ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/10/30 夕刊

2019/10/30

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


   今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたしました。


    『 河川堤防の補強工事増加で上昇期待高まる〇〇8〇!』


    『 11月の主なイベントと注目点 』



   ※配信についてのお問い合わせは・・・ aqua@aqua-inter.com まで。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/10/30 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 今更ながら日本語というのは難しいもので、意味を取り違えて使われていた
り、時代とともに意味や用法が変化することもあります。

 文化庁は国語に関する世論調査を毎年行っていますが、昨日発表された最新
の調査では、慣用句などの本来の意味と正答率は下記のようになっています。


   憮然(ぶぜん) ※例文:憮然として立ち去った

           誤)腹を立てている様子      56.7%
           正)失望してぼんやりしている様子 28.1%


   御の字     ※例文:70点とれれば御の字だ
  
           誤)一応、納得できる       49.9%
           正)大いに有り難い        36.6%


   砂をかむよう  ※例文:砂をかむような思いがした

           誤)悔しくてたまらない様子    56.9%
           正)無味乾燥でつまらない様子   32.1%


 尚、文化庁は「言葉は時代により変容する。『こうあるべきだ』と硬直的に
なりすぎ、他人の言葉遣いを責めることは望ましくない」というスタンスです。

 ちなみに、証券界には特有の言葉遣いがたくさんあり、例えば、出した注文
を取り消すことを「丸にする」と言いますが、この場合の「丸」は「ゼロ」ま
たは「取り消し」の意味で使われます。

 「明日の打ち合せ、丸な」と言えば、「予定どおり」と勘違いしそうですが、
実際には打ち合わせの予定・計画がなくなったことを意味します。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場 <スペシャル版(有料版)通信>

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.鉱工業生産指数とは






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22843.12(−131.01)▼0.57%
◎TOPIX  1665.90(+  3.22)△0.19%

◎売買高概算   17億9256万株
◎売買代金概算   3兆3795億円
◎時価総額   627兆4249億円

◎値上り銘柄数 1341   ◎(年初来)新高値 214
◎値下り銘柄数  757   ◎(年初来)新安値   3
◎変わらず     55

◎騰落レシオ(25日)124.81%(前日比1.50%上昇)

◎サイコロ(日経平均)10勝2敗 〇〇〇●〇〇〇〇〇〇〇● 83.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +3.26%  75日線比 +6.41%

◎為替  (対 ド ル)108.84(前日比0.01円高)
     (対ユーロ)120.95(前日比0.30円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 170.5円(+  0.6円)11336万株
 2.ZHD  <4689> 331.0円(−  2.0円) 9881万株
 3.三菱UFJ<8306> 575.7円(−  0.8円) 4788万株
 4.野村   <8604> 510.0円(+ 11.1円) 4071万株
 5.JXTG <5020> 505.8円(−  7.8円) 2346万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 38490円(+  700円)  864億円
 2.日経レバE<1570> 20900円(−  240円)  808億円
 3.ソフバンG<9984>  4040円(−   60円)  754億円
 4.NTTドコ<9437>2919.5円(+ 47.5円)  611億円
 5.キーエンス<6861> 67400円(−  460円)  568億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が8日ぶりに下落、131円(0.5
7%)安の2万2843円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが小幅ながら19ドル安となり、また昨日まで7日連続高と
なった後だけに朝方から半導体や電子部品関連中心に売りが先行。今晩に注目
の米FOMCの利下げの有無など結果発表を控えて手控え気分が強く、終日安
い水準での値動きとなっています。売買代金は3兆3795億円、上海総合指
数は日本時間15:35現在15ポイント(0.5%)安の2939です。

 業種別では、食品、精密、空運、証券、水産、医薬品、化学などが高く、一
方で石油、鉄鋼、非鉄、機械、不動産、電機などが下げています。

 個別銘柄では、臨床検査薬・研究用試薬製造の医学生物学研究所がストップ
高、502円高の3280円となっています。20年3月期の連結純利益が前
期比3.5倍の11億円になる見通しと発表。従来計画8.5億円からの上昇
修正を好感した買いが集まっています。自己免疫疾患試薬・遺伝子検査試薬の
販売が好調、また中国でも販売が伸びています。

 エーザイが158円高の8148円。20年3月期の営業利益計画を前期比
28%増の1100億円へと従来計画20%増の1030億円から上方修正し、
好感した買いが入っています。主力の抗がん剤「レンビマ」が中国などで好調。
アルツハイマー型認知症治療薬を米国で承認申請すると発表したことで21日
の5534円から大きく上昇していました。

 ITサービス、サーバーで国内首位。官公庁・金融・流通向けに強い富士通
が697円高の9697円と大幅高、約12年9ヶ月ぶりの高値水準となって
います。20年3月期通期の連結純利益が前期比20%増の1250億円にな
る見通しと発表。従来計画1050億円から上方修正し、好感した買いが膨ら
んでいます。

 日立とホンダが傘下の自動車部品メーカー計4社を合併させると報じられ、
ホンダ傘下で2輪ブレーキ世界最大手の日信工業が400円高の2193円、
同じくホンダ傘下でショックアブソーバーとパワーステアリングメーカーのシ
ョーワも400円高の2206円、ホンダ系最大級の部品会社のケーヒンも4
00円高の2298円といずれもストップ高となっています。あと一社は日立
の完全子会社「日立オートモーティブシステムズ」です。

