ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 増刊号

2018/12/22

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎     2018/12/22 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。


 歳末大売り出しの威勢のいい声が、あちこち聞かれるようになりました。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。


   = 新春お年玉号 28日(金)までお申込み延長します =



 さて、12月12日に京都の清水寺で今年1年の世相を表す「今年の漢字」が
『災』と発表されました。今年は6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月
の台風21号と24号および震度7を記録した北海道胆振(いぶり)東部地震な
ど自然災害が相次ぎました。

 そして、株式マーケットにおきましても春と秋に2度の災害級の大嵐に見舞わ
れています。


 来年の干支は「己亥」(つちのとい)です。「己」は陰陽五行で「土」性の「
陰」にあたり、「地」を象徴するそうです。大地・地面・平地というイメージで
す。


 干支をベースとした相場格言には、「亥(い)固まる」とあります。今年は自
然災害の多発で相当の雨量がありましたが、「雨降って地固まる」と申します通
り、新年は地盤が強固となり、株式投資におきましても相場の底値が固まって底
打ち上昇、こんな展開への期待が高まります。
 

 さて、気になりますのは新年の相場展開かと思います。その新年を見通す上で
、最低限押さえておいて頂きたい点があります。それは、マーケットの『アノマ
リー』というパターンです。


 三猿金銭秘録の中に「理と非との中にこもれる理外の理」とありますが、『ア
ノマリー』とは、その「理外の理」と同じく、合理的に説明することのできない
株式マーケットの騰落パターン(傾向)を指します。


 このアノマリーが現実の投資では、しばしば大きなリターンをもたらしますが、
例えば、「秋に買って春に売るのが最も投資効率が高い」、「12月の株安→1
月の株高、2月の節分天井」、「3月の彼岸底→4月の株高、5月の鯉のぼりの
季節を過ぎたら株は売れ」・・・等々の基本パターンがあります。


 昔は「株を枕に年を越す」といわれたものですが、最近は年末年始を控え、キ
ャッシュポジションを高くする動きが顕著です。何かとあわただしい年末とあっ
て、市場参加者が少なくなる中で、こうした換金売りが買い物の薄いところに出
れば株価は弱含むことになります。


 さらに、多くの投資家は節税効果を期待して12月のうちに含み損を抱えてい
る株式をまとめて売却する動きに出ます。そうしますと株価は下がるという訳で
す。その換金売り、節税対策売りが一巡し、見直し買いが入ることによって1月
の株価は高くなる傾向があります。


 そして2月の上旬にかけて高値、すなわち一旦節分天井をつけた後、3月の「
彼岸底」に向かいます。株式マーケットは毎年2月から3月中旬にかけて需給が
悪化します。機関投資家や株式を大量に保有する金融機関は2月と8月に持ち合
い解消売りを出してくるのが普通だからです。


 本決算となる3月に入りますと、今度はポジション調整や益出しなど決算対策
にからむ売りを出してきます。こうしたニーズが高まりますから株価は下がる傾
向にあり、また経験則から本決算の3月は下がるのが想定されるため、買いも引
っ込みます。そういうわけで、ちょうど彼岸のころに底値を付けるため、「彼岸
底」と言われます。


 決算が終わって新年度の4月に入りますと、機関投資家の株式運用が再スター
トします。買いのニーズが高まり、機関投資家は本決算の前に落としていた株式
のポジションを上げてくるため「4月の株高」が始まります。そして、「鯉のぼ
りの季節」にかけて一旦高値を付けに行く傾向があります。


 実は以前にもこのアノマリーにつきましてはお話させて頂いたことがあります
が、ここ数年驚くほど高い精度でこのアノマリーに沿って株価は動いています。
新年の相場を見通す上で、またその傾向と対策として、「理外の理」、「アノマ
リー」をしっかりと押さえておいて頂きたいと思います。



   = 新春お年玉号 28日(金)までお申込み延長します =


 ところで、厳選有望銘柄の福袋『新春お年玉号』のお申込みが12月21日
(金)で終了となりましたが、好評につきまして12月29日(金)までお申
込みを延長させて頂き、同日のお振込み手続きをもちまして終了とさせて頂き
ます。まだ間に合いますので、ご検討頂ければと存じます。


                  --------------
 新年に賭ける意気込み、まずは『新春お年玉号』を投資銘柄選定のツールと
して、ぜひご利用下さいませ。   --------------



  詳細は以下のご案内をご覧下さいませ。

  2019年元日配信  【新春お年玉号のご案内】

   → http://www.aqua-inter.com/2019/otoshidama.html



 もちろん、従来通りスペシャル版だけのお申込みも大歓迎です!スペシャル
版の詳細は下記をご覧下さいませ。


 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/



 それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいませ。

                           aquaより


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で最高位の『総合大賞』 06年〜08年マネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


──────────────────────────────────∞

     〓重要〓    〜〜 メルマガの未着について 〜〜


 メルマガが未着となるケースがあるようです。未着の際は下記を参考に
 ご対応していただければ改善するものと思われます。

    まぐまぐ https://help.mag2.com/000335.html
 
    メルマ! http://melma.com/contents/help/reder_3_4.html



======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。