ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/19 夕刊

2019/07/19

――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     
                 
                       『アクア・スペシャル版』


                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/19 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 明後日21日は参院選の投票日で、各政党にとっては天気の行方と投票率も
気になるところです。

 一般的に天候などの影響によって投票率が下がれば、一定の組織票が見込め
る自民党や公明党が有利になるとされます。

 前回2016年の参院選の投票率は54.7%で、あまり高い水準とはいえ
ず、結果的に自公ともに議席数を増やしています。

 ところで、参院選のような大きな選挙になりますと各テレビ局が競って「当
選確実(当確)」を出し、投票締め切り後すぐに「当確」が出る選挙区もあり
ます。

 「当確」情報は選挙管理委員会とは一切関わりなく、各報道機関が独自の責
任で判断して発表するものです。「当確」の早打ち競争のようになるのは、他
局よりも早く「当確」を打てれば、当選後の議員にいち早くインタビューでき
(その瞬間に選挙区の視聴率が急上昇)、視聴率が稼げるからです。

 ちなみに、早い段階で「当確」が打てるカラクリは出口調査にあります。

 出口調査とは投票所の出口で、誰に投票したかを尋ねる聞き取り調査で、偏
りがないように無作為に抽出し、ある程度の量のサンプルが集まれば、統計学
的に全体を推計することができます。

 事前調査や過去のデータ、開票所の様子(票の山の大きさ等)などの補足情
報を加味することによってかなりの精度で当落を予想することが可能となりま
す。

 開票率1%で「当確」が出た場合は、例えば有権者が10万人いる選挙区で、
投票率が50%であれば票の数は5万、そのうちの1%、つまり500票の状
況を確認した段階で「当確」が出ているということになります。

 開票率0%の状態で「当確」が出たりするのは、選挙区によっては事前情報
や仕分けされた票の山の大きさなどで確実性の高い見極めができるためです。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.海外投資家の地域別売買状況






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21466.99(+420.75)△2.00%
◎TOPIX  1563.96(+ 29.69)△1.94%

◎売買高概算   11億0985万株
◎売買代金概算   1兆9289億円
◎時価総額   590兆0278億円

◎値上り銘柄数 2007   ◎(年初来)新高値 24
◎値下り銘柄数  102   ◎(年初来)新安値 51
◎変わらず     41

◎騰落レシオ(25日) 99.61%(前日比11.57%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 ●〇〇●○●〇〇●●●〇 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.22% 75日線比 +0.13%


◎為替  (対 ド ル)107.70(前日比0.06円高)
     (対ユーロ)121.19(前日比0.09円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 157.3円(+   1.4円) 8913万株
 2.三菱UFJ<8306> 522.9円(+  6.7円) 3944万株
 3.JXTG <5020> 511.6円(+  4.1円) 1597万株
 4.SUMCO<3436>1386.0円(+ 60.0円) 1452万株
 5.野村   <8604> 368.4円(+  9.3円) 1227万株

◎売買代金上位

 1.ファストリ<9983> 68440円(−  240円)  715億円
 2.トヨタ自 <7203>  7121円(+  146円)  532億円
 3.ソフトBG<9984>  5091円(+  144円)  460億円
 4.ソニー  <6758>  5838円(+   98円)  442億円
 5.東エレク <8035> 17075円(+  575円)  362億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅高、420円(2.00%)高
の2万1466円で取引終了です。

 昨日のNYダウは3ドルの小幅高でしたが、昨日に日経平均株価は422円
の大幅安となり、NY市場に比べて東京市場の出遅れ感は著しいだけに朝方か
ら先高期待からの買いが優勢。外国人と見られる買いが入ったこと、また上海
などアジア主要市場が上昇していることも買い安心感を誘い、引けにかけて上
げ幅を拡大しています。売買代金は1兆9289億円、上海総合指数は23ポ
イント(0.7%)高の2924です。

 業種別では、33業種全て上昇。特に水産、紙パ、食品、繊維、証券、化学、
非鉄、電力ガス、陸運などの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、トヨタ自が146円高の7121円と18年10月以来およ
そ9カ月ぶりの高値水準となっています。中国政府がハイブリッド車(HV)
を優遇する検討を始めたと報じられてからHVに強みを持つトヨタに物色の矛
先が向かっています。

 人工知能(AI)関連のPKSHAが270円高の6290円と値を飛ばし
ています。ソフトバンクとトヨタの共同出資会社モネ・テクノロジーズが設立
した団体に加入しており、次世代移動サービス「MaaS(マース)」領域で
の成長を期待した買いが入っています。12日には公募増資などで最大198
億円を調達すると発表。公募増資による新株発行は現在の発行済み株式のおよ
そ13%にあたる354万株です。

 スマホ向けフリマアプリ国内首位のメルカリが113円高の2791円と値
を飛ばしています。19年6月期の売上高が45%増の520億円前後になっ
た模様と報じられ、好調な伸びを好感した買いが入っています。

 半導体関連が大幅高、SCREENが400円高の5520円、東京エレク
が575円高の1万7075円、アドバンテストが215円高の3240円、
太陽誘電も85円高の2107円となっています。

 半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が昨日の決算
発表で業績の先行きに前向きな見方を示したことで半導体製造装置の受注が回
復するとの期待から物色の矛先が向かっています。

