ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/08 夕刊

2019/07/08

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     
                 
                       『アクア・スペシャル版』


                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/08 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 昨日の「小暑」から暑中に入り、暦の上では夏本番を迎えますが、きょうの
関東地方は梅雨寒の一日となりました。低温傾向が続くような予報となってい
ますので、体調管理には気をつけたいものです。

 ところで、先週5日に国内小売業最大手のイオンが3〜5月期決算(営業利
益30%減)を発表しましたが、今週は10日に良品計画、11日にファース
トリテイリングなど小売企業の決算発表がピークを迎えます。

 サーボモーターや産業用ロボット世界首位の安川電機も11日に3〜5月期
決算を発表します。中国関連銘柄の代表格とされる同社の決算はFA関連やハ
イテク企業のバロメーターとして注目されます。

 海外では、金融政策の現状維持を決定した6月18〜19日開催の米連邦公
開市場委員会(FOMC)の議事要旨が10日に公表されます。

 また、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、10日に米下院金融
サービス委員会で、11日に米上院銀行委員会で経済情勢や金融政策について
半期に一度の証言(説明)を行います。

 パウエル議長の議会証言に先立ち、5日に公表した金融政策報告書(ハンフ
リー・ホーキンス報告書)でFRBは、成長率の鈍化に言及した上で「成長持
続へ適切な行動をとる」とし、利下げの可能性を示唆しました。

 議長の議会証言は基本的にこの報告書に沿った内容となりますが、さらに踏
み込んだ発言があれば市場にインパクを与えます。

 尚、米政策金利の市場見通しを示す「フェドウオッチ」では、7月末の米連
邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利下げは確実視されています。

 フェドウオッチでは、7月に0.5%の利下げに踏み切る可能性が一時期3
割程度ありましたが、先週末の雇用統計を受けて7月に0.5%の利下げの可
能性は急低下し、現時点ではその可能性はないとの見方に変わっています。

 需給面では、本日8日は指数連動型の上場投資信託(ETF)の決算集中日
で、分配金調達のため先物と現物を合わせて3000億円前後の換金売りが出
たとみられます。10日も複数の大型ETFの決算日で、同程度の売りが発生
する見込みです。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.ウォール街の格言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21534.35(−212.03)▼0.98%
◎TOPIX  1578.40(− 14.18)▼0.89%

◎売買高概算   10億7838万株
◎売買代金概算   1兆6953億円
◎時価総額   594兆8331億円

◎値上り銘柄数  402   ◎(年初来)新高値 82
◎値下り銘柄数 1676   ◎(年初来)新安値  5
◎変わらず     69

◎騰落レシオ(25日)122.70%(前日比0.95%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 ●〇●●〇●〇〇●〇〇● 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +1.41% 75日線比 +0.46%


◎為替  (対 ド ル)108.31(前週末比0.26円安)
     (対ユーロ)121.55(前週末比0.19円高)

◎出来高上位

 1.日本通信 <9424> 263.0円(+ 27.0円) 9509万株
 2.みずほ  <8411> 158.7円(+   0.9円) 8583万株
 3.JDI  <6740>  76.0円(−   4.0円) 5297万株
 4.三菱UFJ<8306> 526.7円(+  0.3円) 3708万株
 5.ヤフー  <4689> 320.0円(−  3.0円) 2428万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 18430円(−  320円)  950億円
 2.ソフトBG<9984>  5187円(−   89円)  454億円
 3.ファストリ<9983> 65410円(−  160円)  437億円
 4.任天堂  <7974> 40510円(−  240円)  433億円
 5.ソニー  <6758>  5939円(−   11円)  416億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が3日ぶりに下落、212円(0.9
8%)安の2万1534円で取引終了です。

 先週末のNYダウが43ドル安となったことを受けて朝方から売りが先行。
5月の機械受注が前月比7.8%の大幅減となったことで機械株が下落し、ま
た上海や香港、そして台湾などアジア主要市場が大きく下落していることも重
石となり、引けにかけてジリジリと下げ幅を広げています。売買代金は1兆6
953億円、上海総合指数は77ポイント(2.5%)の大幅安で2933で
す。

 業種別では、ゴム、鉱業、銀行が小高く、一方で水産、医薬品、繊維、建設、
陸運、海運、情報通信、精密、機械、食品、小売などの下げが目立ちます。

 個別銘柄では、名古屋・大須が本拠で中古品を手掛けるコメ兵が49円高の
1117円と値を飛ばしています。6月の全社売上高が前年同月比20%増の
40億円と大きく伸びており、好感した買いが膨らんでいます。消費増税で国
内景気に下振れ懸念が強まると中古品需要が拡大するとの思惑も買いを誘って
います。

 イオン子会社でドラッグチェーン最大手クラスのウエルシアHDが大幅高、
285円高の4825円となっています。3〜5月期の連結純利益が前年同期
比30%増の54億円と好調、好感した買いが膨らんでいます。

 その他、ハウスウェディングのテイクアンドギヴ・ニーズが55円高の11
54円、化粧品や食品向けのプラスチック製包装容器を手掛ける竹本容器が5
1円高の1236円。日本ガイシ系でノイズ除去フィルターを手掛ける双信電
機が19円高の555円。

