ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 19/03/18 夕刊

2019/03/18

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


         ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方も是非ご活用ください。



    ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/ ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2019/03/18 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 日本初の電子式卓上計算機(電卓)が発表されたのは、1964年の今日だ
そうです。

 早川電機(現シャープ)が1964年に発表した「CS−10A」は世界初
のオールトランジスタ・ダイオードによる電卓で、価格は当時の乗用車と同程
度の53万5千円で、重量は25キロもありました。

 その後、各社が相次いで電卓市場に参入し、「電卓戦争」が勃発。競争の過
程の中で、トランジスタがICに置き換わり、さらに集積度を高めたLSIの
登場によって電卓の小型化・軽量化・低価格が進みます。

 電卓の歴史の中でエポックメイキング(革新的)な出来事はいくつかありま
すが、1972年に登場した「カシオミニ」は「とかくこの世は計算さ 数と
数との絡み合い 答え一発! カシオミニ」のCMとともに大ヒット。この商
品の登場により、それまで業務用だった電卓が個人でも手軽に使えるものにな
りました。

 電卓市場には一時50社以上のメーカーが乱立していたと言われますが、電
卓戦争で最終的に生き残ったはシャープとカシオのみでした。

 1964年に登場した初期型の電卓は横幅が40cmもありましたが、19
78年には名刺サイズにまで小型化しており、結果として後年の半導体産業や
コンピュータ、液晶、太陽電池などの産業に大きな影響を与えています。

 ちなみに、多数のメーカーがしのぎを削っていた頃、日本のビジコンという
メーカーは、電卓の機能をLSIに書き込み、そのプログラムを書き換えるこ
とによって様々な仕様の電卓を生み出せないかと考えます。

 専用のLSIの開発を日本のメーカーに依頼したことろ全て断られますが、
ビジコンの依頼を引け受けたのが創業間もない米インテルでした。ビジコン側
が論理設計を、インテルが回路設計を担当し、1971年、世界初のマイクロ
プロセッサ(MPU)の開発に成功します。

 LSI開発におけるビジコンとインテルの当初の契約は、開発費をビジコン
が負担し、製品の独占販売権をビジコンが持つというものでしたが、MPUの
将来性が有望とみたインテルは開発費を返却し、MPUの独占販売権も取り戻
します。

 ビジコンは熾烈な価格競争の渦にのまれ1974年に倒産しますが、インテ
ルのその後の発展は語るに及ばずです。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.一物四価






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21584.50(+133.65)△0.62%
◎TOPIX  1613.68(+ 11.05)△0.69%

◎売買高概算   10億3392万株
◎売買代金概算   1兆9134億円
◎時価総額   608兆5719億円

◎値上り銘柄数 1695   ◎(昨年来)新高値 16
◎値下り銘柄数  385   ◎(昨年来)新安値 14
◎変わらず     56

◎騰落レシオ(25日)113.70%(前日比11.86%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 〇〇●●●●〇〇●●〇〇 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.99% 75日線比 +2.50%


◎為替  (対 ド ル)111.54(前週末比0.11円高)
     (対ユーロ)126.49(前週末比0.04円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 173.6円(+   1.1円) 9753万株
 2.フィンテク<8789>   152円(±    0円) 4593万株
 3.三菱UFJ<8306> 571.1円(−  0.9円) 4497万株
 4.ZOZO <3092>  2255円(+  137円) 1637万株
 5.JXTG <5020> 543.9円(+  1.0円) 1519万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 32020円(+  930円)  788億円
 2.ソフトBG<9984> 10965円(+  125円)  779億円
 3.日経レバE<1570> 18340円(+  200円)  621億円
 4.ZOZO <3092>  2255円(+  137円)  362億円
 5.ソニー  <6758>  5147円(+   28円)  305億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が先週末の163円円高に続いて連日
で上昇、133円(0.62%)高の2万1584円で取引終了です。

 週末のNYダウが138ドル高となったことで東京市場も朝方から買いが先
行。上海・香港・台湾などアジア市場が上昇していることも追い風となり、ま
た外国人と見られる買いが先物に入っていること、円相場が1ドル=111.
55円前後と円安水準で落ち着いた値動きとなっていることも買い安心感を誘
い、終日高い水準での値動きとなっています。売買代金は1兆9134億円、
上海総合指数は74ポイント(2.47%)の大幅高で3096です。

