ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/18 夕刊

2019/07/18

――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     
                 
                       『アクア・スペシャル版』


                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/18 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 以前、臓器移植の意思表示で「脳死したら臓器提供をしてもいい」を選択す
る割合が国ごとに大きな差があり、調査した結果、原因は意外なところにあり
ました。

 臓器移植の意思表示をしてもらう際に「臓器移植に賛成の場合は〇を付けて
ください」としていた国は賛同の割合が非常に低く、「臓器移植に反対の場合
は〇を付けてください」とした国の臓器移植に賛同する割合は非常に高かった
そうです。

 デフォルト(初期設定)を変えるだけで得られる結果が全く違ってくる典型
例で、何かのサイトに登録した際に関連メルマガの配信を希望する欄に初めか
らチェックが入っているのも同じような効果を狙ってのことです。

 また、お得感(利得)を伝えるよりも、選択しない場合の損失を強調した方
がより多くの人を誘導できるということもよく知られた事実です。

 このように行動経済学や心理学などを応用して、人々に自発的に望ましい行
動を選択するよう促す仕掛けや手法を「ナッジ」と呼びます。

 ナッジとは「ひじでそっと突く」という意味で、この手法は様々な分野で効
果をあげています。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.米住宅指標あれこれ





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21046.24(−422.94)▼1.97%
◎TOPIX  1534.27(− 33.14)▼2.11%

◎売買高概算   12億8872万株
◎売買代金概算   2兆1777億円
◎時価総額   578兆9187億円

◎値上り銘柄数   55   ◎(年初来)新高値  15
◎値下り銘柄数 2075   ◎(年初来)新安値 136
◎変わらず     20

◎騰落レシオ(25日) 88.04%(前日比4.93%低下)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 〇●〇〇●○●〇〇●●● 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −1.67% 75日線比 −1.83%


◎為替  (対 ド ル)107.69(前日比0.57円高)
     (対ユーロ)121.01(前日比0.31円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 155.9円(−   2.1円) 9994万株
 2.三菱UFJ<8306> 516.2円(−  7.2円) 5002万株
 3.JXTG <5020> 507.5円(− 21.8円) 2511万株
 4.ヤフー  <4689> 322.0円(−  7.0円) 1959万株
 5.野村   <8604> 359.1円(− 12.3円) 1653万株

◎売買代金上位

 1.ソフトBG<9984>  4947円(−  122円)  532億円
 2.ファストリ<9983> 68680円(−  350円)  526億円
 3.ソニー  <6758>  5740円(−  211円)  484億円
 4.トヨタ自 <7203>  6975円(−   52円)  432億円
 5.三菱UFJ<8306> 516.2円(−  7.2円)  258億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅に3日連続安、422円(1.
97%)安の2万1046円で取引終了です。下げ幅は令和に入って最大です。

 トランプ大統領の「中国との通商合意の道のりは長く、場合によっては新た
に追加関税を課す可能性がある」との発言が相場の重石となり、昨晩のNYダ
ウは115ドル安。円相場も1ドル=107.90円前後と円高に振れたこと
を嫌気して朝方から売りが先行。円相場が107.60円前後まで円高が進み、
21日(日)の参院選を前に手控え気分が強い中、引きにかけて下げ幅を広げ
ています。売買代金は2兆1777億円、上海総合指数は30ポイント(1.
0%)安の2901です。

 業種別では33業種全て下落。特に、石油、倉庫、繊維、海運、水産、証券、
電機、商社、機械、鉄鋼などの下げが目立ちます。

 個別銘柄では、トヨタ筆頭株主でエンジン関連部品などを製造する三桜工が
急伸、32円高の469円となっています。東京工業大学と共同開発中の熱源
に置くだけで発電できる新型素子の試験に連続で成功したと発表。将来的な業
績寄与を期待した買いが入っています。

