ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/11 夕刊

2019/07/11

――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     
                 
                       『アクア・スペシャル版』


                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/11 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 世界の人口が50億人を超えたのは1987年の今日だそうです。それ以降、
世界の人口は増え続けています。

 50億人を突破してから30年余り。国連が先日発表した最新の人口推計に
よりますと、現在の世界人口は約77憶1千万人で、50億人を突破してから
32年ほどで1.5倍超になった計算です。

 2057年には世界の人口が100億人を超える見通しですが、2100年
頃には110億人近くまで増え、そのあたりでピークアウトすると予測されて
います。

 現在、最も多くの人口を抱えるのは中国で、その数14億3千万人(世界人
口に占める割合は約19%)。2位はインドの13億7千万人(同約18%)
ですが、中国の人口増加ペースは鈍化し、やがて人口減少に転じると予想され
る一方、インドの人口膨張は続き、2027年前後に逆転しインドが世界一に
なる見通しです。

 ちなみに、総務省が昨日発表した2019年1月1日時点の人口動態調査に
よりますと、日本人の人口は1億2477万6364人で、前年から43万3
239人減少しました。減少に転じてから10年、減収幅は過去最大となって
います。

 一方、外国人は前年比16万9543人増の266万7199人と過去最多。
外国人も含めた日本の総人口は前年比26万3696人減の1億2744万3
563人で、外国人の増加が日本の人口減少ペースを緩和させています。

 尚、日本の人口について国連では、2058年に1億人を割り、2100年
には7500万人にまで減少すると推計しています。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.グレシャムの法則







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21643.53(+110.05)△0.51%
◎TOPIX  1578.63(+  7.31)△0.47%

◎売買高概算   11億4081万株
◎売買代金概算   1兆7845億円
◎時価総額   595兆3147億円

◎値上り銘柄数 1660   ◎(年初来)新高値 81
◎値下り銘柄数  429   ◎(年初来)新安値  7
◎変わらず     60

◎騰落レシオ(25日)113.11%(前日比8.38%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ●〇●〇〇●〇〇●○●〇 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +1.39% 75日線比 +0.96%


◎為替  (対 ド ル)107.97(前日比0.98円高)
     (対ユーロ)121.70(前日比0.48円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 158.7円(+   0.2円) 4200万株
 2.三菱UFJ<8306> 526.3円(−  0.1円) 3509万株
 3.日本通信 <9424> 273.0円(+ 10.0円) 3201万株
 4.ヤフー  <4689> 340.0円(+  8.0円) 2753万株
 5.SAMUR<4764> 205.0円(+ 38.0円) 2642万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 41680円(+ 1660円) 1166億円
 2.日経レバE<1570> 18620円(+  130円)  688億円
 3.ファストリ<9983> 67650円(+  770円)  454億円
 4.ソフトBG<9984>  5241円(+   59円)  332億円
 5.トヨタ自 <7203>  6865円(−   43円)  332億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が110円(0.51%)高の2万
1643円で取引終了です。

 FRB議長の議会証言で7月末のFOMCでの利下げ期待が高まり、昨晩の
NYダウは76ドル高でザラ場ベースでの史上最高値を更新。これを受けて東
京市場も朝方から幅広い銘柄に買いが先行。先高期待からの買いで引けにかけ
てジリジリと上げ幅を広げています。メキシコ湾に接近中の暴風雨やイラン情
勢への警戒感からNY市場で原油価格が2.6ドル高の60.43ドルと大幅
高となっていることで石油株の上昇が目立ちます。売買代金は1兆7845億
円、上海総合指数は2ポイントの小幅高で2917です。

 東証が発表した7月第1週(1〜5日)の投資家別株式売買動向では、外国
人は9週ぶりに買い越しで買越額は449億円、個人は2週ぶりに売り越しで
売越額は3072億円となっています。

 業種別では、石油、倉庫、水産、不動産、海運、精密、建設などが高く、一
方で自動車、保険、証券などは下げています。

 個別銘柄では、DNAチップ研究所がストップ高、150円高の907円と
なっています。肺がん治療薬の効果を血液で判別する手法を開発し、厚生労働
省に製造販売承認を申請したと発表。収益拡大を期待した買いが集まっていま
す。

 イオン子会社でドラッグチェーン最大手クラスのウエルシアHDが140円
高の5110円となっています。3〜5月期の連結純利益が前年同期比30%
増の54億円と好調であり、月曜日は285円高、火曜日は205円高、水曜
日は60円安となったものの本日は再び買いが優勢となっています。

 スマホゲームが収益柱のモブキャストがストップ高、80円高の361円と
なっています。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を題材としたスマホゲ
ームを2020年に配信すると発表し、収益向上を期待した買いが集まってい
ます。

 任天堂が1660円高の4万1660円と大幅高。主力ゲーム機「ニンテン
ドースイッチ」の小型版「ニンテンドースイッチライト」を9月20日に発売
すると発表し、好感した買いが入っています。

 国際帝石が4日連続高で22円高の995.8円と値を上げています。メキ
シコ湾に接近中の暴風雨やイラン情勢への警戒から昨晩のNY市場で原油価格
が上昇しており、材料視した買いが入っています。

