ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/05/13 朝刊

2019/05/13

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     
                 
                       『アクア・スペシャル版』


                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/05/13 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 先週の金曜日(5月10日)には九州地方で最大震度5弱という強い地震が
ありましたが、今から11年前の2008年5月12日には中国・四川省でM
7.9の大地震(四川大地震)が発生。死者は9万人超とも報じられています。


 16年の4月14日には熊本地震が発生。15年の4月25日にはネパール
で大地震が発生。同年には神奈川県の箱根山で小規模な火山性地震が頻発して
5月6日には噴火警戒レベルが初めて引き上げられた経緯があります。


 いつ発生するか分からない地震ですが、中国・四川大地震の際、地震発生の
数日前からいくつかの「宏観(こうかん)異常現象」が観測されていたそうで
す。


1)5月10日には四川省で数十万匹のヒキガエルの大規模な移動が見られた

2)四川省に近い湖北省の恩施の池で8万トンの水が5時間でなくなった

3)地震の約10〜30分前に色が付いた地震雲が観測された・・・

等々です。


 「宏観異常現象」とは、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されると
言われている生物的・地質的・物理的異常現象を呼称するものです。犬や猫が
激しく走り回ったり、朝焼けや夕焼けが強くなったり、井戸水の水位が変わっ
たり、温泉の温度が上昇したり、リモコンの動作不能など電気製品の不調とい
ったものもあるそうです。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      25942.37(+114.01)△0.44%
□ナスダック       7916.94(+  6.35)△0.08%
□S&P500      2881.40(+ 10.68)△0.37%

□ダウ輸送株      10602.19(− 25.18)▼0.24%
□半導体株(SOX)   1478.87(+  2.07)△0.14%

□NY原油先物(6月限)   61.66(− 0.04)
□NY 金先物(6月限) 1287.40(+ 2.20)

□為替      (対ドル)109.94(前日比0.18円安)
        (対ユーロ)123.52(前日比0.31円安)

□CME日経225先物    21490(+180)※大阪終値比



 先週末10日のNY株式市場は反発。前半は売りが先行しましたが、米中協
議継続への期待から持ち直しました。

 ワシントンで行われた米中の閣僚級貿易協議で合意に至らず、米国が2千億
ドル分の中国製品に対する制裁関税を10%から25%に引き上げ、中国も報
復措置を取る構えを示したことから貿易戦争による世界経済の冷え込みを警戒
して売りが先行。

 ダウは一時358ドル安まで下げ幅を拡大しましたが、トランプ米大統領が
中国の習近平主席との関係は良好で、今後も話し合いは続くとツイートしたこ
とから、米中協議は決裂にまでは至っておらず、歩み寄りの可能性はあるとの
見方が広がりNY株は下げ幅を縮小しました。

 この日発表された4月の消費者物価指数(CPI)の伸びが市場予想を下回
り、次の金融政策の変更は利上げになるとの見方が浮上したことも支援材料と
なりNY株は上昇に転じました。

 S&P業種別指数ではヘルスケアを除く10業種が上昇。公益、素材、生活
必需品なが上昇率上位となっています。

 個別銘柄では、配車サービスのウーバー・テクノロジーズがニューヨーク証
券取引所にこの日上場し、公募価格(45ドル)を7%超下回る41.57ド
ルで取引を終了。ウーバーの値動きを見て同業のリフトも売られ、上場後の最
安値を更新しました。

 最高経営責任者(CEO)の退職を発表したインターネットセキュリティー
のシマンテックが急落し、アップルやアマゾン、インテルなど大型ハイテク株
の一角が軟調だった一方、量子コンピュータ用開発ツールのオープンソース化
を発表したマイクロソフトが上昇しました。

 中国依存度の高い航空機のボーイングや重機のキャタピラーは売りが先行し
たものの終盤にプラス転換。小売りのウォルマートや日用品のプロクター&ギ
ャンブル、飲料のコカコーラなども上昇して取引を終了しました。

 NY原油(WTI)はほぼ横ばい。米中貿易協議の先行き不透明感が相場の
重石となった一方、米国による制裁強化でイランやベネズエラからの原油供給
が一段と細るとの見方が下値を支えました。NY金先物は米中貿易摩擦の長期
化懸念を背景に続伸しました。



 〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓 【 アクア・スペシャル版 】


       お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆日経平均株価は5日連続で下げ、先週末は前日比57円安の2万1344円
で取引を終了。5日間で962円の下げとなっています。

     日経平均の勝敗 〇●〇〇〇●〇●●●●●

 個別銘柄では、ケーズHD、三協フロンティア、オリコン、清水建設などが
物色されました。※詳細は10日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 先週末のNY株は、米中の報復合戦への警戒感から前半は売りが先行しまし
たが、協議継続への期待から持ち直しました。

 CME日経平均先物の終値は2万1490円で、先週末の東京市場の日経平
均終値2万1344円と比べ150円ほど高い水準。先週末の大阪取引所の日
経平均先物(夜間取引)はCMEと同値の2万1490円で終了しました。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万1706円 5日線
 2万1668円 一目基準線
 2万1500円 心理的節目
 2万1490円 CME日経平均先物
 2万1368円 75日線
 2万1349円 一目雲上限
☆2万1344円 先週末終値
 2万1175円 先週末安値
 2万1032円 一目雲下限


 尚、日経平均の日足チャートでは先週末時点で5日線が25日線を下抜き、
ミニ・デッドクロスが形成されています。



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 4月上中旬の貿易統計
 14:00 3月の景気動向指数速報値



◎決算発表 ※国際帝石など約380社が決算を発表
 ――――
 11:30 東芝(6502)、ユニチャーム(8113)
 12:00 大林組(1802)、エーザイ(4523)、
       JXTG(5020)、LIXILグ(5936)、

 14:00 大和ハウス(1925)、三菱ガス化(4182)
 15:00 国際石開帝石(1605)、ブリヂストン(5108)、
       日製鋼(5631)、三菱マテリアル(5711)、
       いすゞ(7202)、シチズン(7762)、
       凸版(7911)、スクエニ(9684)など


●その他のトピック

・米通商代表部、対中制裁関税の第4弾の詳細を13日に発表

・コクヨ、ぺんてる株の約4割を間接取得 海外の販路を活用

・DeNA、三井不動産、コムシス、NTTなどが自社株買い

・ハーモニック、今期純利益99%減予想 米中貿易摩擦影響

・ミクシィ、前期純利益が36%減 20年3月期は88%減

・オリンパス、前3月期純利益85%減 今期は急回復見込む



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 14日(火) 日本:3月の国際収支、4月の景気ウォッチャー調査
        日本:東レ、資生堂、武田、日産、菱地所などが決算発表

 15日(水) 日本:出光興産、Jディスプレ、阪急阪神などが決算発表
        中国:4月の工業生産高、小売売上高、固定資産投資など
        米国:4月の小売売上高、鉱工業生産指数など

 16日(木) 米国:4月の住宅着工件数
        米国:ウォルマート、エヌビディアが決算発表

 17日(金) 米国:5月の消費者態度指数


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 相場の仕成りについて駆引きせよ

 <相場高低判断> 人気の反対の相場出づ




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





    あふ時は かたりつくすと思へども 別れとなれば残る言の葉


                     大石主税(おおいしちから)
          大石内蔵助の長男。最年少の赤穂浪士(享年16才)






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆5月13日 今日は何の日 六曜:

 メイストームデー、竹酔日(旧暦5月13日)、カクテルの日、愛犬の日


〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。