 外食業界に特化した業務ソフト開発運用のジャストプランニングが23円高
の547円と値を上げています。スマートフォンを使った注文システムを総合
スーパーのイオンスタイル甲子園で19日から導入すると発表。同システムの
導入はハウステンボスなど観光地で広がっており、更なる拡大を期待した買い
が入っています。利用者は来店前に注文と支払いを済ませ、店頭で待つことな
く商品を受け取れます。

 コーセーが180円高の1万8250円と値を上げています。6月の訪日外
国人客数が前年同月比6.5%増の288万人となり、中国からの訪日客が1
5.7%増と大幅に増えたことで同社の化粧品などの売上げ増加に繋がるとの
見方から買いが入っています。

 曙ブレーキが一時50円ストップ高の166円まで上昇、終値は9円高の1
25円となっています。再建加速のため、企業再生ファンドから出資を受ける
方針を固めたと報じられ、材料視した買いが入っています。役員派遣などファ
ンドの支援を得ながら立て直しを急ぐ模様です。

 その他、大型SC内に遊戯施設展開のイオンファンタジーが売上拡大を好感
して137円高の2761円と連日で大幅高、公衆無線LANやWiMAXサ
ービス展開のワイヤレスゲートが15円高の515円、居酒屋「わらやき屋」
など複数業態の飲食店を運営するDDHDが76円高の2754円、産業機械
マニュアル作成のグレイスが好業績を好感して3日連続高で121円高の28
20円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、DDHD、ダイオーズ、日本エアーテック・・・等々
です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(5333)ガイシ       2,000→ 2,100円
 据置き   A(7278)エクセディ     3,400→ 2,750円
 据置き   B(5975)東プレ       2,400→ 2,000円

[野村証券]
 据置き   A(6963)ローム      10,200→ 9,500円

[SMBC日興証券]
 引下げ A→B(7832)バンダイナムコ   5,150→ 5,600円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   A(2301)学情            1,900円

[みずほ証券]
 据置き   A(3349)コスモス薬    25,500→26,500円

[大和証券]
 新 規   2(6641)日新電機          1,550円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎貿易統計
 ――――
 6月の貿易統計(速報)によりますと、輸出額から輸入額を差し引いた貿易
 収支は5895億円の黒字でした。黒字は2カ月ぶり。前年同月比では19
 %の減少ですが、市場予想(4200億円)は上回りました。

 輸出額は前年同月比6.7%減の6兆5845億円と、7カ月連続のマイナ
 ス。減少率は前月(7.8%減)から縮小しています。

 輸入額は前年同月比5.2%減の5兆9950億円と、2カ月連続のマイナ
 ス。減少率は前月(1.5%減)から拡大しています。

                  全体に占める割合  前年比増減率

   【輸出総額】  6兆5845億円(100.0%)  ▼6.7%

     対米    1兆3555億円( 20.6%)  +4.8%
     対EU     7404億円( 11.2%)  ▼6.7%
     対中    1兆2459億円( 18.9%) ▼10.1%


   【輸入総額】  5兆9950億円(100.0%)  ▼5.2%

     対米      6856億円( 11.4%)  ▼2.5%
     対EU     7366億円( 12.3%)  ▼3.7%
     対中    1兆3772億円( 23.0%)  ▼5.3%


 尚、対米貿易は、輸出が半導体製造装置や自動車などの伸びで9カ月連続の
 増加。輸入は航空機類や自動車が増加した一方、原動機や穀物類が減少した
 ことが響き2カ月連続の減少。差し引きの黒字額は4カ月連続で増加しまし
 た。

 対EU貿易は、輸出が船舶などの減少により3カ月連続のマイナス。輸入は
 医薬品などが伸びた一方で自動車などの減少が響き3カ月ぶりのマイナスと
 なりました。差し引きでは2カ月ぶりの黒字となっています。

