ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/09/11 夕刊

2019/09/11

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


   今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたしました。


    『 株価底値圏、この秋に買って報われる公算大の〇1〇〇!』


    『 勝ち組プレイヤーの七つの考え方 』



   ※配信についてのお問い合わせは・・・ aqua@aqua-inter.com まで。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/09/11 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 本日発表された自民党の新役員と第4次安倍第2次改造内閣の顔ぶれは下記の
ようになっています。


  (閣僚)副総理・財務 麻生太郎 (麻生派)留任
      官房長官   菅 義偉 (無派閥)留任
      外務     茂木敏充 (竹下派)経済財政政策担当から
      防衛     河野太郎 (麻生派)外務から

      総務     高市早苗 (無派閥)再登板
      法務     河井克行 (無派閥)初入閣
      文部科学   萩生田光一(細田派)初入閣
      厚生労働   加藤勝信 (竹下派)再登板
      農林水産   江藤 拓 (無派閥)初入閣
      経済産業   菅原一秀 (無派閥)初入閣
      国土交通   赤羽一嘉 (公明党)初入閣
      環境     小泉進次郎(無派閥)初入閣
      復興     田中和徳 (麻生派)初入閣
      国家公安   武田良太 (二階派)初入閣
      沖縄北方   衛藤晟一 (二階派)初入閣
      科学技術   竹本直一 (岸田派)初入閣
      経済財政   西村康稔 (細田派)初入閣
      地方創生   北村誠吾 (岸田派)初入閣
      五輪     橋本聖子 (細田派)初入閣

       ※防災担当相は国家公安委員長が兼務
       ※沖縄北方担当相は一億総活躍担当相が兼務


  (党) 幹事長    二階俊博 (二階派)留任
      総務会長   鈴木俊一 (麻生派)新任
      政調会長   岸田文雄 (岸田派)留任

      選対委員長  下村博文 (細田派)新任
      国対委員長  森山 裕 (石原派)留任
      幹事長代行  稲田朋美 (細田派)新任


 ちなみに、幹事長は、党務全般を握り、国政選挙を指揮、国会運営の責任者
でもあります。

 総務会長は、党の最高意思決定機関である総務会の運営責任者。政調会長は
党の政策の調査研究と立案を統括するポストです。以上が自民党三役で、国政
選挙の実務を担う選挙対策委員長を含めて「党四役」と呼びます。

 税制調査会長と参院幹事長には、首相と盟友の甘利明選対委員長(前職)と
首相側近の世耕弘成経済産業相(前職)がそれぞれ就任しました。

 尚、石破派からは閣僚および党役員の処遇はなく、石原派からの大臣の起用
もありませんでした。一方で、安倍総理や菅官房長官に近い議員の初入閣が目
立ちます。



 = ご連絡 =

 明日(木)と明後日(金)の朝・夕刊は市場調査のためお休みとさせて頂き
ます。よろしくお願い致します。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.日経平均の始値とSQ値






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21597.76(+205.66)△0.96%
◎TOPIX  1583.66(+ 25.67)△1.65%

◎売買高概算   16億8549万株
◎売買代金概算   2兆7371億円
◎時価総額   595兆9403億円

◎値上り銘柄数 1845   ◎(年初来)新高値 69
◎値下り銘柄数  264   ◎(年初来)新安値  9
◎変わらず     42

◎騰落レシオ(25日)117.47%(前日比9.23%上昇)

◎サイコロ(日経平均)10勝2敗 〇〇●〇●〇〇〇〇〇〇〇 83.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +4.28% 75日線比 +2.41%

◎為替  (対 ド ル)107.78(前日比0.46円安)
     (対ユーロ)119.07(前日比0.53円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 167.4円(+  3.2円)19648万株
 2.三菱UFJ<8306> 570.0円(+ 24.2円)13687万株
 3.りそな  <8308> 475.9円(+ 28.0円) 3230万株
 4.リクルート<6098>3175.0円(±    0円) 2901万株
 5.野村   <8604> 480.6円(+ 24.3円) 2745万株

