性)

適性診断コースを受けて、もっと心理学を通して心について勉強してみたい、という
のが最初の基礎講座を受講する動機でした。3ヶ月なら頑張れる、頑張ろうと思って
通いました。少人数で受講出来るので、質問もしやすく、毎回課題が与えられますが、
その課題を通して、更に、いろいろな面で気づきがあり、又、学ぶことの楽しさも知
る事が出来て、充実した3ヶ月でした♪


□基礎コース修了生 H.S.さん(20代女性)

基礎コースを勉強していく中で、いろいろな心の変化がありました。不安になったり、
おどろきがあったり、ワクワクしたり、と。そんな変化により、心の中が納得され、
整理していったような気がします。
ここで学んだこと、気づけたことを心の土台とし、これからいろいろなことを感じ、
考え、解決し、成長していけたら良いなと思います。
まさか、自分がこのような勉強を学ぶとは考えもしなかったので、理解できるのかな
ぁ・・・??という感じでしたが、今では学べたことをとてもうれしく思っています。


□基礎コース修了生 M.S.さん(20代男性)

基礎講座を受講して、いちばん大きな収穫は自分の嫌な面も好きな面も再発見するこ
とができたことです。自分と向き合っていくのはちょっと不安で、ちょっと大変でし
たが、この講座で新しい自分を発見できたのかなっと思っています。
途中、仕事との両立でかなりつらい時期もありましたが、3ヶ月・12回の講座は充
実してました。いまは無事終えることができ一安心です。


□基礎コース修了生 M.H.さん(20代男性)

「うぉぉぉ 穴に落ちた・・・待てよ、この穴って前にも落ちなかったっけ?」とこ
の講習を受けて初めて気づかされました。
自分の場合「自分の存在を認めてくれぇぇぇぇ」という気持ちが強すぎて、よくこの
『穴』(精神的に落ち込んだり、自分でも訳が分からない行動など)に気づかず突っ
込んでいた気がします。
この講習を受けていくうちにこの『穴』の正体が見え初めて、「次は落ちないぞ」と
思えるようになったのです。
人は何度も同じ穴に落ちるそうです。でも、そこに『穴』があることに気づけたので
「違う道もあるんだよ」や「穴埋めてもいいんだよ」や「飛びこえちゃえ」と自分で
選択できる事を学んだのが今回の講習だったと思います。


□基礎コース修了生 E.K.さん(30代女性)

今振り返ってみると、この3ヶ月は私自身にとって本当に有意義なものでした。
それは、自分を知り、理解でき、受け入れる事が出来たからです。
最初、カウンセラーになる為の講座ってどんなものなんだろう?という興味と、自分
に適性はあるのだろうか?という思いで入学しました。講座開始後、一貫して自分を
知る、自分を見つめるという授業内容・スタイルの中に、始めは吸い込まれてしまい
そうな位、新しい発見があり、再認識があり、興味もどんどん沸いてきました。が、
次第に深いレベルの気づきに触れる事で、本来自分が見たくない部分の自分、隠して
きた自分をさらけ出す事に直面します。そういう意味で辛く、苦しい思いに駆られた
時もありました。言葉では言えない位の孤独感も味わいました。
次第にそれを自分なりに受容できるようになった時、思わず嬉しさがこみ上げてきた
事もありました。
そういった自身の一連の過程を講師の方はずっと見守ってくれていた事にも気が付き
ました。今の気持ちにも共感してくれた事が何より安心感を与えてくれます。
自分を知り、理解し、受容するまでのプロセスを、安心して臨める講義だったと実感
しています。ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 無料説明会のお知らせ
                                                      □東京事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心理カウンセラーを目指す方のために無料説明会を行います。
実践心理教育センターが心理カウンセラーをどのように養成していくのかをご説明し
ます。
「カウンセラーに興味はあるけどちょっと不安」「どうすればカウンセラーになれる
のか知りたい」「受講生の生の声を聞いてみたい」など、受講の前に話を聞いてみた
い方は、是非お気軽にご参加ください。

□ 日時
2005年1月16日(日) 13時〜15時

□ 開催場所
東京事務所

□ 参加料金
無料

□ お申し込み
お申し込みは http://www.jissen.com/ の「スケジュール」からお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 夢分析セラピスト講座のご案内
                                              □心理カウンセラー:山本陽子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人カウンセリングをしていく中で、度々自分の感情が良く分からないと言うクライ
エントに出会います。
「泣いてはいけない」に始まる養育者からの禁止令によって、私たち人間はエモー
ションを恐れ、知識や意思の働きを妨害するものとして抑圧したり無視しようとした
為、素直に泣くことも笑うことも出来ないような無表情の人が多くなったようです。
また、あまりにも現実に適応しすぎた為に、夢を忘れ、エモーションを無視して、傷
つきながらもその傷の存在すら意識しない人々も多いのではないでしょうか。