 業種別では、金属、化学、証券、石油、機械、電機、非鉄などの上げが目立
ちます。

 個別銘柄では、ソフトバンクGが3日連続高で125円高の1万0965円。
先週末に2月7〜28日に2739億円の自社株買いを実施したと発表。2月
6日に6000億円を上限とする取得枠と発表しており、今月中に全て買い切
る可能性があるだけに株価の先高を期待した買いが入っています。

 半導体や太陽電池の製造に必要な化学材料を製造販売するトリケミカル研究
所が645円高の5070円と大幅高。2020年1月期の連結純利益が前期
比9%増の24億円になる見通しと発表。半導体市場が19年後半にかけてア
ジア地域を中心に回復するとしており、株価は下押ししていただけに先高期待
からの押し目買いが優勢となっています。

 服飾中心に海外ブランド品の販売サイト「バイマ」を運営するエニグモがス
トップ高、500円高の2685円となっています。株式分割勘案後の実質ベ
ースで上場来高値更新です。19年1月期の単独税引き利益が15億円と前の
期の2.3倍に膨らみ、今期も二桁増益の見通しを示しており、好感した買い
が集まっています。

 富士通傘下で民生・産業用ニッケル水素電池を主軸とするFDKがストップ
高、150円高の1120円となっています。水素を使う特殊なタイプで究極
の蓄電池といわれる「空気電池」の3年後の実用化にメドをつけたと報じられ、
好感した買いが集まっています。

 その他、2月の月次売上高が訪日外国人客による免税売り上げを含めた化粧
品、そしてバレンタイン商戦も好調で4カ月ぶりに増加に転じたJフロントが
続伸で36円高の1272円。豊田織機が40円高の5760円、乳幼児・大
人用紙おむつトップのユニチャームが111円高の3705円。

 一押しのJR東海は120円高の2万5425円と連日で上昇、昨年来高値
更新で上値追いの展開継続中です。

 本日の新高値銘柄は、ヤマウラ、メンバーズ、伊藤園、GMOペイメント、
三菱重工、HOYA、住友不、京王、JR東海、東邦ガス、東映・・・等々で
す。


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛
 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!
 
                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(5233)太平洋セメント   4,400→ 5,100円

[SMBC日興証券]
 据置き   A(3088)マツモトキヨシ   6,300→ 4,700円
 据置き   A(5631)日本製鋼所     3,500→ 2,600円
 据置き   A(6269)三井海洋開発    4,300→ 5,000円
 据置き   B(4666)パーク24     2,750→ 2,900円
 据置き   B(7003)三井E&S     1,400→ 1,100円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(4023)クレハ       9,950→ 9,660円
 据置き   B(4384)ラクスル      2,600→ 3,700円
 据置き   B(5949)ユニプレス     2,500→ 2,000円
 引下げ B→C(3116)トヨタ紡織     2,200→ 1,500円

[大和証券]
 据置き   1(3965)CAP       2,135→ 1,700円
 引下げ 2→3(6630)ヤーマン      3,100→ 1,300円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎貿易統計
 ――――
 2月の貿易統計(速報)によりますと、輸出額から輸入額を差し引いた貿易
 収支は3390億円の黒字でした。中国からの輸入が大きく減ったことによ
 り5カ月ぶりの黒字となっています。

 輸出額は前年同月比1.2%減の6兆3843億円と、自動車や鉄鋼、半導
 体等電子部品等が減少し、3カ月連続の減少。減少率は前月(8.4%減)
 から縮小しています。

 輸入額は前年同月比6.7%減の6兆0453億円と、原粗油や石油製品等
 の減少により2カ月連続のマイナスとなり、減少率は前の月(0.6%減)
 から拡大しました。

                  全体に占める割合 前年比増減率

   【輸出総額】  6兆3843億円(100.0%)  1.2%減

     対米    1兆3030億円( 20.4%)  2.0%増
     対EU     8004億円( 12.5%)  2.5%増
     対中    1兆1397億円( 17.8%)  5.5%増