◎売買代金上位

 1.リクルート<6098>3175.0円(±    0円)  919億円
 2.三菱UFJ<8306> 570.0円(+ 24.2円)  777億円
 3.トヨタ自 <7203>  7355円(+  172円)  596億円
 4.ソフトBG<9984>  4677円(−   34円)  492億円
 5.三井住友 <8316>  3772円(+  115円)  440億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が7日連続高、205円(0.96%)
高の2万1597円で取引終了です。連続上昇日数は18年11月22日〜1
2月3日の7日連続高以来、約9カ月ぶりの長さです。7日間の上げ幅は97
7円となります。

 米国のファーウェイ制裁緩和を条件に中国が米農産品を購入する方針だと伝
わったことで米中の歩み寄りが意識され中国関連銘柄が上昇、また新型アイフ
ォーン発表でアップルが上昇したことで昨晩のNYダウは73ドル高。

 東京市場も朝方から買いが先行し、また円相場が1ドル=107.80円近
辺まで円安に振れたこと、外国人と見られる買いが入っていることも買い安心
感を誘い、引けにかけて上げ幅を広げています。売買代金は2兆7371億円、
上海総合指数は12ポイント安の3008です。

 業種別では、鉱業、証券、銀行、石油、非鉄、電力ガス、海運、自動車など
の上げが目立ちます。

 個別銘柄では、アルプスアルパインが69円高の2003円と値を飛ばして
います。米アップルがスマートフォン「iPhone」の新機種3種類を発表。
上位機種でカメラの搭載個数が増えていることからアップル向けにカメラ部品
を供給している同社に物色の矛先が向かっています。撮影時の手ぶれを補正す
るアクチュエーターを供給している模様です。

 アップル関連としてTDKも130円高の9410円、NEC子会社の航空
電子も34円高の1533円、セラミックコンデンサーの太陽誘電も66円高
の2326円、セラミックコンデンサー世界トップの村田製作も110円高の
4977円、イメージセンサーのソニーも82円高の6451円と値を上げて
います。

 ファナックが3日連続高、370円高の1万9840円となっています。中
国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が米政府に対する訴訟の一部を
取り下げたと発表。米中対立への警戒感が和らぎ、中国関連として買いが入っ
ています。
 
 トヨタ自が5日連続高、172円高の7355円と18年10月以来、約1
1カ月ぶりの高値水準となっています。円相場が1ドル=107.70円前後
の円安に進行し、2020年3月期の業績計画の想定為替レートを1ドル=1
06円に設定していることから輸出採算の改善を期待した買いが入っています。

 北大発創薬ベンチャーでガン、免疫、バイオ後続品を手掛けるジーンテクノ
が23円高の657円と値を上げています。昭和大学と骨関連疾患の治療法に
関する共同研究契約を締結したと発表し、将来的な収益向上を期待した買いが
入っています。

 半導体製造装置のサムコがストップ高、150円高の978円となっていま
す。20年7月期の単独営業利益が前期比で2.3倍の約7億円になる見通し
と発表。49%営業減益となった19年7月期から大幅に回復する見通しであ
り、好感した買いが集まっています。

 その他、一押しで東京ディズニーランド&シーを運営するオリエンタルラン
ドが135円高の1万5490円、同じく京浜急行が61円高の1982円、
大阪大学と共同で早期がん診断に繋がる技術を開発した「いであ」が88円高
の1196円、地銀再編期待から傘下に地銀首位級の横浜銀と東日本銀を有す
るコンコルディアFGが25円高の420円となっています。

 本日の新高値銘柄は、石油資源、積水ハウス、日本工営、アサヒ、帝人、三
菱化工機、明電舎、トヨタ自、SUBARU、象印、伊藤忠、商船三井、ドコ
モ・・・等々です。


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[野村証券]
 据置き   A(1605)国際帝石      1,500→ 1,180円
 据置き   B(4676)フジメディア    1,800→ 1,510円
 据置き   B(9401)TBS       2,200→ 1,610円
 据置き   B(9409)テレビ朝日     2,300→ 1,800円

[みずほ証券]
 据置き   A(6436)アマノ       3,200→ 3,600円
 据置き   B(6103)オークマ      6,000→ 5,800円
 据置き   B
 据置き   B(6141)DMG森精機    1,500→ 1,400円
 据置き   B(6701)NEC       3,400→ 4,230円
 据置き   B(6702)富士通       7,600→ 8,200円
 据置き   B(6789)ローランドDG   2,400→ 2,040円

