ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/03 朝刊

2019/07/03

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


   今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたします。


    『 筆頭株主はJR東日本、

       この押し目で仕込んでおきたい上昇余地大の〇〇〇〇!』


     『 上げ三法、下げ三法、IRブレイク 』



   ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/03 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は水曜日、スペシャル版(有料版)の配信日です。

 昨晩のNY市場ではS&P500種株価指数が連日で史上最高値を更新。N
Yダウも史上最高値更新まであと42ドルに迫っています。


 それに比べて出遅れ感著しい東京市場。米国の利下げ観測が強まったことで
為替が円高気味に推移しているためです。とは言え、海外市場が順調に戻り歩
調を続ける流れの中にあって、夏のサマーラリー、そして実りの秋相場への期
待は高まります。


 そこで、本日は『筆頭株主はJR東日本、この押し目で仕込んでおきたい上
昇余地大の〇〇〇〇!』をご紹介させて頂きます。


 6月に開催したG20大阪サミット、9〜11月のラグビーWカップ、10
月の「即位礼正殿の儀」では海外から200人近い元首らが集まり、同社の活
躍の場は広がります。その結果として業績拡大→株価上昇という展開が想定さ
れ、静かな内に仕込んでおきたい銘柄です。ご期待下さいませ。


 種を蒔かなければ実は成りません。「儲(もう)かる」という字は「信じる
者」と書きますが、猪突猛進の亥年相場に賭ける意気込み、是非とも『スペシ
ャル版』をご活用下さいませ。


 料金は6ヶ月コース(毎週水曜日:26回配信)で僅か1万6200円と極
めてお値打ちな料金でご提供させて頂いています。


 本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間に合
います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      26786.68(+ 69.25)△0.26%
□ナスダック       8109.09(+ 17.93)△0.22%
□S&P500      2973.01(+  8.68)△0.29%

□ダウ輸送株      10420.46(− 85.47)▼0.81%
□半導体株(SOX)   1476.83(− 20.72)▼1.38%

□NY原油先物(8月限)   56.25(− 2.84)
□NY 金先物(8月限) 1408.00(+18.70)

□為替      (対ドル)107.90(前日比0.36円高)
        (対ユーロ)121.81(前日比0.40円高)

□CME日経225先物    21695(− 25)※大阪終値比



 2日のNY株式市場は、次期ECB総裁人事を好感して小幅続伸。S&P5
00種指数は連日で過去最高値を更新しました。

 トランプ米大統領が中国との貿易交渉について「対等な合意はできない。い
くらか米国有利に偏っているべきだ」と発言したことや米政府が欧州連合(E
U)に対する制裁関税について上乗せを検討していると発表したことから、貿
易摩擦に伴う世界経済の先行き不透明感が意識されNY株は反落して取引をス
タートしました。

 EUはこの日の臨時首脳会議で、10月末に任期を終えるドラギ欧州中央銀
行(ECB)総裁の後任に、フランスのラガルド国際通貨基金(IMF)専務
理事を指名。ラガルド氏は利下げに積極的な(利上げに慎重な)ハト派とみら
れることから世界的な金融緩和路線が株式市場への資金を促すとの見方が相場
を下支えし主要3指数は引け間際にプラス圏に再浮上しました。

 ダウは3日続伸となり、過去最高値を付けた昨年10月3日以来約9カ月ぶ
りの高値で取引を終了。最高値更新まで42ドルに迫りました。ナスダック指
数は5月6日以来の高値で、過去最高値との差は55ポイントに縮小。S&P
500種指数は連日で過去最高値を更新しました。

 S&P業種別指数は、不動産、公益、コミュニケーション、生活必需品など
が上昇した一方、エネルギー、金融、素材、工業が軟調でした。

 個別銘柄では、ソフトバンク傘下の米携帯電話大手スプリントが大幅上昇。
TモバイルUSとの合併計画が承認に近づいているとの見方から買いが優勢と
なりました。金利低下が追い風となる電力株、不動産株、通信株が上昇。世界
経済の先行き不透明感を背景に、日用品のプロクター&ギャンブル、飲料のコ
カコーラ、タバコのフィリップ・モリス、医薬品のファイザーやメルクなど、
景気動向の影響を受けにくいディフェンシブ株が堅調でした。