   【輸入総額】  6兆0453億円(100.0%)  6.7%減

     対米      6781億円( 11.2%)  4.9%増
     対EU     7421億円( 12.3%)  0.5%増
     対中    1兆2709億円( 21.0%) 15.8%減


 2月の対中輸出は3カ月ぶりの増加、対中輸入は2カ月ぶりの減少。中国を
 含むアジアへの輸入は1.8%減で鉄鋼や半導体電子部などがマイナス、ア
 ジアからの輸入は10.6%減少し石油製品の落ち込みが目立ちました。



◎マンション市場動向
 ―――――――――
 2月の首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比6.7%減と、2カ月
 連続で減少しました。

 初月契約率は65.6%と、前年比で0.6ポイント改善した一方、前月比
 では1.9ポイント悪化。好不調の目安される70%を11カ月連続で下回
 っています。

 1戸当たり平均価格は前年同月比156万円(2.5%)アップの6284
 万円、平米単価は前年比2.2万円(2.5%)アップの91.1万円とな
 っています。



◎鉱工業生産指数
 ―――――――
 1月の確報値は前月比3.4%低下の101.1で、速報値(3.7%低下
 100.8)から小幅ながら上方に改定されました。

 1月の製造工業稼働率指数は99.4と、前月から4.7%低下しています。



◎ESPフォーキャスト調査(民間エコノミストのGDP予測集計)
 ――――――――――――
 本日発表の3月調査では、民間エコノミストが見込む19年1〜3月期の実
 質GDP成長率(前期比年率)は0.01%(年率ゼロ成長)と、前月調査
 (1.34%)から大幅に下方修正され、19年度の実質成長率も前月調査
 (0.68%)から0.54%に下方修正となっています。

 尚、エコノミスト37名のうち5名が、日本の景気の転換点(山)は過ぎた
 と回答しています。




◎新規上場            公開価格     初値     終値
 ――――
 共栄セキュリティ(7058) 2100円  2866円  3165円




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】一物四価                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 明日発表の公示地価を含め、公に発表される地価には以下のようなものがあ
ります。


「公示地価」国土交通省が3月に公表。1月1日時点での全国の約2万3千の
      調査地点について、各地の不動産鑑定士が実際の売買事例を重視
      しながら土地の評価を行い、国交省土地鑑定委員会が公表します。

      国や自治体の用地取得や国土利用計画法に基づく取引価格の基準
      となり、民間の土地取引の適正価格の目安にもなっています。



「路線価」 国税庁が7月に公表。1月1日時点での全国の主要な道路に面し
      た土地の標準価格で、売買実例価格や不動産鑑定士らの鑑定評価
      額などをもとに、公示地価の8割を目安に算出され、相続税や贈
      与税を算定する際の基準にもなっています。



「固定資産 固定資産税など土地と建物にかかる税金の基準となる価格で、専
 税評価額」門家らの判断も参考に市町村が算定しおおむね2月から4月にか
      けて公表されます。土地の固定資産税評価額は公示価格の7割、
      新築の建物の場合は建築費の5〜7割程度が目安とされます。評
      価の見直しは3年に1度。



「基準地価」都道府県が9月に公表。7月1日時点での全国約2万4千地点の
      土地価格を調査し、周辺の取引事例も参考にしながら不動産鑑定
      士が評価・算出したもの。公示地価とともに土地取引の目安とな
      ります。



 公的な土地の価格(評価額)には、上記4つの価格が存在することから「一
物四価」と言われ、実際に取引される「時価(実勢価格)」も加えますと「一
物五価」となります。また、一物四価のくくりは、固定資産税評価額の代わり
に時価を入れる場合もあります。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

新しい元号の発表が2週間後に迫りました。時間は未定ですが、発表は前回同
様、政府のスポークスマンである官房長官が行います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

     〓重要〓    〜〜 メルマガの未着について 〜〜


 メルマガが未着となるケースがあるようです。未着の際は下記を参考に
 ご対応していただければ改善するものと思われます。

    まぐまぐ https://help.mag2.com/000335.html
 
    メルマ! http://melma.com/contents/help/reder_3_4.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。