ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/10/10 夕刊

2019/10/10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃   〜 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ 〜
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』


     ◎お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/10/10 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 今回ノーベル化学賞を同時に受賞した米テキサス大学のジョン・グッドイナ
フ教授の研究成果を基に吉野彰氏が新型二次電池の開発に着手したのは今から
40年近く前の1981年でした。

 その後、吉野氏は1983年にリチウムイオン二次電池の原型を開発し、1
985年にリチウムイオン電池の基本概念を確立。1991年にようやく商品
化されましたが、販売は伸びなかったそうです。

 1995年の「Windows95」の発売を機にパソコン(バッテリーに
リチウムイオン電池)が売れ状況が一変。今ではスマホやノートパソコン、ハ
イブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、航空機や人工衛星にまで使われ
ており、リチウムイオン電池は小型・大容量かつ取り換え・充電可能な電源と
して広範囲に普及しています。

 ところで、基礎研究が実用化にこぎつけ、事業化を経て世に広まるまでには
三つの障壁を越えなければならないと言われます。

 一番目に「魔の川」。基礎研究が製品化を目指す開発に駒を進めるかどうか
の関門・障壁のことで、ここを超えないと単なる研究で終わってしまいます。

 次に待っているのが「死の谷」(デスバレー)。製品化にメドがついたとして
も、事業化するには資金や流通の面で高い障壁が待ち構えています。死の谷に
は、事業化を断念したプロジェクトが星の数ほど横たわっています。

 そして最後に「ダーウィンの海」。製品化されれば市場での競争や淘汰が待
ち受け、それらに勝ち抜き生き残る必要があります。

 リチウムイオン電池は着想から38年、基礎概念の確率から34年、製品化
から28年の時を経てノーベル化学賞を受賞しました。

 魔の川を渡り、死の谷を越え、ダーウィンの海を泳ぎきり、新たな未来(現
在)に不可欠な技術となったことを検証する時間とでも言いましょうか・・・。

 吉野氏は、成功の秘訣として頭の柔らかさと、しつこくしつこく最後まで諦
めない執着心を挙げています。またその一方で、試行錯誤を繰り返し、長い長
い時間を費やして結果を求めた基礎研究の期間を「孤独だった」と述懐してい
ます。

 本人も周りもいつかは受賞するだろうとは思っていたようですが、基礎研究
がノーベル賞を受賞するまでには長い時間がかかることを改めて思います。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.ノーベル賞受賞者の言葉






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21551.98(+ 95.60)△0.45%
◎TOPIX  1581.42(−  0.28)▼0.02%

◎売買高概算   10億6911万株
◎売買代金概算   1兆8158億円
◎時価総額   596兆0764億円

◎値上り銘柄数  595   ◎(年初来)新高値 54
◎値下り銘柄数 1458   ◎(年初来)新安値 11
◎変わらず    100

◎騰落レシオ(25日)125.94%(前日比9.17%低下)

◎サイコロ(日経平均) 5勝7敗 ●〇●●〇●●〇●〇●〇 41.6%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −0.46%  75日線比 +1.22%

◎為替  (対 ド ル)107.45(前日比0.24円安)
     (対ユーロ)118.21(前日比0.51円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 160.7円(−  0.8円) 8968万株
 2.三菱UFJ<8306> 529.7円(−  1.9円) 4014万株
 3.日経Wイン<1357>  1081円(−    9円) 3335万株
 4.Z HD  <4689> 319.0円(+  3.0円) 2629万株
 5.フォーバル<9423> 106.0円(+ 20.0円) 2149万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 18600円(+  150円) 1523億円
 2.任天堂  <7974> 40300円(−  590円)  485億円
 3.ソフトBG<9984>  4190円(+   32円)  447億円
 4.ファストリ<9983> 61650円(+  570円)  370億円
 5.日経Wイン<1357>  1081円(−    9円)  363億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が95円(0.45%)高の2万1
551円円で取引終了です。