[大和証券]
 据置き   3(3099)三越伊勢丹     1,000→   900円

[ゴールドマンS証券]
 引上げ 2→1(8252)丸井G       2,800→ 2,800円
 引上げ 3→2(7649)スギHD      5,700→ 6,400円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎法人企業景気予測調査
 ――――――――――
  ※景況判断指数(BSI)については下段をご参照ください。
  ※カッコ内は前回調査時点での見通し。

 【貴社の景況判断】BSI

          <前回>   <現状判断>   <先行き>
         4〜6月期   7〜9月期  10〜12月期見通し

  大企業全産業   −3.7    +1.1    −0.4
                 (+6.7)  (+0.4)

     製造業  −10.4    −0.2    +1.7
                 (+7.2)  (+5.5)

    非製造業   −0.4    +1.8    −1.4
                 (+6.5)  (−2.1)

 【国内の景況判断】BSI

         4〜6月期   7〜9月期  10〜12月期見通し

  大企業全産業  −3.6     −1.6    −15.8
                 (+4.5)  (−11.0)

     製造業  −8.6     −5.1    −13.6
                 (+3.8)  (− 6.1)

    非製造業  −1.1     +0.1    −16.9
                 (+4.9)  (−13.4)


 大企業全産業の景況感は3四半期ぶりにプラスに転じましたが、前回調査で
 見込まれたほどの回復ではなく、前回調査時点よりも国内景気に対して慎重
 な見方が増え、製造業の景況感が回復しなかったことが響きました。

 企業収益については、今年度の経常利益は全産業ベースで4.6%の減益見
 込みで、前回調査の3.3%減から減益幅が拡大。製造業は9.1%減益見
 通しで、前回調査の5.3%減益からさらに下ぶれしています。

 今年度の設備投資額については、8.3%増見込みとなっており、前回調査
 の9.0%増から伸びが鈍化しました。

 ※BSI(ビジネス・サーベイ・インデックス)は景況について前期と比べ
  「上昇」と回答した企業の割合から「下降」と回答した企業の割合を引い
  て求められます。



◎ガソリン価格
 ――――――
 9日時点のレギュラーガソリン店頭価格(1リットル当たり全国平均)は、
 前週比0.2円安の143.0円と、7週連続で値下がりしました。




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】日経平均の始値とSQ値                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 9月第2金曜日(今回は9月13日)は、指数先物とオプションの最終決済
が重なる「メジャーSQ」(年に4回)で、いわゆる「SQ値」を使って先物
やオプションが精算されます。

 ちなみに、日経平均の始値は、9時0分15秒の時点の構成銘柄(225銘
柄)の始値を元に算出され、その時点で寄り付いていない場合は気配値が用い
られますが、日経平均のSQ値の場合は、225銘柄すべてが寄り付くのを待
って、225銘柄の始値を用いて日経平均株価と同じ計算式で算出されます。

 SQ値は対象銘柄すべてが寄り付くのを待って算出されるため、必ずしも前
場に確定するとは限らず、算出が後場にずれ込む可能性もあります。

 また、構成銘柄の始値と気配値で算出される日経平均株価の始値と、日経平
均構成銘柄の始値のみで算出されるSQ値とでは、違う値となることがほとん
どです。

 SQ値と日経平均が乖離してしまうこともあり、その日の取引で日経平均が
SQ値に一度もタッチしない場合は「幻のSQ」と呼ばれます。

 大量の売買が発生するSQは需給の節目となりやすく、日経平均がSQ値の
上にある場合は相場は強く、日経平均がSQ値の下にある場合は相場は弱含む
傾向があるとされています。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

9月は主要企業の決算月(中間決算)で、10月下旬から始まる7〜9月期と
9月中間期決算の発表ではその内容とともに通期業績見通しの修正度合いが注
目されます。来週の19日(木)は会社四季報・秋号の発売日で、四季報を先
取りする形で業績予想の先行配信が始まっており、決算発表前の前哨戦的な動
きもみられます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。