 対中貿易は、輸出が半導体製造装置や電子部品、自動車部品等が大きく減少
 し、4カ月連続のマイナス。輸入は通信機などの減少が響き2カ月連続のマ
 イナス。差し引きでは15カ月連続の赤字となっています。

 対韓貿易は、輸出額が前年比で14.8%減少し、品目では半導体製造装置
 が数量ベースで43.2%減と大幅な減少となっています。ちなみに、これ
 は日本が韓国への輸出規制を厳しくする措置を発表する以前の統計で、その
 影響は含まれていません。



◎マンション市場動向
 ―――――――――
 6月の首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比15.0%減で、6カ
 月連続の減少となっています。 

 初月契約率は65.9%で、前月(60.0%)から上昇したものの、好不
 調の目安される70%を3カ月連続で下回っています。

 1戸当たり平均価格は前年同月比280万円(4.5%)低下の5964万
 円で6カ月ぶりのダウン。平米単価は前年比0.9万円(1.0%)下落の
 の91.9万円と、2カ月連続でダウンしました。



◎ガソリン価格
 ――――――
 16日時点のレギュラーガソリン店頭価格(1リットル当たり全国平均)は
 前週比0.2円安の145.6円と、2週ぶりに値下りしました。




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】米住宅指標あれこれ                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 米商務省が発表する【住宅着工件数】は、月間で新しく建設された一戸建て
と集合住宅を合算した新築住宅戸数で、一戸建てと集合住宅の比率はおよそ8
対2、年率換算の数値が翌月中旬に発表されます。

 住宅着工件数と同時に発表される【建設許可件数】は、建設の前に予め許可
を受けた件数で、住宅着工件数の先行指標となっており、景気動向に敏感な指
標の一つです。

 米商務省が翌月下旬に発表する【新築住宅販売戸数】は、一戸建てと集合住
宅の販売戸数および販売価格などとなっています。

 全米不動産業者協会(NAR)が集計している【中古住宅販売件数】も翌月
下旬に発表されます。

 新築住宅販売件数や中古住宅販売件数は単月でのブレが大きい指標ではあり
ますが、住宅販売が増えるには、金利や補助金等の購買条件の他、仕事の増加
等で給与が増える見込みがあるなど、景気の先行きに明るい兆しが前提となる
ため、住宅指標は景気の先行きを占う上でも重要な指標です。

 統計発表のタイミングから新築住宅販売の方が先行性に優れていますが、中
古住宅販売の市場規模は新築住宅販売の数倍と大きく、その分、中古住宅販売
件数の注目度も高くなります。

 また、全米不動産協会は、引き渡しが済んだ中古住宅販売件数の他に、売買
契約は成立しているものの、引き渡しが済んでいない仮契約状態の中古住宅の
販売状況を【仮契約住宅販売指数】として発表しています。

 契約書にサインしてから引き渡しまで通常1〜2カ月かかるため、仮契約住
宅販売指数は中古住宅販売件数の先行指標となっています。

 ちなみに、仮契約住宅販売指数は、「中古住宅成約指数」または「住宅販売
保留指数」などと呼ばれたりします。

 その他、全米住宅建設業者協会(NAHB)が毎月中旬に発表する【住宅市
場指数】は住宅建設業者の景況感を表す指標で、50が好不調の分岐点となり
ます。

 S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが毎月末に発表している【S&P
コアロジック・ケースシラー住宅価格指数】は、全米主要20都市の住宅価格
の動向を示す指標で、米国の住宅バブルを測る物差しとしての側面もあります。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昨日引け後に自動車やスマホ向け部材を手掛けるNOKが業績見通しを下方修
正。昨晩のNY市場では景気との連動制が高い鉄道貨物輸送のCSXが売上高
見通しを下方修正。そして今朝は日経新聞が半導体市況の悪化でキヤノンの業
績が下振れするとの観測記事を載せたことにより企業業績に対する警戒感が一
気に高まりました。日経平均の下げ幅は令和になって最大、今年4番目の大き
さとなっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。