 米中貿易協議の部分的合意への期待から昨晩のNYダウが181ドル高とな
り、円相場も1ドル=107.50円前後とやや円安に進行。これを受けて東
京市場も朝方から買いが先行。買い一巡後は一時マイナスに転じる場面もあり
ましたが、先高期待からの押し目買いが入り、直ぐにプラス圏に浮上していま
す。本日から始まる米中閣僚級協議に注目が集まります。売買代金は1兆81
58億円、上海総合指数は22ポイント(0.78%)高の2947です。

 業種別では、海運、証券、化学、鉄鋼、小売、紙パなどが高く、一方で保険、
精密、電力ガス、不動産、建設、食品、銀行などが下げています。

 個別銘柄では、旭化成が3日連続高で19.5円高の1125円。19年の
ノーベル化学賞を同社の名誉フェロー吉野彰氏が受賞。リチウムイオン電池の
開発に主導的な役割を果たしたことが評価され、好感した買いが入っています。
吉野氏は京都大学で博士号を取得し、72年に旭化成に入社しました。

 リチウムイオン電池は正極材・負極材・電解液・セパレータなどで構成され、
多数の関連企業があます。関連銘柄として正極材を手掛ける田中化研も47円
高の873円、安永も23円高の1241円、ニッカトーも54円高の730
円、カーリットも16円高の610円。

 その他、古河電池も23円高の620円、セパレータのニッポン高度紙も3
0円高の1277円、三菱ケミカルも16.2円高の777.5円と値を上げ
ています。

 ワークマンが70円高の8420円と値を上げ、株式分割考慮後の上場来高
値を更新。大型で猛烈な台風19号が12〜13日にかけて日本列島に接近し、
作業服など防災関連用品の販売が増えるとの見方から買いが入っています。

 東京エレクが150円高の2万1375円、アドバンテストが110円高の
5050円となるなど半導体関連の一角が上昇。米トランプ政権が米国企業に
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に機密上重要ではない製品の供
給を近く認可すると報じられ、好感した買いが入っています。

 ガンダムなどアニメ作品の版権管理を手掛ける創通がストップ高、400円
高の2268円となっています。バンダイとナムコが経営統合したバンナムH
Dが同社株に対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表。TOB価格
3100円にサヤ寄せする形で買いが集まっています。既にバンナムHDは創
通株の22.79%を保有して持ち分法適用会社化しており、完全子会社化す
る方針です。

 その他、unicoブランドで家具・雑貨など展開するミサワが69円高の
690円、湿度を超高速で感知するセンサーを開発した北陸電工が101円高
の1131円、大型SC内に遊戯施設展開のイオンファンタジーが238円高
の3160円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、日本工営、ウエルシア、イビデン、日本化学、冶金工、
三櫻工業、ヨコオ、東京エレク、吉野家・・・等々です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   B(4902)コニカミノルタ   1,250→   810円

[野村証券]
 据置き   B(2651)ローソン      6,000→ 6,400円
 据置き   B(6183)ベル24      1,550→ 1,670円
 据置き   B(8227)しまむら      8,000→ 9,600円

[SMBC日興証券]
 据置き   B(5741)UACJ      1,600→ 1,730円
 引上げ B→A(8309)三住トラスト    4,850→ 4,400円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   B(3491)GATECH        3,200円
 据置き   B(8227)しまむら      8,000→ 8,500円

[みずほ証券]
 新 規   A(6920)レーザーテック       8,800円
 据置き   B(7649)スギHD      5,000→ 5,700円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎企業物価指数
 ――――――
 9月の国内企業物価指数(速報値、2015年=100)は100.9と前
 年同月比で1.1%下落しました。下落率は市場予想と同じで、下落は4カ
 月連続、2016年12月以来2年9カ月ぶりの大きな落ち込みとなってい
 ます。前月比では横ばい。

 原油相場の下落や、中国経済との関係性の強いスクラップ類などの下落が響
 いた格好です。



◎機械受注
 ――――
 設備投資の先行指標として注目される「船舶・電力を除く民需」の8月の受
 注額は前月比2.4%減少。減少は2カ月連続で、市場予想(1.0%減)
 よりも大きな落ち込みとなりました。