 仮想移動体通信事業者(MVNO)の先駆でソフトバンクとの相互接続を1
7年に開始した日本通信が27円高の263円、NECエレとルネサステクが
統合して車載用マイコン世界トップクラスのルネサスが27円高の606円と
値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、ミサワホーム、カカクコム、やまみ、ユーグレナ、ト
レファク、エレコム、KYB・・・等々です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 引下げ A→B(7202)いすゞ       1,900→ 1,400円
 据置き   B(7270)SUBARU    2,800→ 3,050円
 据置き   B(7272)ヤマハ発動機    2,650→ 2,250円

[野村証券]
 据置き   A(3141)ウエルシア     4,800→ 5,600円
 据置き   B(2678)アスクル      3,000→ 2,700円
 据置き   B(7649)スギHD      5,800→ 6,000円
 据置き   B(8267)イオン       2,000→ 2,100円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   B(4506)大日住薬      2,800→ 1,600円

[みずほ証券]
 据置き   A(7251)ケーヒン      2,400→ 2,100円

[ゴールドマンS証券]
 引下げ 3→4(2206)グリコ       5,100→ 4,100円
 引下げ 3→4(7956)ピジョン      3,800→ 3,500円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎新規上場            公開価格     初値     終値
 ――――
 フィードフォース(7068) 1150円  2760円  3050円



◎機械受注
 ――――
 設備投資の先行指標として注目される「船舶・電力を除く民需」の5月の受
 注額は前月に比べ7.8%の減少。減少は4カ月ぶりで、市場予想よりも大
 きな落ち込みとなりました。

 ※5月:7.8%減、4月:5.2%増、3月:3.8%増、2月:1.8%増

 官公需が引き続き好調だった一方、製造業と非製造業はともにマイナスでし
 た。

 内閣府は、前月までの増加の反動が出たものの全体として傾向に変化はない
 として、機械受注の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」で据え置きま
 した。 



◎国際収支
 ――――
 5月の国際収支(速報)によりますと、海外との総合的な取引状況を示す経
 常収支は1兆5948億円の黒字でした。経常収支の黒字は59カ月連続で、
 市場予想(約1兆4000億円の黒字)を上回りましたが、前年同月比では
 15.8%減と3カ月連続で黒字額が縮小しています。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は6509憶円の赤字。貿易収支の赤字
 は2カ月連続で、米中貿易摩擦の影響で中国向けの輸出が減少したことから
 赤字額が拡大しています。

 訪日外国人が国内で使った金額から、日本人が海外で支払った金額を差し引
 いた5月の旅行収支は2305億円の黒字で、前年同月に比べ約5.3%増
 加しました。



◎対内証券投資
 ――――――
 財務省集計の「対外及び対内証券売買契約等の状況」によりますと、6月の
 海外投資家の日本株投資は4972億円の売り越しでした。月間での売り越
 しは2カ月連続です。

    12月 ▼1兆0249億円    買い越し(△)
     1月 ▼  6329億円    売り越し(▼)
     2月 ▼  4219億円
     3月 ▼3兆5591億円
     4月 △4兆0584億円
     5月 ▼  1912億円
     6月 ▼  4972億円



◎景気ウォッチャー調査(街角景気)
 ――――――――――
 本日発表の6月の景気ウォッチャー調査によりますと、現状判断DI(季節
 調整値)は前月から0.1ポイント低下(悪化)の44.0。悪化は2カ月
 連続で、横ばいを示す50を18カ月連続で下回っており、引き続き16年
 6月(41.2)以来の低水準での推移となっています。

 2〜3カ月先の景気の先行きに対する判断DI(季節調整値)は0.2ポイ
 ント上昇の45.8と、小幅ながら5カ月ぶりに改善しました。

 基調判断は「このところ回復に弱さがみられる」で据え置きとなっています。



◎地域経済報告(さくらリポート)
 ――――――
 日銀が本日の全国支店長会議でまとめた7月の地域経済報告によりますと、
 全9地域の景気判断が据え置かれました。

 ちなみに全地域の景気判断に「回復」または「拡大」の文言がみられます。




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】ウォール街の格言                      **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 


 下記は1920年〜30年代に活躍した経済評論家ハーバード・カッソン著
の「金銭の保全と利殖法」のなかにある10項目の教訓で、知っているものも
あるかと思いますが改めてご紹介させていただきます。


  1.知っているものだけ買え

  2.「話」に投資せず、「物」に投資せよ

  3.機会の前髪をつかめ

  4.麦わら帽子は冬に買え

  5.安全第一では金持ちにはなれない

  6.富豪になった人は借金を利用した

  7.不振業種の中から優良株を買え

  8.不況の時こそ、その業界代表株を買え

  9.高く売るより、早く売れ(欲張りは禁物、失敗には素早く対応せよ)

 10.株式市場は世論の代表者である




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2025年の「大阪・関西万博」開催は世界に向け日本の技術を示す絶好の機
会で、「百舌鳥(もず)・古市古墳群」が今回新たに世界文化遺産に登録され
たことで、観光的にも大阪・関西地区に対する注目度がさらに増した格好です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。