ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/07/01 夕刊

2019/07/01

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

       ◇◆ 有望銘柄の紹介や投資ノウハウの提供で大好評! ◆◇

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…



      『アクア・スペシャル版』 お申し込みはこちらです。

        → https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/07/01 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 きょうから7月、2019年も残り半分です。

 あす7月2日は、半夏(はんげ、カラスビシャクの漢名・薬草)が生ずる頃
という意味の七十二候「半夏生(はんげしょうず)」で、この時期に降る雨は
「半夏雨(はんげあめ)」と言い、昔から大雨になる傾向があることで知られ
ています。

 現在、九州地方では大雨が降り続いていますが、昨今は「50年に一度の大
雨」が頻発し、毎年のように大災害が発生しています。

 また、各国首脳が大阪に集結した頃、欧州は熱波に包まれ、フランス南部で
は同国観測史上最高の45.9度を記録しました。猛暑によりフランス全土で
1万5千人が亡くなった2003年夏に記録した44.1度を上回る気温です。
※日本での最高気温は昨年7月23日に熊谷で観測された41.1度。

 先のG20サミットでは気候変動問題についても話し合われておりますが、
気候変動がもたらす異常気象は切実かつ切迫した問題です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.路線価






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21729.97(+454.05)△2.13%
◎TOPIX  1584.85(+ 33.71)△2.17%

◎売買高概算   12億0244万株
◎売買代金概算   2兆2028億円
◎時価総額   596兆3892億円

◎値上り銘柄数 2010   ◎(年初来)新高値 96
◎値下り銘柄数  108   ◎(年初来)新安値  3
◎変わらず     30

◎騰落レシオ(25日)101.29%(前日比5.15上昇)

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 〇〇●〇〇●〇●●〇●〇 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +3.13% 75日線比 +1.51%


◎為替  (対 ド ル)108.44(前週末比0.81円安)
     (対ユーロ)122.90(前週末比0.34円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 157.7円(+   1.6円) 8355万株
 2.三菱UFJ<8306> 524.3円(+ 12.3円) 5104万株
 3.JDI  <6740>  71.0円(±    0円) 3197万株
 4.日経Wイン<1357>1104.0円(− 54.0円) 2475万株
 5.太陽誘電 <6976>  2300円(+  295円) 1950万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 18810円(+  840円) 1409億円
 2.任天堂  <7974> 40050円(+  560円)  568億円
 3.村田製  <6981>  5080円(+  240円)  528億円
 4.太陽誘電 <6976>  2300円(+  295円)  436億円
 5.ソフトBG<9984>  5227円(+   62円)  427億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅高、454円(2.13%)高
の2万1729円で取引終了です。

 上げ幅は令和に入って最大です。週末のNYダウが73ドルドル高となり、
その後の米中首脳会談で貿易協議の再開と追加の対中制裁関税の先送り、加え
て華為技術(ファーウェイ)への部品販売が容認されたことを好感して朝方か
ら幅広い銘柄に買いが先行。

 円相場が1ドル=108.40円台の円安に振れたことも買いを誘い、引け
にかけてジリジリと上げ幅を拡大しています。売買代金は2兆2028億円、
上海総合指数は66ポイント(2.2%)の大幅高で3044です。

 業種別では33業種全て上昇。特に海運、金属、電機、機械、医薬品、建設、
商社、石油などの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、28日にフランスで観測史上最高となる45.9度を記録す
るなどヨーロッパが熱波に見舞われています。これを受けてエアコン世界大手
のダイキンが455円高の1万4520円、エアコン主力の富士通ゼネラルが
36円高の1748円と値を上げています。

 冷凍食品など食材販売の「業務スーパー」を展開する神戸物産が150円高
の5380円と値を飛ばしています。10月に消費増税が実施されると節約志
向が高まり、EDLP(毎日低価格)で販売する格安食品スーパーを展開する
同社に更なる注目が集まるとの見方から買いが入っています。

 トランプ大統領と習近平国家主席が6月29日に大阪で会談し、貿易協議の
再開で合意。貿易問題を巡る米中対立が緩和すれば荷動きが活発になり、業績
への恩恵になるとの見方から海運株が業種別で値上がり率トップ。

 商船三井が128円高の2707円、川崎汽船が57円高の1372円、郵
船が47円高の1776円となっています。

 同じくトランプ大統領が中国との貿易協議の再開と当面の関税引き上げの見
送り、そしてファーウェイへの輸出容認を表明したことを受け、電子部品株が
上昇。精密減速機のハーモニックが140円高の4295円、セラミックコン
デンサーの太陽誘電が295円高の2300円、電子部品やコンデンサーのT
DKが580円高の8920円と値を上げています。

 その他、一押しで東京ディズニーランド&シー運営のオリエンタルランドが
170円高の1万3510円、京浜急行も29円高の1884円、自動運転関
連のヨコオが52円高の2264円。

 水道管工事現場での作業負荷を軽減する「推力伝達バンド」を開発し、川崎
市で採用された日本鋳鉄管が113円高の931円と大幅高、北海道地盤で建
材・土木資材商社のクワザワが61円高の518円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、ショーボンド、丸大食、ヨコレイ、鳥貴族、トクヤマ、
チタン工、参天薬、フイルム、LIXIL、リクルート、森精機、東芝機械、
クボタ、ダイキン、明電舎、NEC、日本信、ヨコオ、NTT、NTTデータ、
ソフトバンクG・・・等々です。



         ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ベテランの方も、ビギナーの方も、どうぞご活用ください。



    ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/ ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[野村証券]
 引上げ B→A(3101)東洋紡       1,700→ 1,800円
 据置き   A(4208)宇部興産      3,170→ 2,710円
 据置き   A(4502)武田薬品      6,200→ 6,300円
 据置き   B(3086)Jフロント     1,450→ 1,380円
 据置き   B(4182)三菱ガス化学    1,840→ 1,600円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   A(3038)神戸物産          6,310円
 据置き   B(4716)日本オラクル    8,600→ 9,150円

[大和証券]
 据置き   3(5108)ブリヂストン    4,500→ 4,300円
 据置き   3(5110)住友ゴム      1,900→ 1,300円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日銀短観(6月調査) ※カッコ内は前回3月調査
 ――――
 大企業・ 製造業DI プラス 7 (プラス12)5ポイント悪化
 大企業・非製造業DI プラス23 (プラス21)2ポイント改善


 大企業・製造業の景況感の悪化は2四半期連続で、悪化幅は前回の7ポイン
 トから縮小しましたが、水準としては2016年9月調査(プラス6)以来
 2年9カ月ぶりの低さで、市場予想(プラス9)も下回りました。先行きに
 ついてはプラス7と横ばいを見込んでいます。

 一方、大企業・非製造業の景況感は、前回から2ポイント改善のプラス23
 と、悪化予想に反して2四半期ぶりに改善しました。先行きについてはプラ
 ス17と悪化を見込んでいます。

 19年度の大企業・全産業の設備投資計画は前年度比7.4%増と、前回調
 査の1.2%増から大きく伸びていますが、市場予想(8.3%増)には届
 かず、18年度の計画は大幅に下方修正されています。

 尚、19年度の事業計画の前提となる想定為替レートは大企業・製造業で1
 ドル=109円35銭と、前回調査(108円80銭)から円安方向に修正
 されています。※調査期間の前半が今よりも円安水準であったため。



◎財新PMI
 ―――――
 中国メディアの財新と英調査会社のIHSマークイットが本日発表した中国
 の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.4と前月から0.8
 ポイント低下し、景気拡大・後退の分岐点となる50を4カ月ぶりに下回り
 ました。

 尚、中国国家統計局が昨日発表した6月の中国製造業PMIは、前月比変わ
 らずの49.4で、景気拡大・後退の分岐点となる50を2カ月連続で下回
 っています。



◎消費者態度指数
 ――――――――
 6月の消費動向調査によりますと、消費者心理を示す消費者態度指数は前月
 比0.7ポイント低下の38.7と、9カ月連続で前月を下回りました。

 指数を構成する全項目(暮らし向き、収入の増え方、雇用環境、耐久消費財
 の買い時判断)のうち、「収入の増え方」は前月と変わらずだった一方、他
 の3項目は前月から低下しました。

 尚、消費者マインドの基調判断は「弱まっている」で据え置きとなっていま
 す。



◎新車販売台数(6月)
 ――――――
  登録車  29万0225台 前年同月比 0.9%減 3カ月ぶり減少
  軽自動車 16万0172台   同   0.5%減 3カ月ぶり減少

   合計  45万0397台   同   0.7%減 3カ月ぶり減少




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】路線価                           **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 2019年分の路線価が発表されました。路線価とは主要道路に面した土地
の1月1日時点の評価額で、3月に発表される公示地価の8割程度が目安とさ
れ、相続税や贈与税を計算する際の基準となります。

 2019年分の路線価は全国平均で前年比1.3%の上昇で、統計を取り始
めた1992年以来、初めて4年連続の上昇となっています。

 路線価の全国1位は東京・銀座5丁目の文具店「鳩居堂」前の銀座中央通り
で、前年比2.9%上昇の平方メートル当たり4560万円となっています。
鳩居堂前の路線価日本一は34年連続です。

 都道府県庁所在地別の路線価を高い順に並べますと下記のようになります。
                     ※カッコ内は前年比伸び率

 1位)東京都中央区銀座5丁目 銀座中央通り 4560万円( 2.9%)

 2位)大阪市北区角田町 御堂筋       1600万円(27.4%)

 3位)横浜駅西口バスターミナル前通り    1160万円(13.3%)

 4位)名古屋市中村区名駅1丁目 名駅通り  1104万円(10.4%)

 5位)福岡市中央区天神2丁目 渡辺通り    787万円(12.4%)


 ちなみに、都道府県別では沖縄県の前年比8.3%上昇が全国で最も高い伸
び率。4、5年前にアジアからのクルーズ船が那覇に停泊するようになり、ホ
テルなどの建設が増えています。

 税務署別の路線価では北海道倶知安町(くっちゃんちょう)山田の道道ニセ
コ高原比羅夫(ひらふ)線通りが5年連続の上昇率トップで、前年比50%上
昇の1平方メートル当たり48万円となっています。ニセコはスキー場の雪質
の良さから主にオーストラリア人の間で人気が高まっています。

 上昇率が目立つのはいずれもインバウンド関連です。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日経平均株価は2月12日(531円高)以来、今年3番目の大幅高で、75
日線、200日線、13週線、一目均衡表の雲の上限といったテクニカル上の
節目をことごとく上回り、一気に状況を変化させています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。