ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/04/24 夕刊

2019/04/24

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


   今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたしました。


   『 国策に売りなし!

       5G・自動運転など国策関連で仕込んでおきたい〇8〇〇!』


   『 5月相場と主なイベント 』



   ※配信についてのお問い合わせは・・・ aqua@aqua-inter.com まで


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/04/24 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 アメリカでは5月最終月曜日のメモリアルデーからがバカンスシーズンで、
同時に夏のドライブシーズン(ガソリンの需要期)入りとなります。

 日本では帰省や行楽地へのドライブが増えるゴールデンウィークにガソリン
の需要が増えます。

 尚、資源エネルギー庁が本日発表した4月22日時点のレギュラーガソリン
の給油所店頭価格(1リットル当たりの全国平均)は148.4円と前週に比
べ1.2円値上がりしました。

 上昇は10週連続で、水準としては昨年12月10日調査時点以来およそ4
カ月ぶりの高値ですが、例年のGW前のこの時期と比較しますと5年ぶりの高
値圏となっています。

   ※ガソリン価格 → http://www.aqua-inter.com/document/190424.html

 ちなみに、ガソリンは半分が税金などと言われますが、店頭価格が148円
60銭の場合、分解しますと下記のようになり、45.5%が税金となってい
ます。

   課税前価格 81.00円

   ガソリン税 53.80円
   石油税    2.80円

    (小計 137.60円)

   消費税   11.00円  ※増税後  13.76円

   店頭価格 148.60円  ※増税後 151.36円


 ガソリン税とは揮発油税と地方揮発油税を合わせた呼び名で、現在は本則税
率の28.7円(揮発油税24.3円+地方揮発油税4.4円)に、特例税率
の25.1円(24.3円+0.8円)を合算した53.8円が固定額として
課税されています。

 石油税も固定額で、本来の税額(2.04円)に地球温暖化対策税0.76
円を上乗した2.8円が課税されます。

 課税前の価格には、貯蔵費、1次輸送費、精製費用、2次輸送費、油槽所費
用、3次輸送費、人件費、設備費、小売店の利益などが含まれており、多くは
港湾にある精製所から離れた地域(内陸部)などは輸送費がかさむため価格が
高くなる傾向があります。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.主力30銘柄






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22200.00(− 59.00)▼0.27%
◎TOPIX  1612.05(− 10.92)▼0.67%

◎売買高概算   12億1358万株
◎売買代金概算   2兆3229億円
◎時価総額   607兆5518億円

◎値上り銘柄数   54   ◎(年初来)新高値 84
◎値下り銘柄数 1510   ◎(年初来)新安値 76
◎変わらず     79

◎騰落レシオ(25日) 93.54%(前日比0.35%低下)

◎サイコロ(日経平均) 9勝3敗 〇●〇〇〇〇〇●〇〇〇● 75.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +2.02% 75日線比 +4.48%


◎為替  (対 ド ル)111.80(前日比0.04円高)
     (対ユーロ)125.24(前日比0.52円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 172.8円(−   1.3円) 7675万株
 2.三菱UFJ<8306> 551.5円(−  8.3円) 5774万株
 3.日産自  <7201> 904.9円(− 37.7円) 3178万株
 4.ヤフー  <4689>   291円(+    3円) 2353万株
 5.野村   <8604> 417.7円(− 19.1円) 2162万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 19640円(−  110円) 1233億円
 2.任天堂  <7974> 38000円(+  830円) 1190億円
 3.ファストリ<9983> 64420円(+ 1080円)  552億円
 4.ソニー  <6758>  5179円(−  109円)  538億円
 5.ソフトBG<9984> 11550円(+   45円)  408億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が4日ぶりに下落、59円(0.27
%)安の2万2200円で取引終了です。昨晩のNYダウが145ドル高とな
り、ナスダック指数とS&P500種指数が史上最高値を更新したことを受け、
東京市場は朝方は買いが先行。