 一方、バンカメやウェルズファーゴなど、金利低下が収益悪化につながる金
融株が軟調な展開。原油相場の下落を嫌気してシェブロンなどのエネルギー株
が下落。エヌビディアやマイクロンなど、前日上昇した半導体株が反落。アナ
リストが投資判断を「売り」に引き下げたHDDメーカーのウエスタンデジタ
ルが下落。4〜6月の新車販売が1.5%減少したゼネラル・モーターズ(G
M)も軟調でした。

 NY原油(WTI)は大幅反落(4.81%安)。石油輸出国機構(OPE
C)とロシアなどの産油国は協調減産を来年3月まで合意しましたが織り込み
済み。貿易協議を巡るトランプ米大統領の発言や米政府による欧州への制裁規
模拡大検討などで貿易摩擦に伴う需要減が意識されました。

 NY金は反発(1.35%高)。世界経済の先行き不透明感から安全資産と
しての金に資金が流入しました。

 尚、鉄鋼石などを運ぶばら積み船の国際運賃指標、バルチック海運指数(B
DI)は13日連続上昇、前日比65ポイント(4,71%)上昇の1446
と昨年11月2日以来8カ月ぶりの高値水準となっています。



         ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ベテランの方も、ビギナーの方も、どうぞご活用ください。



    ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/ ◆



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、前日比24円高の2万1754円で取引を終了。

    日経平均株価の勝敗 〇●〇〇●〇●●〇●〇〇

 個別銘柄では、ワークマン、リボミック、富士フイルム、王将フードなどが
物色されました。※詳しくは昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は小幅ながら続伸。相場が最高値圏にあることから上値が重か
ったものの、次期ECB総裁人事を好感した買いが入りました。ソフトバンク
傘下の米携帯電話大手スプリントが大きく上昇しています。

 電気自動車(EV)のテスラは取引終了後に4〜6月期の出荷台数を発表。
出荷台数が前年同期に比べ51%増加し、市場予想も上回ったことから時間外
取引でテスラの株価が大きく上昇しています。

 尚、バルチック海運指数(BDI)は13日連続で上昇し、8カ月ぶりの高
値をつけました。→ http://www.aqua-inter.com/hint/bdi.html

 CME日経平均先物の終値は2万1695円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万1754円と比べ60円ほど安い水準。本日早朝の大阪取引所の日経
平均先物(夜間取引)終値は2万1680円となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万2000円 心理的節目
 2万1875円 窓上限(5月7日安値)
☆2万1754円 昨日終値
 2万1727円 52週線
 2万1695円 CME日経平均先物
 2万1627円 200日線
 2万1557円 一目雲上限



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 7月の日銀当座預金増減要因見込み
 10:45 中国6月の財新非製造業PMI


 米国では、6月のADP雇用報告、5月の米貿易収支、5月の米製造業受注、
6月のISM非製造業景況感指数の発表などが予定されています。

 尚、3日は米独立記念日の前日でNY株式、債券市場が短縮取引となります。


◎決算発表
 ――――
 15:00 アスクル(2678)
 15:30 ニトリ(9843)



●その他のトピック

・米地区連銀総裁「利下げを支持する用意はまだない」

・6月の米新車販売、SUBARU販売好調で過去最高

・ソニー、大和証券と組んで200億円の投資ファンド

・ソフトバンク、企業向け新事業を拡充 物流効率化等

・放電精密、3〜5月期営業益98%減 純損益は赤字

・ライトオン、9〜5月期の最終損益は23億円の赤字



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 4日(木) 日本:参院選公示
       日本:ABCマート、セブン&アイ決算
       米国:独立記念日で休場

 5日(金) 日本:5月の景気動向速報値
       日本:ウエルシア、イオン決算
       米国:6月の雇用統計



◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 逆向かいの日 突込み買い吹き値売りで駆引きせよ

 <相場高低判断> 伸び足短き相場なり




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    「よし、朝だ!」というのも、

        「あーあ朝か」というのも、

               あなたの考え方次第だ。



                 ウェイン・W・ダイアー 心理学者





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆7月3日 今日は何の日 六曜:赤口

 新月、波の日、渚の日、七味の日、ソフトクリームの日、オロナミンCの日、
 通天閣の日


〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。