 その他、一押しの総合リサイクル企業で解体・廃棄物処理を手掛けるイボキ
ンが280円高の4175円、セントラル警備保障も260円高の5420円、
食材販売の「業務スーパー」を展開する神戸物産も210円高の5790円、
東京ディズニーランド&シーを運営するオリエンタルランドも335円高の1
万4225円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、タマホーム、ミサワホーム、デジタルアーツ、神戸物
産、ウエルシア、ツルハ、第一三共、オリエンタルランド、トヨタ自、ニチイ
学館・・・等々です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[UBS証券]
 引下げ A→B(6178)日本郵政      1,500→ 1,200円
 引下げ A→B(7181)かんぽ生命     2,600→ 1,800円

[JPモルガン証券]
 新 規   A(9001)東武            3,600円
 新 規   A(9031)西鉄            2,800円
 新 規   C(9008)京王            6,600円
 新 規   C(9041)近鉄G           4,950円

[野村証券]
 据置き   B(4666)パーク24     2,400→ 2,750円

[SMBC日興証券]
 据置き   B(6178)日本郵政      1,450→ 1,250円
 据置き   B(6971)京セラ       6,900→ 7,400円
 据置き   B(7182)ゆうちょ銀行    1,250→ 1,100円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(6516)山洋電気      7,000→ 5,800円
 据置き   B(6047)Gunosy    2,100→ 2,000円
 据置き   B(6905)コーセル      1,500→ 1,200円

[みずほ証券]
 据置き   A(2502)アサヒ       6,400→ 6,650円
 引上げ C→B(4530)久光薬       4,900→ 4,200円

[ゴールドマンS証券]
 引上げ 3→2(4062)イビデン      2,000→ 2,500円
 引上げ 3→2(6967)新光電工      1,070→ 1,200円
 引下げ 1→2(7269)スズキ       7,000→ 6,500円
 引下げ 3→4(5110)住友ゴム      1,350→ 1,100円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎消費者物価
 ―――――
 6月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100は、値動きの大
 きな生鮮食品を除く総合で101.6と前年同月に比べ0.6%上昇しまし
 た。
 
 前年の水準を上回るのは30カ月連続。上昇率は前月(0.8%)から縮
 小しおよそ2年ぶりの低水準だったものの市場予想と変わらずでした。

 生鮮食品及びエネルギーを除く総合は101.5で、前年同月に比べ0.5
 %の上昇となっています。



◎全産業活動指数
 ―――――――
 5月の全産業活動指数(2010=100)は106.7と前月から0.3
 %上昇しました。上昇は2カ月連続。

 産業別では鉱工業生産と建設業活動が上昇し一方、サービス産業活動が低下
 しています。



◎対内証券投資・株式(財務省統計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 7月7日〜7月13日

  海外投資家 − 931億円(+1922億円) 3週ぶり売り越し



◎投資部門別の売買状況(東証統計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 7月第2週(7月8日〜12日、日経平均60円下落・週間)

  個人投資家 + 551億円(−3072億円) 2週ぶり買い越し

  海外投資家 − 238億円(+ 449億円) 2週ぶり売り越し

  事業法人  +1112億円(+ 942億円) 2週連続買い越し

  信託銀行  + 419億円(+1772億円) 3週連続買い越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※個人の取引別動向は、現金取引が差し引き223億円の売り越し、信用取
 引は差し引き774億円の買い越しでした。

 ※指数先物については、海外投資家は1420億円の買い越し。現物と指数
  先物の合計では1181億円の買い越しとなっています。現物・先物合計
  での買い越しは2週連続です。

 ※海外投資家の売買状況の推移については下記をご参照ください。
  (週間)→ http://www.aqua-inter.com/hint/wk_data.html#weekly




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】海外投資家の地域別売買状況                 **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 東京証券取引所は、海外投資家を「北米」「欧州」「アジア」などの地域に
分け、売りと買いの実額と両者の差額を集計し「海外投資家地域別株券月間売
買状況」として毎月発表しています。

 参考までに、本日発表の6月分まで今年前半の海外投資家の売買動向は下記
のようになっています。※単位は億円、▼は売り越し、△は買い越し



      【北米】       【欧州】      【アジア】

  1月)  ▼129     ▼5089       △79

  2月)  △507     ▼4174      △715

  3月) ▼1196    ▼11124     ▼4695

  4月) △4052    △10365     △1575

  5月)  ▼319     ▼3595      ▼880

  6月)  △574     ▼4812      ▼112
 
  ……………………………………………………………………………
  合計  △3847    ▼18431     ▼3216



 ちなみに、海外投資家を地域別に大まかに色分けしますと、北米勢は米系ヘ
ッジファンドや投資信託の動向を反映し機敏です。欧州勢は年金資金やオイル
マネーの動きを映し、比較的長期のマネーが多く、アジア勢はシンガポールや
中国の政府系ファンドなどの手口が反映されています。

 尚、1〜6月の売買代金全体に占める海外勢のシェアは60.8%。うち北
米勢が6.5%、欧州勢が47.2%、アジア勢が6.9%となっています。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

来週からは3月期決算企業の第1四半期(4〜6月期)決算の発表が本格化し
ます。19年3月期の決算発表の際に示された今期(20年3月期)業績の期
初予想に対し、第1四半期の進捗率が高ければ相場の追い風となります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。