夢分析は、はかない夢に意味を見つけ、外へ外へと散りたがる心を自分の内部に集中
させ、味わうものです。
ユングの言うところの意識と無意識の対話であり、これを続けることで、心の全体性
に一歩近づくことが出来ます。
また、みたくないもの、気付きたくないこと、隠れた可能性を意識的に見つけ、受け
入れることに私たちは抵抗を起こしますが、夢が教えてくれたメッセージは受け入れ
やすいという利点もあります。

個人カウンセリングの中の一つの引き出しとして、また自分自身の人生を豊かにする
為に、夢分析に参加しませんか?

月1回、全6回(午前10時〜午後17時)
2月6日(日)、3月13日(日)、以下未定
定員6名

□ 開催場所
東京事務所

□ 参加料金
73500円

□定員
6名

□ お申し込み
お申し込みは http://www.jissen.com/ の「スケジュール」からお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 年末年始休業のお知らせ
                                                      □東京事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当センターは、2004年12月27日(火)から2005年1月 6日(木)まで、
年末年始のお休みを頂きます。
新年の業務開始は1月7日(金)からとなりますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、上記期間中に頂いたお問い合わせ等につきましては、1月 7日(金)以降に
回答いたします。
 
---------------------------------------------------------------------------

■Information
===========================================================================
■適性診断コース通信講座2005年2月期生を募集します。

■ 2005年2月7日開始。期間4週間。
□ 募集締め切りは2005年1月20日です。
■ 定員10名。お早めにどうぞ。

■ お申し込みは http://www.jissen.com/ の「通信講座」からどうぞ。

■ すでに2005年1月期生は定員になり締め切りました。
□ ひとりひとり丁寧に指導させていただくために少人数制にしております。
■ なにとぞご理解のほどお願いいたします。


===========================================================================
■マンツーマン適性診断コース(カウンセラーと受講生のマンツーマンのコース)

■マンツーマン適性診断コースを東京、大阪、神戸、京都、奈良、静岡で開催します。

■ 毎週1回の授業で全4回。
□ 時間は1回につき1時間程度。
■ 
□ 具体的な受講日は、お申込み後、担当カウンセラーと打ち合わせて決めます。
■ 
□ マンツーマン適性診断コースは以下のような方に最適です。
■ ・早くカウンセラーとして力をつけたい
□ ・ゆっくり自分をみつめたい
■ ・カウンセラーにじっくり話を聴いて欲しい
□ ・心理学のエッセンスを直接カウンセラーから聞きたい 

□ お申し込みは http://www.jissen.com/ の「通学講座」からどうぞ。

□ 現在、このマンツーマンコースは大変好評を得ています。


============================================================================
編集後記

2004年も残り少なくなりました。この時期は、1年を振り返ったり、年賀状を書
いたりと、ちょっぴりセンチメンタルになりませんか。
私はこの時期、灯油屋さんの車のBGMが聞こえてくるとさらに年末気分が盛り上がり、
じんわりと懐かしいものが心によみがえってくるのです。
うちの近所を走る灯油屋さんの音楽は、「トンボのめがねは水色めがね・・・♪」の
オルゴールバージョンです。ゆったり、しみじみと響きます。
みなさんの心にもそれぞれ、こうした「季節の思い出」があるのでしょうね。

(編集担当:心理カウンセラー 芳賀希)

----------------------------------------------------------------------------
メールマガジンの購読・解除は、↓のURLで行って下さい。

http://www.mag2.com/m/0000049300.htm (まぐまぐ)
http://www.melma.com/mag/75/m00029375/index_bn.html (melma)
http://www.pubzine.com/detail.asp?id=11594 (Pubzine)
http://melten.com/m/3782.html (メルマガ天国)
http://cgi.kapu.cplaza.ne.jp/m/1500.html (カプライト)

----------------------------------------------------------------------------
バックナンバーは、↓のURLにアクセスして下さい。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000049300

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カウンセラーの卵たち
発行責任者 : 特定非営利活動法人 実践心理教育センター 芳野正彦
【「カウンセラーの卵たち」は、無断転載、複写はできません】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-25  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。