 その他、一押しのカチタスが210円高の4700円、同じくオフィスビル
等の間仕切り総合メーカーの小松ウオールが69円高の2287円、平和不動
産も41円高の2784円、セントラル警備保障は290円高の6400円と
値を飛ばしています。復興関連で業績上方修正を発表した不動テトラは134
円高の1567円です。


 本日の新高値銘柄は、ショーボンド、東鉄工、淺沼組、ライト工、寿スピリ
ッツ、中外薬、資生堂、技研製作、ホシザキ、三櫻工業、富士通、トヨタ自、
小松ウオール、ピジョン、平和不、京成電、ドコモ、セントラル警備・・・等
々です。



☆スペシャル版(有料版)通信

 10月16日(先々週)のスペシャル版にてご紹介させて頂いた戸建て中古
再生事業を全国展開する『カチタス』(8919)。本日210円高の470
0円と値を飛ばしてきています。

 また、先週にガン関連としてご紹介の第一三共も93円高の7098円と上
昇中。東京証券取引所ビルのオーナーである平和不動産も41円高の2784
円、オフィスビル等の間仕切り総合メーカーの小松ウオールも69円高の22
87円・・・等々、大きく上昇してきています。

 「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育つ」と申しますが、その他の銘柄
を含めまして今後の展開が楽しみです。



※大好評! アクア・スペシャル版のお申し込みは・・・
 
                → https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(4519)中外製薬      9,800→11,000円
 据置き   A(6971)京セラ       7,800→ 8,100円
 据置き   C(6806)ヒロセ電機    11,000→12,000円

[野村証券]
 据置き   A(4290)PI         940→   990円
 据置き   A(6702)富士通      10,000→11,000円
 据置き   A(8036)日立ハイテク    7,241→ 7,727円
 据置き   A(9202)ANA       4,400→ 4,200円
 据置き   A(9437)NTTドコモ    2,910→ 3,190円
 据置き   A(9962)ミスミG      2,800→ 3,000円
 据置き   B(6967)新光電工       910→ 1,010円
 据置き   B(7741)HOYA      8,414→ 9,019円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(9517)イーレックス    1,500→ 1,600円

[みずほ証券]
 据置き   A(3547)串カツ田中     4,400→ 3,300円
 据置き   B(8016)オンワード      625→   650円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎新規上場       公開価格      初値      終値
 ――――
 恵和(4251)   770円   1026円    880円



◎小売業販売額
 ――――――
 9月の商業動態統計(速報)によりますと、小売業販売額は増税前の駆け込
 みもあって前年同月比で9.1%増加しました。増加は2カ月連続で、伸び
 率は前回増税前(2014年3月の11.0%増)以来の大きさでした。

 経産省では小売業販売の基調判断を、前回までの「一進一退」から「増加し
 ている」に上方修正しています。



◎地域経済情勢
 ―――――― 
 財務省は3カ月に1度の全国財務局長会議を開き、10月の地域経済情勢報
 告をまとめました。

 地域別(11地域)の景気判断は、北陸のみ下方修正され、10地域(北海
 道、東北、関東、東海、近畿、中国、四国、九州、福岡、沖縄)は据え置き
 となっています。

 全国の景気判断は8期連続で「回復している」に据え置きです。



◎ガソリン価格
 ――――――
 28日時点のレギュラーガソリン店頭価格(1リットル当たり全国平均)は
 前週比0.3円安の146.5円と、3週連続で値下がりしました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】鉱工業生産指数とは                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 毎月発表される「鉱工業生産指数」はポピュラーな経済指標の一つで、景気
の先行きを占う上で非常に重要なデータとなっています。

 鉱工業生産指数は、金属製品、電気機器、輸送機械、石油・石炭製品等、合
計500品目以上の鉱工業製品の生産量、出荷量、在庫量について2000年
を100として指数化したもので、経済の生産活動のうち鉱工業部門の動きを
示しています。

 経済のサービス化で鉱工業の比重は次第に低下してきており、国内総生産(
GDP)に占める鉱工業の比重は約23%、全体の4分の1程度でしかありま
せんが、鉱工業生産の動向は広範囲に波及することから、景気の変動を捉える
上で鉱工業部門の動向は非常に重要となります。

 上記のような鉱工業の特質上、鉱工業生産指数はGDPとの連動性が高くな
っています。

 また、鉱工業生産指数の速報値は翌月下旬に発表され、GDPの発表はそれ
から2カ月程遅れるため、鉱工業生産指数は景気の変化を敏速に捉える上で重
要な指標となっています。

 なお、1月は正月休み、5月はゴールデン・ウィーク、8月はお盆休み等、
季節的な要因で生産量は減少しますが、一般的にはこうした季節的要因をデー
タから排除した季節調整済みのデータが用いられます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「日経平均株価÷TOPIX」で求められる「NT倍率」は、10月18日に
13.86倍まで上昇しおよそ27年半ぶりの高水準を記録しました。相場の
上昇過程でNT倍率が高水準になるということは、日経平均がTOPIXに先
行して上昇していることを示しています。本日の相場で日経平均が下落し、T
OPIXが堅調だったことの背景には、27年半ぶりの異常状態を修正しよう
とした相場の自律調整的な動きとみることもできます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。