 寄り付き直後の9:01には上げ幅が103円となる場面がありました。た
だ買い一巡後は10連休や主要企業の決算発表などを控えて手控え気分が強ま
り、マイナスに転じる展開となっています。売買代金は2兆3229億円、上
海総合指数は3ポイント高の3201です。

 業種別では、医薬品、海運、情報通信、精密などが高く、一方で電力ガス、
証券、自動車、石油、鉄鋼、非鉄、不動産、建設、銀行などが下げています。

 個別銘柄では、臨床検査薬・研究用試薬の医学生物学研究所がストップ高、
500円高の2619円となっています。19年3月期の連結純利益が3億1
600万円になったと発表。前期の赤字から大幅黒字転換となり、好感した買
いが集まっています。20年3月期の連結純利益は2.7倍の8億5000万
円計画です。遺伝子検査試薬の売上げが好調であり、中国事業も収益寄与して
きています。

 精密小型モーター世界首位の日本電産が120円高の1万5870円と値を
上げ、約半年ぶりの高値水準となっています。20年3月期の連結純利益が前
期比22%増の1350億円になる見通しと発表。下期にかけて業績が回復す
る模様であり、好感した買いが入っています。20年3月期は売上高が9%増
の1兆6500億円と過去最高を更新する見込みです。

 大阪の夢洲に大規模な土地を保有し、大阪万博・カジノ関連としての側面も
ある総合物流の山九が80円高の5430円と値を上げています。13時に1
9年3月期の連結営業利益が前期比24%の392億円になった模様と発表。
船会社のコンテナ取扱量の増加などを背景に従来計画370億円から上方修正
し、好感した買いが入っています。

 フリーマーケットアプリのメルカリが135円高の3275円と値を上げて
います。スマートフォン決済サービス「メルペイ」で、利用実績をもとに商品
購入代金を後払いできる「メルペイあと払い」を同日から始めると発表。利便
性向上による利用者数拡大を期待した買いが入っています。

 その他、好業績と増配意向を発表した東京製鉄が4日連続高で43円高の9
43円、カテーテル治療に必要な様々な医療機器を手掛ける朝日インテックが
4日連続高で180円高の5470円、キャッシュレス関連としてLINEが
240円高の3955円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、東鉄工業、NIPPO、寿スピリッツ、GMOペイメ
ント、オービック、ロート薬、資生堂、リクルート、東芝機械、日本電産、郵
船、東宝、コナミ・・・等々です。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(5333)ガイシ       2,400→ 2,000円
 据置き   A(6479)ミネベアミツミ   3,000→ 2,500円
 据置き   A(7244)市光工業      1,500→ 1,000円
 引下げ B→C(5949)ユニプレス      2,350→1,700円
 据置き   C(6753)シャープ      1,800→ 1,150円

[モルガンSMUFJ証券]
 引上げ C→A(8919)カチタス      2,600→ 4,100円

[野村証券]
 引上げ B→A(1881)NIPPO     1,910→ 2,800円
 引上げ B→A(1883)前田道路      2,260→ 2,800円
 据置き   A(4684)オービック    11,000→14,000円
 据置き   A(5334)日特殊陶      3,300→ 3,500円
 据置き   A(9277)総合メディカル   2,660→ 2,840円
 据置き   B(4733)OBC       4,200→ 4,300円
 据置き   B(6479)ミネベアミツミ   1,840→ 1,960円
 引下げ B→C(6506)安川電機      2,800→ 3,200円

[みずほ証券]
 据置き   A(1925)大和ハウス     4,300→ 3,900円
 据置き   A(4579)ラクオリア創薬   1,700→ 1,900円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(6999)KOA       2,500→ 2,300円
 据置き   B(4684)オービック    10,100→10,750円
 据置き   B(5938)LIXILG    1,740→ 1,600円
 据置き   C(4733)OBC       4,200→ 3,800円