 ※7月6.6%減、6月13.9%増、5月:7.8%減、4月:5.2%増

 官公需や外需が調だった一方、製造業と非製造業はともにマイナスでした。

 内閣府は、移動平均でみた受注トレンドに変化はないとして、機械受注の基
 調判断を「持ち直しの動きがみられる」で据え置きました。 



◎オフィス空室率
 ―――――――
 9月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空
 室率は1.64%と前月から0.07ポイント低下(改善)しました。

 水準としては5月と同じで、月次データが残る2002年1月以降の最低と
 なっています。

 9月の東京都心5区の平均賃料(円/坪)は2万1855円で、前年同月比
 1417円(6.93%)の上昇。前月比では71円(0.33%)上昇し、
 69カ月連続で賃料が上昇しています。



◎特定サービス産業動態統計
 ――――――――――――
 8月の特定サービス産業動態統計(速報)によりますと、クレジットカード
 取扱高は前年同月比10.0%増。カード払いの増加傾向により53カ月連
 続の増加となっています。

 遊園地・テーマパークの売上高は1.0%増で12カ月連続のプラス。ゴル
 フ場は3.1%増で3カ月連続の増加。結婚式場は19.5%増で3カ月ぶ
 りに増加に転じています。



◎対内証券投資・株式(財務省統計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 9月29日〜10月5日

  海外投資家 +1兆0725億円(−2212億円)6週ぶり買い越し



◎投資部門別の売買状況(東証統計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 10月第1週(9月30〜10月4日、日経平468円下落・週間)

  個人投資家 +1317億円(+ 721億円) 2週連続買い越し

  海外投資家 +1149億円(−2822億円) 4週ぶり買い越し

  事業法人  + 282億円(− 415億円) 2週ぶり買い越し

  信託銀行  − 590億円(− 876億円) 2週連続売り越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※個人の取引別動向は、現金取引が差し引き157億円の買い越し、信用取
  引は差し引き1160億円の買い越しでした。

 ※指数先物については、海外投資家は5113億円の売り越し。現物と指数
  先物の合計では3964億円の売り越し。現物・先物合計での売り越しは
  2週連続です。

 ※海外投資家の売買状況の推移については下記をご参照ください。
  (週間)→ http://www.aqua-inter.com/hint/wk_data.html#weekly





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】ノーベル賞受賞者の言葉                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆江崎玲於奈(1973年 ノーベル物理学賞)
 ―――――

  「挑戦した結果が失敗であれば、そのことを踏まえて

   新しい方向へ頭を切り替えることができるという利点が発生します。

   私自身もたくさんの失敗を繰り返し、

   そこから学ぶ人生を送ってきました。」


  「従来の行きがかりに囚われすぎてはいけない。

   他人の影響を余り受けすぎてはいけない。

   無用なものは全て捨てなければならない。

   戦うことを避けてはいけない。

   何か絶対的なものを信じすぎてはいけない。」



◆アルベルト・アインシュタイン(1921年 ノーベル物理学賞)
 ――――――――――――――

  「人生における成功をA、仕事をX、遊びをY、

   口を閉じることをZすると、A=X+Y+Zが成立する。」


  「人生にはたった二つの生き方があるだけだ。

   一つは奇跡などないかのような生き方、

   もうひとつは、まるですべてが、奇跡であるかのような生き方だ。」


  「われわれが進もうとしている道が、

   正しいかどうかを、神は前もって教えてはくれない。」



◆湯川秀樹(1949年 ノーベル物理学賞)
 ――――

  「取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、

   早い段階での失敗を恐れてはならない。」


  「真実は、いつも少数派。」




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

リチウムイオン電池関連の技術のノーベル賞受賞を祝し、ご祝儀買いで大きく
上昇して始まった銘柄もありますが、その多くが後場にかけて上げ幅を縮小し
ています。リチウムイオン電池はすでに世の中に広範囲に普及しており、ノー
ベル賞を受賞したからといって関連企業の業績がここから飛躍的に伸びるとい
うわけではありません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。