 旧日本興業銀行系の不動産会社ユニゾHDが連日でストップ高、500円高
の2890円となっています。筆頭株主のHISがTOB(株式公開買い付け
)で現在4.5%の保有比率の大幅な引き上げを目指すと報じられ、TOB価
格には一定のプレミアムが上乗せされる見通しであり、材料視した買いが連日
で集まっています。ユニゾHDはホテルを運営しており、HISはホテル事業
の規模拡大を狙います。

 その他、一押しのセントラル警備保障(CSP)が40円高の5440円、
神戸物産が50円高の5430円、新たに日経平均採用銘柄となった玩具のバ
ンダイナムコがストップ高で1000円高の6190円。

 2期連続最高利益、4期連続増配見通しのタマホームが157円高の125
4円、業績上方修正のトレジャー・ファクトリーがストップ高で150円高の
1048円となっています。

 本日の新高値銘柄は、極洋、寿スピリッツ、東洋水、片倉、トレファク、ユ
ニゾHD、力の源、鳥居薬、シャープ、図研、サイゼリヤ、象印、任天堂、N
TT、吉野家・・・等々です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(3116)トヨタ紡織     2,100→ 1,700円

[モルガンSMUFJ証券]
 据置き   A(8078)阪和興業      4,100→ 3,800円

[野村証券]
 据置き   A(6724)エプソン      2,432→ 2,315円
 据置き   B(6183)ベル24      1,520→ 1,550円
 引下げ A→B(7453)良品計画     35,000→21,000円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(8923)トーセイ      1,600→ 1,800円
 据置き   B(9843)ニトリ      15,400→15,900円
 引下げ A→B(7181)かんぽ生命     3,000→ 2,400円
 据置き   B(9861)吉野家       1,800→ 1,900円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎オフィス空室率
 ―――――――
 6月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空
 室率は1.72%と前月から0.08ポイント上昇(悪化)しました。空室
 率の上昇は11カ月ぶりですが、引き続き低い水準が続いています。

 6月の東京都心5区の平均賃料(円/坪)は2万1518円で、前年同月比
 1410円(7.01%)の上昇。前月比では122円(0.57%)上昇
 し、66カ月連続で賃料が上昇しています。



◎第3次産業活動指数
 ―――――――――
 5月の第3次産業(サービス産業)活動指数(2010年=100)は前月
 比0.2%低下の106.8と、2カ月ぶりに低下しました。

 基調判断は「持ち直しの動きにあるが、一部に弱さがみられる」で据え置き
 となっています。

 尚、ソフトウェア業や情報処理・提供サービス業などが指数上昇に寄与した
 一方、食料・飲料卸売業やホテル・旅館業などが指数を押し下げました。



◎対内証券投資・株式(財務省統計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 6月30日〜7月6日

  海外投資家 +1922億円(+ 585億円) 2週連続買い越し



◎投資部門別の売買状況(東証統計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 7月第1週(7月1日〜5日、日経平均470円上昇・週間)

  個人投資家 −3072億円(+  16億円) 2週ぶり売り越し

  海外投資家 + 449億円(−   5億円) 9週ぶり買い越し

  事業法人  + 942億円(−  77億円) 2週ぶり買い越し

  信託銀行  +1772億円(+2587億円) 2週連続買い越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※個人の取引別動向は、現金取引が差し引き2559億円の売り越し、信用
  取引は差し引き513億円の売り越しでした。

 ※指数先物については、海外投資家は2163億円の買い越し。現物と指数
  先物の合計では2613億円の買い越しとなっています。現物・先物合計
  での買い越しは9週ぶりとなります。

 ※海外投資家の売買状況の推移については下記をご参照ください。
  (週間)→ http://www.aqua-inter.com/hint/wk_data.html#weekly




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】グレシャムの法則                      **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 16世紀の英王室の財政顧問グレシャムは、名目上の価値が等しく、実質的
な価値が異なる貨幣(良貨と悪貨)が一つの社会で流通した場合、良貨はしま
いこまれて姿を消し、悪貨のみが流通するようになると唱えました。

 これは金本位制の経済学の法則の一つで、「グレシャムの法則」と呼ばれる
ものです。

 一般には「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉で知られており、現代社会では悪
人(物)がのさばれば善人(物)が追い払われるという意味で使われることが
多いようです。


 ところで、株式投資のやり方は様々ですが、やり続ける程に自分の手の内(
ポートフォリオ)が悪化してしまうケースがあります。

 たとえば、利益が出れば確定し、また次の銘柄に乗り換えるということを繰
り返している投資家がいたとします。もちろん上手く行くときばかりではなく、
時には損失を抱えてしまうことも当然あります。そういった場合に、損切りが
出来ない投資家であればどうなるか・・・。

 利益をもたらす優良な銘柄を早めに売却する一方で損切りができないため、
損失を抱えたままの塩漬け株ばかりが増えることになり、しだいにそのポート
フォリオが悪化してゆくのは明白です。

 このような投資のやり方は、「悪い銘柄は良い銘柄を駆逐する」結果となり
ますので、皆様もご注意ください。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

堅調な相場展開が続いています。このまま大きく下押すことがなければ、日経
平均の日足チャートにおいて来週あたり25日線と75日線のゴールデンクロ
スが出現しそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。