[大和証券]
 引下げ 2→3(7984)コクヨ       1,800→ 1,500円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎全産業活動指数
 ―――――――
 2月の全産業活動指数(2005年=100)は106.0と、前月に比べ
 0.2ポイント低下。昨年10月をピークに低下傾向が続いています。

 産業別にみると今回は鉱工業生産指数と建設業活動指数がプラスだった一方、
 第3次産業活動指数がマイナスでした。

 2月の全産業活動の基調判断は「このところ足踏みがみられる」で据え置き
 となっています。



◎景気動向指数
 ――――――
 2月の一致指数CI(2015年=100)改定値は100.4と速報値の
 98.8から上方修正。

 一方、先行指数改定値は97.1と、速報値の97.4から下方修正となっ
 ています。



◎ガソリン価格
 ――――――
 22日時点のレギュラーガソリン店頭価格(1リットル当たり全国平均)は
 前週比1.2円高の148.4円と10週連続で値上りしました。

 水準としては昨年12月10日調査時点(149.3円)以来の高値となっ
 ています。



◎新規上場            公開価格
 ――――
 ハウテレビジョン(7064) 1210円 ※買い気配で値付かず





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】主力30銘柄                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 アメリカの代表的な株価指数「ダウ工業株30種平均株価」(通称ダウ)は
NY証券取引所に上場する約3000銘柄の中から26銘柄、ナスダック市場
に上場する約3180銘柄の中から4社が採用されており、およそ6000超
の銘柄中のわずか30銘柄の値動きが世界経済の指標となっています。

 日本の場合、30銘柄で構成される株価指数に「TOPIXコア30」があ
り、東証1部上場の約2140銘柄の中でも流動性が特に高く(直近3年間の
売買代金合計額の上位)、かつ時価総額上位の銘柄(下記)で構成されていま
す。


 <コア30 構成銘柄>

  2914 JT         7751 キヤノン

  3382 セブン&アイ     7974 任天堂

  4063 信越化学       8031 三井物産

  4452 花王         8058 三菱商事

  4502 武田薬品       8306 三菱UFJFG

  4503 アステラス製薬    8316 三井住友FG

  6098 リクルート      8411 みずほFG

  6501 日立製作所      8766 東京海上

  6752 パナソニック     8802 三菱地所

  6758 ソニー        9020 JR東日本

  6861 キーエンス      9022 JR東海

  6954 ファナック      9432 NTT

  6981 村田製作所      9433 KDDI

  7203 トヨタ        9437 NTTドコモ

  7267 ホンダ        9984 ソフトバンクG

  


 TOPIXコア30を構成する30銘柄は、東証1部に上場する全銘柄のわ
ずか1.4%に過ぎませんが、30銘柄の時価総額は東証1部全体の約28%
を占めており、いわゆる東京市場の「主力株」として海外の投資家にも馴染み
が深い銘柄群となっています。

 尚、日経平均には採用されているファーストリテイリングなどはTOPIX
コア30には採用されておらず、日経平均の構成銘柄ではないキーエンス、村
田製作所、任天堂がTOPIXコア30に採用されています。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昨日引け後に発表された日本電産の決算は、19年3月期純利益が15%減と
なった一方で20年3月期は22%増で最高益更新とV字回復を見込んでいま
した。それでも市場予想には届かず、SBI証券の夜間取引では売り優勢とな
っていましたが、NY株が堅調だったことから小幅高に転じて夜間取引を終了。
そして本日の通常取引でも同社株は堅調に推移しています。さて、本日はファ
ナックが決算を発表しました。19年3月期業績は市場予想を大幅に下回り、
今期も減収減益を予想しています。一方で決算発表と同時に300万株・50
0億円を上限とした自社株買いを発表しました。悪材料と好材料が混在してお
り、明日のファナックの動きは市場全体のセンチメントを見る上でも要注目と
なります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。登録解除用のURLをメルマガ最下段に記載しており
 ますのでご利用ください。

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。